小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

1台でヒゲも体毛もケアできるブラウンのお手軽電動グルーマー「ボディ&フェイスグルーマーPRO X」

2022.03.16

ブラウン初!ヒゲも体毛も処理できる電動グルーマーの実力を試す!!

みなさんの中で、ここ半年の間に首から下の体毛のケアをした方はいるだろうか? 実は、一般消費財メーカーであるP&Gによると、すべての日本人男性の約30%の方が過去6か月の間に、体毛のケアをしており、18歳から34歳の若年層に至っては、なんと約50%の方が行なっているとのこと。

さらに、日本人男性よりも体毛が濃いとされる欧米では、さらにその割合が大きくアメリカでは全男性の59%、ドイツでは64%もの方が体毛の処理を行なっているそうだ。

そんなムダ毛ケアをする理由としては、女性の視線を意識したというものから、ハーフパンツなど露出をともなうファッション性を考慮したもの、さらにトレーニングやスポーツの際の汗やニオイ対策など、さまざまな思いがあるようで、すでに男性の体毛処理というのはごく当たり前の習慣となりつつあるようだ。

写真のモデルは「XT5000」

そうした中、ブラウンからブランド史上初となる電動グルーマーの「ボディ&フェイスグルーマーPRO X」が、4月8日(金)より発売される。

ブラウンといえば、メンズ電気シェーバーやトリマー、脱毛器などが揃う毛に関してのスペシャルブランド。そんなブラウンが、初めて発売する男性用の電動グルーマーはどんな完成度なのか。一足先に『ボディ&フェイスグルーマーPRO X』をレビューしよう。

「ボディ&フェイスグルーマーPRO X」の製品特長

この「ボディ&フェイスグルーマーPRO X」は、ヘッド部分がT字カミソリのようなコンパクトで小回りの利く形状のため、体の細かな部分に対しても操作しやすい設計となっており、この1台で顔のヒゲから脚のムダ毛など全身に使える電動グルーマーとなっている。

世界初「4Dブレード」を搭載。ブレードヘッドは取り外しが可能

前後に最大45度駆動する首振りヘッド搭載

その刃の部分は、4か所で毛をカットするパワフルな「4Dブレード」を搭載。水平に寝た毛を持ち上げてカットするサイドトリマーと、短い毛やさまざまな方向に生えたくせ毛もしっかりキャッチするセントラルトリマーの2種類のトリマーがあらゆる毛に対応し、パワフルかつ効率的な剃り味を実現。

ボディ&フェイス用(1/2/3/5mm)、デリケートな部分用(0mm)、ボディ用(3mm)の6種類のコームが付属(※モデル「XT5200」のみ。上記写真の「XT5000」は5種類)

また、付属の6種類のアタッチメントを使い分けることで、毛の長さを調節することができるため、体の部位ごとに好みの仕上がりが可能となっている。

したがって、日常で露出することの多い腕や脚といった部分はもちろん、顔や首、脇、胸、さらにはVIOといったデリケートな部位にまで使用ができる。

ボディ&フェイス用コーム(5mm)を装着した様子

使い方は、電動シェーバーと同様で、振動する刃が肌に直接触れない設計になっており、肌に優しく安心。また、浴室での使用や丸ごと水洗いも可能な防水設計になっており、メンテナンスも簡単でラクなのがうれしい。

写真のモデル「XT5000」には、ボディ&フェイス用コーム3種、デリケートな部分用コーム、ボディ用コーム、保護キャップ、電源コードが付属

1回のフル充電で約45分の使用が可能で、充電時間は約10時間。充電は、AC100V~240Vに対応する付属のACアダプターで行なう。本体サイズは、高さ152mm×幅30mm×奥行35mmで、重量は約105g。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は9,980円。

なお、別売りの替刃に6か月(※)ごとに交換することで、いつでも新品同様の剃り味をキープすることが可能となる。
※週2回の全身ケアを想定した場合。使用の頻度によってタイミングは異なる場合がある。

スムーズな剃り心地で快適!

それでは、実際に「ボディ&フェイスグルーマーPRO X」を使って、まずは顔のヒゲを剃ってみよう。実は、筆者は普段からT字カミソリを使用しているのだが、ヘッド部分の形状や使い方が似ているため、初めてでも違和感がなかった。

ただ、厳密にいうと通常のT字カミソリは、剃れる方向が決まっているためカミソリを引きながらシェービングするのだが、こちらは押しても引いても剃れるためとても効率的。加えて、刃が肌に直接触れない設計のため、肌への負担が少なくてすむのではないかと感じた。

また、顔の凹凸にも前後に最大45度駆動する首振りヘッドが肌に密着して、しっかりと対応してくれるため、とてもなめらかな剃り心地。さらに、首のような薄い皮膚であってもヨレることがないため、スムーズなシェービングが可能だ。

そして、本体のグリップ部分がゴム製となっている上、滑り止めとなる模様が前面だけなく背面にまで施されているため、バスルームなどの水で濡れた状況でも持ちやすく、滑りにくいことに感心させられた。

剃る前

脚の中央部分のみ剃ったところ

次に、脚のすね毛をコームを装着せずに剃ってみた。実は、筆者のすね毛は、ある程度の長さはあるものの、細くてやわらかいためキャッチしづらいのではないかと予想していたのだが、刃を1~2往復させるだけでしっかり剃れてツルツルに。

剃る前

脚の中央部分のみボディ用コーム(3mm)を装着して剃ったところ

さらに、ボディ用コーム(3mm)を装着して、もう片方の脚のすね毛を剃ってみたところ、先ほどのツルツル状態とは違い自然に毛が少なく(短く)なったような印象で違和感がない。これなら、毛をしっかり剃ってツルツルにしてしまうのに抵抗がある方でも使えるのではないだろうか。

また、ほかにも長さの違うコームが揃っているので、まわりの人に気づかれないように徐々に短くしていくという使い方もいいと思った。

さて、この「ボディ&フェイスグルーマーPRO X」だが、1台で顔のヒゲから脚のムダ毛など全身の処理に使える上、サイズもコンパクトなので出張や旅行などに携帯するのにも便利。さらに体毛というのは、ヒゲと同じようにすぐに伸びてきてしまうので、こまめにケアしたいという方にも手軽に使えておすすめだ。

これからだんだんと暖かくなり薄着になる時期に向けて、ムダ毛をしっかりケアした“できる男”のアイテムとして、本機を検討してみてはいかがだろう。

関連情報:https://www.braun.jp/ja-jp/male-grooming/stylers-and-trimmers/series-x

取材・文・撮影/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)
「CanCam」「Oggi」「Domani」などのファッション誌やサイトの編集に長年にわたり携わる。現在は、DIMEにてクルマや家電、グルメ、ファッション情報、また小学館Men’s Beautyでは、男性に向けた美容・健康法、コスメ情報なども発信。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。