Men’s Beauty

ログイン
小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録

教室から忍者屋敷、ゴスロリまで!全室コンセプトルームのカップルズホテルに潜入(後編)

2017.08.12

一体どんな熱い授業が繰り広げられるのか? 505号室「3年B組」

話題のカップルズホテル「SARA錦糸町」の潜入レポート。今回は、教室と社長室、診察室の内部を大公開!

続いては505号室。シルバーを基調にした内装は、ゴージャスながら落ち着いた大人のムード満点。

IMG_1886

しかし、この部屋には「3年B組」という名前がついている。その意味は、ベッドルームから独立したもう一つの部屋に入ってみればわかるだろう。

IMG_1884

撮影のセットかと見紛う、立派な教室がそこにある。黒板や机ばかりでなく、校内スピーカーや黒板消しなど、細かなディテールにもしっかりこだわった内装がコスプレイヤーにも大人気なのだとか。

IMG_1894

あいこ「これはテンション上がりますね! 本当に学生時代に戻った気分。このシチュエーションをホテルで体感できるなんて凄いですね。」

思わず黒板の日直欄に落書きをしてしまったあいこさん。学生時代の恋の記憶が蘇ってきているのだろうか。教室のロッカーにはコスプレ衣装がはいっていた。セーラー服・女教師・体操着。スクールものの定番とはいえ、三パターンも用意されているのは、女性としても嬉しいようだ。

IMG_18951

あいこ「その日の気分で衣装を選べるのはいいですね! この部屋自体はホテルの一室というよりも撮影スタジオっぽいので、軽いノリで女の子を誘っても楽しんでくれるんじゃないかと思います。強いて苦言を呈すなら、衣装にLサイズが欲しい……」

何を指示するかはあなた次第! 405号室「社長室」

 

IMG_1926

405号室は、ひろびろとしたワンフロアタイプの部屋。全体的な色調はシックだが、ところどころに「社長室」らしい派手なセンスが光る。全体的な雰囲気はリッチな大人の男のプライベートルームといった感じだ。

IMG_1934

金の延べ棒や銃器型のスタンドライトなど、思わず二度見してしまいそうな変わった調度品が多いのも特徴。

IMG_19271

洋書が並ぶ巨大な本棚をバックに、巨大な社長デスクが鎮座する。成功を収めた大企業の社長感たっぷりのコーナー。

あいこ「この部屋は全体的に迫力が凄いし、威圧感もありますね。少しSMっぽい雰囲気もあるかも……。そんなに親しくない間柄でこの部屋を使われると怖がられちゃいそうですね(笑)」

IMG_1924

入り口付近に飾られた謎のオブジェ。鏡から生えたかのような女性の下半身が艶めかしい。何のために置かれているのか、まったく理解が不能だが、あいこさんはこの社長室の真髄に気がついた様子。

あいこ「意図は読めないけど、豪華なのが伝わってくる……このわけのわからなさこそが『社長室』なのかもしれないですね……」

男なら誰しも一度は妄想したことがあるであろう 404号室「診察室」

404号室の雰囲気はかなり独特。部屋全体がピンクの照明に照らされているので、可愛らしい内装にも関わらず、淫靡な雰囲気を漂わせているからだ。ベッドも白いヴェールで囲まれたお姫さま風の作りだが、やはりエロティックさが溢れ出てきてしまうのは否めない。

IMG_1899

そして、ベッドルームの奥にあるのが、この部屋のコンセプトでもある「診察室」。照明のお陰でTHE・桃色診察室といった昭和ロマンポルノ的ムード満点。リアリティのある病院セットというよりも、遊び心満点のプレイルームに徹している点も面白い。

IMG_1913

そしてこの部屋にもコスプレ衣装が常備されている。もちろんナース服もピンク色。

あいこ「本当にさりげなく置いてあるので、一緒に来た女の子に着て欲しい時にもスムーズに受け入れてもらえそう。露出も激しくないので抵抗感ないコスプレだと思います」

ちなみに白衣もある。聴診器のほかにもいくつか小道具が置かれているので、ぜひ駆使してもらいたい。ちなみにあいこさん、この部屋がかなり気に入った様子。

あいこ「乙女チックな内装なのにピンク照明で一気にエッチになる、このムードにグっときました! 診察室がいい意味でチープというか、自分の工夫次第でいろいろ楽しめそうなところもいいですね。」

まだまだ楽しめる『HOTEL SARA錦糸町』

今回伺ったコンセプトルームは、どれもカップルズホテル初心者のあいこさんからも大好評。彼女のカップルズホテルへの苦手識も克服できたようだ。

あいこ「カップルズホテルに対する認識を改めました! むしろこれからは積極的に泊まりに来たい。女の子同士で朝まで語り合う場所としても最適ですしね。できれば、ぜんぶの部屋を回ってみたいです」

恋人同士に最高のシチュエーションを提供する「HOTEL SARA錦糸町」。今回紹介した4つの部屋以外にも、趣向を凝らした個性溢れる部屋が多数。ぜひ一度、彼女を誘って訪れてみてはいかがだろうか。

 

【関連情報】
HOTEL SARA錦糸町
住所:東京都墨田区江東橋3-1-8

http://sara-kinshicyo.jp/

 

取材・文/西たまお

 

 

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。