小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

謎のうどんも登場!日本人が思うのとはちょっと違うアメリカの「吉野家」

2022.04.02

アメリカの「吉野家」に新メニュー「うどん」が登場!斬新なトッピング方法はアメリカならでは

「うまい、やすい、はやい」の合言葉で知られる吉野家。

全国に1200店舗以上あり、知らない人はいないほど有名な牛丼チェーン店だが、日本だけでなく世界進出もしており、上海や台湾などアジア地域や、アメリカにも多くの店舗を有している。しかし、アメリカの「吉野家」は日本人が思う「吉野家」とはちょっと違う。

アメリカでの「吉野家」は?

アメリカの吉野家の店舗数は102店舗(2022年3月現在)。Yoshinoya USAの創立が1973年。そして、1975年デンバーで1店舗目がオープンし、2010年には100店舗目が誕生。アメリカでも40年以上の歴史を持ち、アメリカ人にも愛されているファーストフード店だ。

ただし、日本の吉野家と異なる点は多い。まず、大きな違いはメニューだ。日本では「吉野家=牛丼」になるが、アメリカでは牛丼よりも照り焼きチキン丼のほうが有名。アメリカでは「日本食=テリヤキテイスト」と思っている人も多く、「テリヤキ」の知名度は抜群。

照り焼きチキン以外にも、照り焼きサーモンもあり、「照り焼き」の濃いめの甘いタレはアメリカ人の味覚に合っているようだ。

また、現在、吉野家はロサンゼルス周辺に集中して店舗があり、そこは中南米からの移民が多いエリア。そのため、グリルティラピア(白身の魚)、スイートチリシュリンプ、ハバネロチキンなど日本にはないユニークなメニューが揃っている。

日本から海外へ進出しているが、日本で出しているテイストではなく、その現地の人に合わせてメニューを変えているのが「吉野家」の特徴のような気がする。

新メニューに「うどん」登場!しかし、その「うどん」の扱いは斬新

普段さほど「吉野家」を食べない筆者だが、新メニューに「Japanese UDON Noodles」が誕生したとのことで、気になり吉野家で購入してみることに!

店舗にも「NEW!Japanese UDON Noodles」と大きなポスターが張られており、写真を見る限り「焼きうどん」のように思えたが、現在一押しのよう。

オーダー方法は、まずレギュラーかラージかコンボかどのサイズにするか選び、その後、どの具材(牛、豚、スイートチリシュリンプなど)にするか選択。そして、具材を乗せるベース(米、玄米)を選ぶのだが、そのベースの中に「うどん」の選択肢がある。要するに、「焼きうどん」の上に牛丼の具材を乗せるカタチになる。

日本人にとって、「うどん」はそれ1つで十分なメニューになる。

「うどん」の上に牛丼の具材を乗せるという感覚は考えつかず、少しカルチャーショックを受けたが、試しに具材を「牛肉」、ベースを「玄米とうどんのハーフ&ハーフ」にした、名もなき丼をオーダーしてみた。(ベースをうどんにする場合は+$1になる)

「うどん」の味は・・・。

「焼うどん」の具材に牛肉が入ることはあるが、「どんぶり」の米の代わりに「うどん」を敷くトッピング方法は「アメリカ」を感じる。

新登場の「うどん」の味は、日本でいう「焼きうどん」。ちょっと麺が柔らかめだが、コレはコレであり。ただし、牛丼の具材はやはり米と一緒に食べてこそおいしい!と私は思う。

「うどん」はサイドメニューとして別にオーダーすることも可能。よって、「丼」には米。「焼きうどん」はサイドオーダーにするのがよいように思える。

値段は日本より高め!ただし量は多い

日本の吉野家の並盛レギュラー牛丼は388円。それに対して、アメリカのレギュラー牛丼は$7.59と日本に比べて高い。しかし、物価の上昇が著しいアメリカでは、ランチを$10以内で買える場所が少なくなってきており、$10以内で食べられるのは、アメリカでは手ごろの値段と言える。

ただし、日本のように「ねぎ」「たまご」「チーズ」などのトッピングや、みそ汁やビールなどのメニューはない。「イートイン」するよりも「持ち帰り」する人が多く、職場や家で食べられることが多い。

アメリカでもイメージカラーはオレンジで、ドライブしているとオレンジ色の吉野家の看板は目立つ。もし、アメリカで「吉野家」を見かけたら、日本の「吉野家」と思わず、「アメリカで食べる日本食ファーストフード店」と思って、日本にないちょっと変わったメニューを頼んでみると面白いだろう。

文/舟津カナ

編集/inox.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。