小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スキー、スノーボードが急落!直近3年で人気が上昇したアウトドアスポーツは?

2022.03.27

三密を避けられるなどの理由から、コロナ禍において人気を高めるアウトドアスポーツ。夏であれば水泳・サーフィン・スキューバダイビング、冬であればスキーにスノボーと、様々なアクティビティがあるが、とりわけ多くの人が取り組むアウトドアスポーツとはいったい、何なのだろうか?

そこで今回、クロス・マーケティングでは全国47都道府県に在住する20~69歳の男女5,000人を対象に実施した「アウトドアに関する調査(2022年)」を実施。回答結果をグラフ化して公開した。

この3年間のアウトドアスポーツ実施率は25%、人気は、「釣り」「サイクリング」

アウトドアスポーツ実施率を調べたところ、アウトドアスポーツの実施経験者は59%、直近3年以内は25%、1年以内は19%という結果になった。

直近3年以内の実施率のTOP5は、「釣り」「サイクリング」「登山・トレイルランニング」「トレッキング・ハイキング」「スキー」。温暖化の影響もありウインタースポーツ人口の減少はかねてよりみられていたが、「スキー」の経験者は38%から、直近1年以内の実施が2%と減少が顕著だった。

いずれもアウトドアスポーツ実施率は男性が高かった。年代別のアウトドアスポーツ直近3年以内実施率のTOPは、20代で「スノーボード」、30~50代は「釣り」、60代は「トレッキング・ハイキング」という結果になった。<図1>

3年以内に実施したアウトドアスポーツの種別ごとに実施理由や実施して良かったことを聴取した。

実施理由は「自然の中で過ごす」「気分転換」「健康」が全般的に高かった。特に「自然の中で過ごす」は、トレッキング・ハイキング、登山・トレイルランニング、釣りの実施者、「健康」はサイクリング実施者で高い傾向に。実施して良かったことは、全種別で「気分転換ができた」が最も高く、次いで釣りを除くアクティビティにおいて「体力がついた」となった。<図2、3>

実施頻度が最も多いのは「サイクリング」であり、”月に1回以上の実施者”は6割を占めた。次いで多いのは「釣り」「トレッキング・ハイキング」。

また、”今後増やしていきたい”アウトドアスポーツを調べたところ、「トレッキング・ハイキング」「サイクリング」「スノーボード」が特に人気で、いずれも4割を超えていた。<図4>

アウトドアスポーツの情報収集源を調べると、「友人・知人」「インターネット上の記事」「お店やメーカーのHP」「アウトドア用品店の店員」「SNS、ブログ」「インターネット上の口コミ」が上位に挙がった。

<調査概要>
調査手法 :インターネットリサーチ
調査地域 :全国47都道府県
調査対象 :20~69歳の男女
調査期間 :2022年3月8日(火)~3月14日(月)
有効回答数:本調査5,000サンプル
※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合がある。

出典元:株式会社クロス・マーケティング

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。