小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ついに国内で販売開始!空飛ぶバイクが導くモビリティーの未来

2022.03.21

A.L.I.テクノロジーズ『XTURISMO Limited Edition』

 バイクは大地を走るのではなく、空を駆けるもの──。そんなSF映画やロボットアニメで見たような時代がついに訪れた。

 ドローンの技術を応用したエアモビリティーの開発が世界的に盛んだ。外装を備え上空を飛ぶ飛行機に近いタイプと、車体にまたがるバイクタイプがあり、どちらも開発が急ピッチで進んでいる。

 特にバイクタイプは2020年にUAEのドバイ警察がHoversurf社の『Hoverbike』を採用。実用化への第一歩を踏み出した。

 そしてついに、日本のA.L.I.テクノロジーズが『XTURISMO LimIted Edition』の販売を2021年10月26日から開始した。開発に至った経緯を、同社の片野大輔社長に聞いた。

「『XTURISMO』のような車輪を使わず、路面の状況に左右されない乗り物が技術的に可能になり、社会的にも必要とされると判断して開発を始めました」

『XTURISMO』は上空を飛ぶのではなく、地上から数mの高さを飛行する。空を飛んで移動時間の短縮を目指すのではなく、地面がどんな状態であっても飛行して移動できるのが利点だ。

 新しい乗り物であるため、現状、日本では対応する免許が存在せず、公道を飛行できない。今後、公道での運用に向けて働きかけを行なうという。そのためにまずは、災害地での救出活動や、アクティビティーとしての運用を目指す。

「次のモデルは2025年を目標に開発中。将来的にはより安価で購入しやすいモデルにするつもりです」

 安全性や法規制など、乗り超えるべき課題は多いが、誰もが運転できる日が待ち遠しい。

世界限定200台で販売開始!

A.L.I.テクノロジーズ『XTURISMO Limited Edition』

A.L.I.テクノロジーズ『XTURISMO Limited Edition』7770万円

エンジンと4つのモーターを用いて飛行し、最高速度は時速約80km。2mの上昇まで約3秒。車体は電子制御による自律制御を行ない、運転そのものは簡単だという。また高い安全性能を実現した。VR/ARゴーグルと連携して、乗車せずに遠隔操作できる機能も追加する予定。

[SPEC]時速:約80km 連続飛行時間:最大40分 サイズ:L3700×H1500×W2400mm

昨秋、富士スピードウェイでお披露目!

A.L.I.テクノロジーズ『XTURISMO Limited Edition』

2021年10月26日に有人飛行を実施。いずれは同機を用いたレースも考えているという。

「クルマやバイクと異なる、未知の乗り物です」

片野大輔さんA.L.I.テクノロジーズ
代表取締役社長 片野大輔さん
運転した感想は片野社長によると、「運転するのは全く新しい体験で、ほかの乗り物とは違います。言葉で表現するのは難しいですね」

ドバイ警察が〝白バイ〟として導入予定

Hoversurf『S3 2019』

Hoversurf『S3 2019』

Hoversurf『S3 2019』約1700万円

Hoversurfとしては3代目に当たり、フレームをアルミからカーボンに変更。軽量化したことで、より多くのバッテリーを搭載した。4つのモーターを使って車体を地上5mまで持ち上げ、時速約96kmで最長25分飛行する。自律飛行させる「ドローンモード」では、約40分連続飛行する。操縦はスティックタイプのコントローラーで行ない、専用プログラムで制御される。

[SPEC]時速:約96km 連続飛行時間:10〜25分程度 バッテリー:リチウムとニッケルマンガンのハイブリッド12.3kWh

〝空飛ぶタクシー〟も開発中!

空飛ぶタクシー

自動運転で飛行するタクシー『Hover』が試験飛行中。2人乗りで最大積載量は300kg。

バイクからエアモビリティーに変形!

ルドヴィック・ラザレス『LVM496』

ルドヴィック・ラザレス『LVM496』約6100万円

車輪がない上の2機種と異なり、普段はタイヤを使って走行し、空も飛べる異色のバイク。走行時はモーター、飛行時は1300馬力のガスタービンエンジンを動力にする。エンジンはタイヤ中央に設置され、スイッチ1つで変形して飛行モードに。オーダーメイドで5台が販売。

[SPEC]連続飛行速度:約10分 連続走行距離:約100km 全長:256cm

ルドヴィック・ラザレス『LVM496』

ロードモードでは1回の充電で、約100km走行できる。

取材・文/金子長武

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。