小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

まさかの手書き!異色すぎるガチャガチャ「お母さんの秘伝カレーレシピ」を発見

2022.03.21

現在発売中のDIME5月号「Mystery of SNS」というコーナーにて、「“手書き”お母さんの秘伝カレーレシピ」というガチャガチャの話題を掲載した。カプセルに入っているのは、ごく普通の“お母さん”が作る、お家カレーの秘伝レシピが書かれたメモ書き。驚くべきは、すべて手書きで書かれていることだ。

「“手書き”お母さんの秘伝カレーレシピ」は1回200円で利用できる。

これだけの情報だと「本当に手書き?」と疑う人もいるかもしれない。だが実際に筆者が4回このガチャをやってみた結果、正真正銘本当に手書きであることが判明。なぜならレシピのひとつである「内田家の千切りキャベツカレー」が2つかぶったのだが、それぞれ同じ人が書いているものの、改行などの細かい部分が異なっていた。印刷でこんな細かいことができるとは考えにくく、できたとしても莫大な費用がかかるはずだ。

「内田家の千切りキャベツカレー」はよくみると改行の位置なども異なっていた。

とはいえ1枚1枚本当に手書きで作っているとすれば、恐ろしく手間がかかるはず。そもそも「内田家の千切りキャベツカレー」をはじめとするカレーのレシピを提供している“お母さん”は本当に存在するのだろうか?考え始めると謎だらけである。

そこで筆者は発売元「ウルトラニュープランニング」を通じ、この商品を共同で開発した「マサ最高」の通称・マサ1号さんとの接触に成功。さまざまな謎について話を聞いてみることにした。

――なぜ「“手書き”お母さんの秘伝カレーレシピ」をガチャガチャにしようと思ったのでしょうか?

マサ1号さん「まず日本人がみんな大好きなメニューとして、家庭のカレーに着目しました。レシピを手書きにしたのは、やはり“バズらせたい”という狙いが大きいです。印刷だとお母さんの優しさや暖かみが伝わらないし、面白くないですから」

――レシピを拝見したところ、どれも読みやすい字で感心しました。どんな人が書いているのでしょうか?

マサ1号さん「レシピのご本人に“お手本”を書いてもらい、似ている筆跡の人をこちらで選考して書いてもらっています。書いている人の正体は、企業秘密です」

――私は今回4回ガチャを引いたのですが、「内田家の千切りキャベツカレー」が2個と、「加藤家の素揚げじゃがいもカレー」、「山田家のコンビーフカレー」が出ました。このレシピは本当に一般の“お母さん”のレシピなんですか?

マサ1号さん「もちろんそうです。ほかには『木村家のなんでもみじん切りカレー』と『村上家のねばねばカレー』のレシピがありますが、これらは多くの候補の中から試食を重ね、本当に美味しいカレーとして選ばれたものです。やはり“美味しい”というのは重要なので…」

――でも手書きだとバズっても、あまり量産できませんよね。

マサ1号さん「大量生産はできませんので、頭を下げて書いて頂いています。第二弾、第三弾があるのならまた新たに頭を下げなきゃダメですね(笑)」

確かに手書きレシピは究極のアナログ作業だが、紙に書くだけでできる。とはいえそれが商品として成立するのは、ガチャガチャという特殊な提供方法による部分も大きいだろう。何がでるのかは運次第で、やる人は「何が出るんだろう?」とワクワクする。その感情のために数百円を払っているといっていい。

「“手書き”お母さんの秘伝カレーレシピ」は「本当に手書きなの?」「秘伝カレーレシピってどんなカレー?」「こんなのガチャガチャとしてあり?」という疑問やツッコミに答えを出し、「こんな面白いガチャガチャやってみた!」という達成感やネタを提供してくれる。これが1回200円で楽しめるのはアリなのではないか?

「内田家の千切りキャベツカレー」はすりおろしニンニクとバターが隠し味!

ちなみに今回、2つだぶった「内田家の千切りキャベツカレー」をレシピ通りにつくってみたら、ちゃんと美味しかった。キャベツを入れるとカレーががかさ増しされ、少ない料理でも満足感があるのだ。どこかの家のカレーレシピが、ガチャガチャという縁によって我が家の食卓に並ぶ。これだから、日本のガチャガチャは面白い。

とてもいやされる予感がする「お母さんからのやさしい手紙」

さらにマサ1号さんによると、新たな“手書き”シリーズとして3月13日より「お母さんからのやさしい手紙」がリリースされているとのこと。カレーレシピの次はやさしい手紙。こちらも気になる人はぜひガチャガチャにチャレンジを!

DIME最新号は「心がととのうソロ活塾」!

取材・文/高山 惠

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。