小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

都市生活者のミニマルな暮らしにフィットするOPELのコンパクトSUV「MOKKA」

2022.05.08

MOKKA

MOKKA  オペル・モッカ GSライン

OPELが2021年春にリリースした新型『MOKKA』は、現在ヨーロッパで最も人気のコンパクトSUV市場への挑戦状だ。個性的でスタイリッシュなデザインが注目を集める『MOKKA』だが、その実力をOPELのお膝元であるドイツで試した。

「バイザー」フェイスの最新クロスオーバーモデル

 オペルの新しいアイデンティティーである「バイザー」を前面に押し出し、エクステリア、インテリアのすべてに最新のデザインフィロソフィーを盛り込んだ最初のモデルが『MOKKA』である。

『MOKKA』としては2代目となる現行モデルは、ステランティスの小型車用プラットフォームであるCMP(コモン・モジュラー・プラットフォーム)を採用。つまりプジョー『2008』やシトロエン『C4』などとメカニズム的に共通点が多いコンパクト・クロスオーバービークルで、BEVが用意されている点も、『2008』や『C4』などと同様である。

 今回はドイツ・フランクフルト近郊で、1.2L直3直噴ガソリンターボを搭載した上級グレードのGSラインに試乗した。GSラインは、ブラック塗装のルーフやレッドのライン、ピアノブラックのバイザーフレームなどが標準で、最も『MOKKA』らしいスタイルが感じられる仕様だ。

 インテリアもブラックを基調に、インパネ周りやシートにレッドのアクセントがあしらわれ、モダンでスポーティーな空間に仕立てられている。メーターパネルはデジタル表示で、タッチ式ディスプレイのインフォテインメントシステムも備わる。ピアノブラックやカーボン調のパネルを使用したインパネ周りの質感もなかなか良い。

元気の良い走りと取り回しの良さが魅力

 走りの実力も高い。130PSと230Nmを発揮する1.2Lターボは、動力性能的には十二分。8速ATとのマッチングも良好で、街中からアウトバーンまで、とても軽快な走りを披露する。

 全長4151mmと、『2008』や『C4』よりコンパクトで、ホイールベースも2557mmと短めということもあり、ハンドリングはなかなかキレが良い。車両感覚もつかみやすく、駐車場などでも取り回しやすいのも魅力だ。

 乗り心地はカチッとした印象だが、路面からの突き上げはしっかり角が取れていて、意外なほどにフラット感が高い。静粛性も十分に高く、快適性は全く不満のないレベルを実現している。

 後席もニースペース、ヘッドルームとも十分で、大人が問題なく座れる空間を確保している。ラゲージは通常時で350L、最大1105Lと、『2008』などより若干小さいが、開口部の形状が良く、段差も小さいので、日常的な使い勝手は良さそうだ。

 スタイリッシュなデザインをまとった、快適で実用性に優れた『MOKKA』は、ドイツ市場でも大ヒット。2021年にはBEVの『MOKKA-e』と合わせて2万6519台を販売し、SUVカテゴリーで年間3位となった。日本でも大きな注目を集めることになると容易に想像できる。

MOKKA

『MOKKA』は全長4151mm、ホイールベース2557mmと、CMP採用モデルでは短めの部類に入る。

MOKKA

ドライバー正面には12インチのデジタルインフォディスプレイを装備。中央にはインフォテインメント用の10インチタッチスクリーンが備わる。

MOKKA

GSラインのフロントシートは、レッドのアクセントとステッチが入るスポーティーなデザインだが、一応コンフォートシート。マニュアルの6Way調整式で、表皮はファブリック/レザーだ。

MOKKA

後席は大柄な男性でも問題なく座れる空間を確保。ヘッドレストはしっかり3つ備わる。フロントシートと同様にレッドのステッチがあしらわれている。

MOKKA

1.2L直3直噴ターボは130PSと230Nmを発揮。回転はとてもスムーズで、3気筒であることを意識することはほとんどない。

MOKKA

トリカラーの18インチアルミホイール+215/55R18タイヤはオプション。GSラインは17インチが標準となる。

MOKKA

ラゲッジは前後長が667mmと短いため、通常時で350L、60:40分割の可倒式リアシートを倒すと、最大で1105Lに拡大する。開口部の形状は良く、使い勝手は良好だ。

SPECIFICATIONS

■ オペル・モッカGSライン(FF・8速AT)
【寸法mm・重量kg】全長×全幅×全高:4151×1791×1534 ホイールベース:2557 トレッド:前1548/後1548 最低地上高:180 車両重量:1295
【エンジン・性能】種類:直3直噴DOHCターボ 総排気量:1199cc ボア×ストローク:75.0×90.5mm 最高出力:96kW(130PS)/5500rpm 最大トルク:230Nm(23.4kgm)/1750rpm 使用燃料・タンク容量:プレミアム・44L WLTPモード燃費:16.9km/L 最小回転直径:11.08m 乗車定員:5人
【諸装置】サスペンション:前マクファーソンストラット/後トーションビーム ブレーキ:前Vディスク/後ディスク タイヤ:215/55R18(標準サイズは215/60R17)

MOKKA

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。