Men’s Beauty

ログイン
小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録

原因はカビだった!?夏に増える背中・胸ニキビ根絶法

2017.07.11

Photo/Japanexperterna.se

海やプールや旅行など、肌を露出する機会が増える夏。こんな季節に意外と女性が見てしまうのは、男性の背中や胸にあるニキビです。その原因が何と“カビ”であるというのをご存知ですか?

■背中•胸ニキビは顔ニキビとは違う

一般的に顔にできるニキビは「アクネ菌」が主な原因ですが、背中や胸のブツブツの多くは「マラセチア菌」という真菌の一種が原因。

「肌にカビが生えているのか?!」とショックを受ける人もいるかもしれませんが、ご安心ください。人の肌は無菌ではなく何種類もの菌が存在し、マラセチア菌はその一つ。健康な肌の人間には、必ず存在しています。

通常マラセチア菌はおとなしく、むしろ肌を弱酸性に保つために存在している良い子です。しかし温熱や皮脂や湿気などの条件がそろうと、毛穴の中で炎症をおこし毛包炎となってブツブツができることに。

暑さと湿度で汗と皮脂の分泌が高まりやすい夏に、背中や胸にできるのはこういった理由からです。

 

image003
Photo/bark

■早くキレイにしたい!即効ケア3つ

1、ゴシゴシ洗わない
「ブツブツができているから、しっかり洗わなくては」といってゴシゴシ洗ってはいけません。ブラシや目の荒いナイロンタオルでこするのは、もってのほか。肌が傷つき痕も残りやすく、ブツブツがひいても茶色いシミだらけになります。

肌触りの柔らかい素材のタオルを選び、やさしくカラダを洗いましょう。個人的なオススメは、今治タオルの「すごいタオル」。フワフワの生地が濃い泡を作り、なめらかな使用感で肌を傷つけず、これでカラダを洗うととても気持ちが良いです。

2、抗真菌成分配合のボディソープを使用する
一般的に販売されている強い洗浄力の石鹸やボディソープで洗っても、根本的な解決になっていません。

この場合、原因がマラセチアという真菌ですから、抗真菌成分(ミコナゾール硝酸塩、殺菌成分トリクロサンなど)が配合されたボディソープの使用がオススメ。ドラッグストア等にもあるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

3、広範囲のブツブツの場合は医師に相談
ブツブツが数個あるくらいなら、1と2の方法や市販薬で改善されますが、広範囲のもので慢性化しているならば医師への相談が必要となります。

一過性のものではなく長期間の場合は、生活習慣やホルモンによる皮脂分泌過多、その他の原因も考えられます。医師の診断のもと治療が必要と思われるので、悩まず皮膚科に行って相談しましょう。

 

image005
Photo/Jayray24

【まとめ】
•背中や胸のニキビの多くは、マラセチア菌が原因
•刺激を与えるとシミになるので、洗い方は優しく
•抗真菌成分配合のボディソープを使用する
•広範囲のブツブツは皮膚科で相談

《アンク先生のモテる極意、その12》
『背中ケアを怠るなかれ。 魅せる後ろ姿で、夏を制覇しましょう。』

 

メンズ美容家 山川アンク

MB-004

一般社団法人 日本メンズ美容協会 グランド アンバサダー

日本で唯一の女性メンズ美容家。「美容の科学と女性目線」で男性に美容指導するエキスパートとして活動中。クリスチャン・ディオールをはじめ、国内外の有名ブランド化粧品メーカー4社に勤務。在職中には、エステティシャンや美容スタッフ等、数多くのプロを育成。2010年に独立。メンズ美容の専門家として、2012年より活動をスタート。多くの女性が感じている男性に対する本音を伝えながら、メンズケアを解りやすく伝えている。

動画でメンズ美容の極意を伝授中:https://www.youtube.com/user/menzbiyou

 

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。