小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

これからの株式と債券の相関関係を読み解く3つのシナリオ

2022.03.11

株式と債券のリターンをもたらす主な要因

英国の独立系資産運用グループ・シュローダーはこのほど、分散型ポートフォリオの構築に重要な役割を果たす株式と債券の負の相関について、株式と債券のリターンをもたらす主な要因を検証した。今回の分析によって、マクロ経済的および政策環境が重要なドライバーであることが明らかとなった。詳細は以下の通り。

株式と債券の負の相関は、分散型ポートフォリオの構築に重要な役割を果たす。しかしながら、その基礎となる要因は十分に理解されておらず、今後何が起こるのかは非常に不透明だ。

本記事では、株式と債券のリターンをもたらす主な要因を検証することで、このギャップを埋めることを狙いとしており、それらの要因がこれまで、株式と債券の相関にどのように影響を与えてきたのかを示す。

今回の分析によって、マクロ経済的および政策環境が重要なドライバーであることが明らかとなった。インフレと金利の今後の動向が不透明である環境下、投資家は、過去20年間作用してきた力が今後も持続していくと仮定すべきではない。

20年間にわたって、マルチアセット投資家は株式と債券との間にある負の相関の恩恵を受け、ポートフォリオリスクを軽減し、市場の調整局面では価格下落による損失を低減してきた。すなわち、株式の低迷時には債券が好調となる傾向があり、逆もまた正しかったのだ。

相関が今後弱まっていく上で必要な条件とは何か

しかし、最近のインフレ率が高まる中、この関係性が一時弱まったことで、私たちがレジームシフトの入口にいるのではないかという懸念が引き起こされた。そうした変動は短期的には珍しくないが、マクロ経済的および政策的な背景が、株式と債券の相関関係が正となる環境に徐々にシフトしている可能性がある。

実際に過去を振り返ってみれば、そうした可能性は十分に考えられる。例えば2000年からの5年間の平均相関係数は-0.35だが、1926年からのより長期での平均値は+0.06だ。さらに、1931年から1955年まで、および1970年から1999年までの期間では、5年間ごとの相関係数はほとんどが正だった(図表1)。

それでは、相関が今後弱まっていく上で必要な条件とは何なのだろうか。この質問に答えを出すため、私たちは株式と債券のリターンをもたらす主要因を検証し、そうした要因がこれまで、株式と債券の相関にどのように影響を与えてきたのかを示す。

その上で、今後の株式と債券の相関の方向性を決定付ける可能性のある3つのシナリオを定式化する。尚、分析は米国金融市場に基づいたものだが、そこから得られるインサイトは全世界の投資家にとっても有効であると考えられる。

図表1:株式と債券の持続的な負の相関は比較的最近の現象

資産間の相関の分析

債券と株式の価格は将来キャッシュフローの割引価値を反映し、割引率はリスクフリー短期実質金利(rt)、インフレーション(it)、およびリスク選好を加味し、キャッシュフローの不確実性を補うためのリスクプレミアム(債券がBRPt、株式がERPt)の合計と等しくなる。

債券は固定されたクーポンを支払うが、株式からは配当の支払いや増加がある可能性があるので、配当成長率(gt)も組み入れる。これらを用いて、単純化した債券と株式の価格決定式を以下に示す。

上の式で示されているように、株式と債券には共通する要素と固有の要素の両方があり、それぞれのリターンを連動させたり、分離させたりする。さらに、これらの要素はそれぞれに正または負の相関を持つ可能性がある。これらすべての要素を読み解くことは経験的に困難である可能性があるため、今回は最も重要な4つの要素に焦点を絞る。

■1.リスクフリー実質金利:

実質金利(rt)の上昇は、将来キャッシュフローに適用される割引率を上昇させ、株式と債券の両方に同じ方向の影響を与える。これは明確に債券価格を下落させるが、株価への影響はより曖昧で、(後述の他の要素とならんで)リスク選好度に応じて変わる。

例えば、経済の不透明感が増す中で金利が上昇する場合、投資家は将来キャッシュフローを受け取る不確実性の補償としてより高いリスクプレミアム(ERPt)を要求し、リスク選好度が低下するはず(株価にネットで負の影響)。

しかし、経済の不透明感が後退する中で金利が上昇する場合、投資家はより低いリスクプレミアムでよいとし、リスク選好度は上昇するはずだ(株価にネットで正の影響)。一般に、金利の変動が大きいと消費者と企業は将来の計画が立てにくくなり、経済の不確実性を高め、それがさらに投資家のリスク選好度を下げる。

そのため、他のすべての要素が等しい場合、大きな金利の変動は債券と株式の両方にとって負の影響を及ぼすはずで、これは株式と債券の相関が正となることを意味する。この点に関して図表2に実例を示す。2000年代前半以降、株式と債券の相関は実質金利のボラティリティ水準に連動してきた。

図表2:近年において、金利の変動の大きさは株式と債券の逆相関性の弱まりと結び付いている

これはしかし、比較的新しい現象だ。それ以前の数十年間では、金利のボラティリティは株式と債券の相関への影響は限定的だった。理由の一つは、当時の市場参加者が、インフレや、それがコントロールされているかどうかといった他の経済変数をより重要視していたことかもしれない。例えば、1970年代と1980年代は、現在よりもはるかにインフレ率の変動が大きい環境にあり、これがかつての株式と債券の相関の要因となったと広く考えられている。

■2.インフレ:

債券がインフレ率の上昇に大きな影響を受けることは明らか。インフレの加速に伴い(it)、固定された利払いの価値は減少し、利回りは上昇して債券価格はそれに応じて下落する。

他方、株価への影響はそれほど単純ではない。理論上、物価の上昇は名目収益の上昇に対応し、そのため株価を押し上げるはず。その一方で、それは企業の投入コストの増大を受けた利ざやの縮小により相殺される可能性がある。投入コストが収益と同じ比率で増大しない限り、インフレ率の高さは名目利益(gt)の増大につながる。

しかし前述したように、インフレ上昇時には、市場は将来利益をより高い利率で割り引くため、現在価値が下がる。そのため、インフレ率が上昇する環境における株価の動向を決定付けるのは、期待名目利益の上昇と割引率の上昇との差ということになる。

私たちの分析では、インフレ率が5年ベースで年率3%を超える場合、割引効果が上回る傾向にあることが示唆されている。これを示しているのが図表3。1926年以降、インフレがこのしきい値を超えた時期の98%で、株式と債券の相関が正となっている。注意すべきなのは、これが低インフレ=株式と債券の負の相関を意味しないということだ。それどころか、過去これまで多くの時期において、インフレ率が低いにもかかわらず、正の相関となっている。

■3. リスクプレミアム:

リスク選好の変化はまた、株式と債券の関係に重要な影響を与える可能性もある。株式は比較的リスクの高いアセットクラスで、景気循環とリターンの変動率に強い相関がある。このリスクを負う上で投資家が求める対価が、株式リスクプレミアムとして知られている。

対照的に、国債は利払いが確定しているため、多くの場合、より安全な投資先と考えられており、そのため総じてリターンの変動率が比較的低くなっている。それでも、金利の変化に対する感応度が高いため、債券は現金よりリスクが高く、満期の長い債券は短い債券よりもリスクが高くなる。この相対的なリスクの高さが右上がりのイールドカーブの理由であり、債券リスクプレミアムの源泉だ。

投資家に分散化の目的や、安全資産として利用されることが多いため、これは驚くべきことではない。例えば、リスク選好度が低い場合、投資家は損失を回避するために株式を売却し、債券を購入する(株式リスクプレミアムが債券リスクプレミアムに対して増加)。

これに対して、リスク選好度が高い場合には、投資家は株式を購入して債券を売却する(債券リスクプレミアムが株式リスクプレミアムに対して増加)。他の要素がすべて等しい場合、この「リスクオン・リスクオフ」行動により株式と債券のリターンは規則的に乖離し、ERPとBRPの負の相関に貢献する。

しかし、投資家が成長率の鈍化(gt)と高インフレ(it)の両方(スタグフレーション)を懸念していることからリスク選好度が不足している場合、将来キャッシュフローを約束するすべてのアセットを忌避し、代わりに現金を選好する可能性があり、ERPとBRPの正の相関が誘発される。

これこそがまさに、1970年代、米国経済が不況と高インフレに直面した際に現れた現象だった。しかし、成長が回復し、インフレが再びコントロールされた状態になると、株式および債券リスクプレミアムの相関は負の領域に転じた(ただし他の要因により、株式と債券の全体的な相関は正にとどまった)。

図表4:株式および債券リスクプレミアムの相関は成長ショックによる影響を受けてきた

■4.成長率 vs. 金利:

企業業績と金利の関係は、株式と債券の相関の主要な長期的決定要因のひとつ。計算式 (1) および (2) に示すように、企業業績は株価と正の相関がある一方、金利は株価と債券価格の両方に対して負の相関がある。

他の要素がすべて等しい場合、利益成長率が金利と同一方向に移動し、割引効果を相殺した場合、株式と債券の相関は負になるはず。企業業績が長期的に経済成長に影響されると仮定すれば、成長率と金利の正の相関は株式と債券の負の相関に対応し、逆もまた同じことがいえる。

成長率と金利の正の相関は、金融政策が景気変動抑制的である(経済成長が堅調な時に金利を上げる)ことを示し、一方で成長率と金利の負の相関は、金融政策が景気変動増幅的である(経済成長の低迷時に金利を上げる)を示している。図表5が示すように、金融政策の枠組みの変化は株価と債券の相関の変化と密接にリンクしている。

しかし、枠組みの変化は極めて漸進的に生じるため、この関係は長期的ホライズン(20年など)に立った場合にのみ観測される。例えば、1950年から1970年の景気変動抑制的な金融政策の枠組み下では、株価と債券の相関は負となっていた。対照的に、1970年から2000年の景気変動増幅的な金融政策の枠組み下では、株価と債券の相関は正となっていた。

図表5:景気変動増幅的な金融政策は、株式と債券の正の相関と結び付いている

なぜ金融政策の枠組みは変わるのか

しかし、そもそもなぜ金融政策の枠組みは変わるのだろうか。

多くの要素が関わってくるが、私たちは米連邦準備制度理事会(FRB)が「ルールベース」の政策枠組みを採用するか、それとも「裁量的な」政策枠組みを採用するかが極めて重要な要素だと考える。

金融政策が圧倒的にルールベースの場合、政策金利の変更は「テイラー・ルール」などの経済的公式によりあらかじめ設定されている(成長率またはインフレ率がターゲットを上回る/ 下回る場合に金利を上げる/ 下げるなど)。これにより、経済は過熱することも潜在可能性を下回ることもないよう保証される。その結果、成長率と金利は同じ方向に動く傾向があり、株式と債券が負の相関を持つようになる。

これに対して、裁量的政策はより主観的な判断を用いて経済状況に対応するもので、規定されたルールに対してより柔軟だ。例えば、経済成長率が堅調な時に金利が意図的に低く抑えられていれば、政策決定者はインフレ抑制や自国通貨保護のために、金利を大幅に上げる必要があるかもしれず、景気の後退をもたらす可能性がある。これは成長率と金利の負の相関につながり、よって株式と債券の正の相関に貢献する。

実際の米フェデラルファンドレートを、テイラー・ルールにより規定される仮想レートと比較することにより、過去に金融政策が比較的ルールベースだった、または裁量的だった時期を特定することができる。

図表6が示すように、1960年代半ばから政策は裁量的な傾向を強めていき、フェデラルファンドレートはルールベースのレートよりかなり低い水準になった。この時期は成長率と金利の負の相関が促進され、株式と債券の相関は正となった。

振り返ってみれば、緩和的政策は高水準のインフレも惹起し、このことがさらにこの枠組みに貢献したわけだ。1980年代まで、金融政策はルールベースのレートよりも高い金利を設定することにより、継続して裁量的な手法で運用された。

1990年代後半になって初めて、金融政策はテイラー・ルールにより厳密に準拠した(ルールベースのレートからの乖離が小さい)ものとなり、このことが株式と債券の相関が正から負へと移行する道をひらいたことは間違いないだろう。

図表6:政策金利は過去にテイラー・ルールから大きく乖離していた

サマリー

図表7に、前述の株式と債券の相関に影響を与えることを裏付けた主な要因をまとめている。金利とインフレ率が高く変動が大きい場合、株式および債券リスクプレミアムは同じ方向に移動し、金融政策は景気変動増幅的で、株式と債券の相関は正になる可能性がより高くなる。

対照的に、金利とインフレ率が低く安定している場合、株式および債券リスクプレミアムは逆の方向に移動し、金融政策は景気変動抑制的で、株式と債券の相関は負になる可能性がより高くなる。さらに問題を複雑にしているのが、これら要素の相対的重要性が一定ではなく、時間の経過とともに変化することだ。

図7:過去に株式と債券の正または負の相関に結び付いてきた要因

では、この枠組みはレジーム変化の見通しについて何を教えてくれるのだろうか。まず、負の株式と債券の相関を支えてきた要因のいくつかが弱まっていく可能性がある。

特に、足元、インフレ率はここ数十年で最高の水準に達しており、その見通しもかなり不透明といえ、今後、経済の不透明感が高まり、金利の変動が大きくなる可能性がある。過去20年間にわたる、株式と債券の負の相関が続くとの確信には、少なくとも疑問符が付く。

しかし、特定の成果を予想するよりも、私たちは投資家が自身のポートフォリオについて、想定し得る幅広い帰結に対する「ストレステスト」を実施すべきだと考える。

将来的に起こり得るシナリオとして、私たちは以下の3つを想定している。

■シナリオ1:高いインフレ率が定着し、株式と債券の相関が持続的に正となる

新型コロナウイルスワクチンが新しい変異株に対して効果を失い、さらなる経済上の制限と追加の景気刺激策につながる。サプライチェーンのボトルネックが、引き続き世界的に業務運営コストを押し上げる圧力となる。

こうした追加コストは消費者に転嫁され、労働者は生活費の上昇に対応するためにより高い賃金を要求する。「一時的な」インフレが持続的なものとなり、今後5年間にわたり3%超で推移する。その結果、投資家は株式と債券の将来キャッシュフローをさらに割り引くことになる。

FRBは金利を引き上げるが、予想されたほどではなく、インフレが持続的に目標を下回っていたそれまでの時期を相殺するほど強力な引き締めではない。国債の増大をインフレで解消したいという政治的圧力が、こうした政策スタンスに貢献する。

そのため利上げは過去の基準からみて緩やかなものにとどまり、金融政策は景気循環増幅型となる。しかし、高いインフレ率を背景に経済成長が鈍化するのに伴い、投資家は金融資産より現金を選好し、株式および債券リスクプレミアムの急落につながる。これらの条件すべてが、株式と債券の相関を正の領域に押しやる。

■シナリオ2:景気循環抑制型の金融政策が維持され、株式と債券の相関が引き続き負となる

新型コロナウイルス変異株が次第に弱毒化し、モノ不足が予想より早く解消される。生産能力は通常に戻り、事業運営コストと世界的サプライチェーンへの圧力が緩和される。これが経済成長を促進するが、労働市場もひっ迫し、賃金とインフレに上昇圧力が加わる。FRBは、徐々に金利を引き上げることで対応する。こうしたプロセスの間、負の株式と債券の相関は比較的影響を受けないままとなる。

■シナリオ3:実質金利のボラティリティが大きくなり、インフレの不透明感が高まる中、株式と債券の負の相関が弱まる

新型コロナウイルス変異株は次第に弱毒化するが、サプライチェーンへの圧力の緩和はごく緩慢にしか進まない。ボトルネックと労働者不足が引き続きインフレ率を押し上げる圧力となり、将来の金融政策の道筋に対する疑念が生じる。

持続的なインフレへの不安から、FRBは市場の流動性をより早いペースで排除せざるを得なくなる。これにより実質金利の変動が大きくなり、株式と債券の相関が弱まる。インフレ水準はそれほど高くないが、今後5年間にわたり3%で安定する。このシナリオでは、株式と債券の相関は弱まる。

図表8:今後想定し得るシナリオ

解説/ショーン・マーコウィッズ氏
ストラテジスト
ストラテジック・リサーチ・グループ

【本資料に関する留意事項】
本記事は、情報提供を目的として、シュローダー・インベストメント・マネージメント・リミテッド(以下、「作成者」といいます。)が作成した資料を、シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下「弊社」といいます。)が和訳および編集したものであり、いかなる有価証券の売買の申し込み、その他勧誘を目的とするものではありません。英語原文と本資料の内容に相違がある場合には、原文が優先します。
本資料に示されている運用実績、データ等は過去のものであり、将来の投資成果等を示唆あるいは保証するものではありません。投資資産および投資によりもたらされる収益の価値は上方にも下方にも変動し、投資元本を毀損する場合があります。また外貨建て資産の場合は、為替レートの変動により投資価値が変動します。
本資料は、作成時点において弊社が信頼できると判断した情報に基づいて作成されておりますが、弊社はその内容の正確性あるいは完全性について、これを保証するものではありません。
本資料中に記載されたシュローダーの見解は、策定時点で知りうる範囲内の妥当な前提に基づく所見や展望を示すものであり、将来の動向や予測の実現を保証するものではありません。市場環境やその他の状況等によって将来予告なく変更する場合があります。
本資料中に個別銘柄についての言及がある場合は例示を目的とするものであり、当該個別銘柄等の購入、売却などいかなる投資推奨を目的とするものではありません。また当該銘柄の株価の上昇または下落等を示唆するものでもありません。
本資料に記載された予測値は、様々な仮定を元にした統計モデルにより導出された結果です。予測値は将来の経済や市場の要因に関する高い不確実性により変動し、将来の投資成果に影響を与える可能性があります。これらの予測値は、本資料使用時点における情報提供を目的とするものです。今後、経済や市場の状況が変化するのに伴い、予測値の前提となっている仮定が変わり、その結果予測値が大きく変動する場合があります。シュローダーは予測値、前提となる仮定、経済および市場状況の変化、予測モデルその他に関する変更や更新について情報提供を行う義務を有しません。
本資料中に含まれる第三者機関提供のデータは、データ提供者の同意なく再製、抽出、あるいは使用することが禁じられている場合があります。第三者機関提供データはいかなる保証も提供いたしません。第三者提供データに関して、本資料の作成者あるいは提供者はいかなる責任を負うものではありません。
シュローダー/Schroders とは、シュローダー plcおよびシュローダー・グループに属する同社の子会社および関連会社等を意味します。
本資料を弊社の許諾なく複製、転用、配布することを禁じます。

出典元:シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。