小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

仮想の土地売買だけじゃない!The Sandboxで稼ぐ人のアセットを制作・販売する方法

2022.04.05

ソフトバンクが100億円以上を資金提供して話題になった「The Sandbox」。土地の売買やゲーム制作で〝稼げるメタバース〟として期待されている。そんな「The Sandbox」で〝アセット〟を制作&販売しているクリエイターに取材。売れ筋などについて聞いてみた。

ブロック感覚で始めやすい!稼げる可能性は誰にでもある

「Play to earn」型メタバースとして注目を集める「The Sandbox」。公認のボクセルアーティストとして活動するtak_akkiyさんは、これまでに5種類のアセットを制作して出品。各30個程度の数量で販売し、そのうち4種類は完売しているという。

「現在は『Apple Girl』(下写真)のみを販売しています。100体のうち、すでに60体が売れました。販売価格は52.50SAND。販売開始時は1SANDが約70円だったので、円換算だと約3600円。価格変動込みで約50万円の収益を得ています」

販売されているアセットは、どのような種類が人気なのだろうか。

「ゲームの内容や雰囲気に即しているような、ファンタジー要素の強いアセットを作るクリエイターが多いように感じます。ただ、運営側でも種類のバランスは意識しています。クリエイターファンドのチームごとに違うジャンルのアセットを制作するように指示を出しているようです。購入されるアセットはレア度が高く、比較的高価なものが買われている傾向にあります。後に、そのクリエイターが有名になり、制作物の価値が上がることを見越した投資の意味合いが大きいように感じます」

アセットの制作は一見難しそうだが、tak_akkiyさんは過去にボクセルアートの経験がなかったそうだ。

「ブロックを重ねるだけなので、3D制作ソフトよりも圧倒的に敷居が低いです。創作意欲があれば、誰でも活躍できる可能性はありますね」

The Sandbox

ゲームプラットフォーム「The Sandbox」

「The Sandbox」「The Sandbox」

16万6464個の土地(LAND)で構成されたメタバース内で、プレーヤーはゲームのプレー、土地の売買、アセットおよびゲームの作成と売買ができる。

制作&販売できるのは〝アセット〟というアバター&アイテム

「The Sandbox」

アセットはコンテンツの総称。エンティティー(人や動物など)、装備品、ウエアラブル(服装)、アート(建物など)の4つに分類される。

〝ジェム〟と〝カタリスト〟がアセットの価値を決める

「The Sandbox」

カタリストとジェムの付与によってレア度と属性が加わり、アセットの価値も高まる予定だ(※入手方法などの詳細は今後発表される)。

一から作るだけでなくテンプレートも利用可能

「The Sandbox」

アセットは公式のフリー編集ソフト『VoxEdit』で制作する。ボクセルを組み合わせて一から作れるほか、同ソフトに用意されたテンプレートを活用できるのもポイントだ。

アセットの動き方もカスタムできる!

「The Sandbox」

『VoxEdit』内の「Animator」モードでは、制作したアセットに動きを付けられる。編集画面のタイムラインでパーツごとに動きを設定するだけで完成だ。

アセットのほかにも〝自作ゲーム〟や〝LAND〟でも収益を得られる!

公式ゲーム制作ツール『Game Maker』で作成したゲームの入場料を徴収するなど、収益方法は多様だ。LANDは価格が高騰中で、運用次第でかなりの収益が見込める。取引は暗号資産「SAND」で行なわれる。

「The Sandbox」

tak_akkiyさんThe Sandboxクリエイター  tak_akkiyさん
2019年からボクセルアーティストとして活動。現在は「The Sandbox」公式クリエイターファンドのメンバーだ。

※「The Sandbox」のクリエイターファンドは満員のため2022年1月末現在ではクリエイターの新規登録は受け付けていない。

DIME最新号の特集は「メタバース超入門」「新メルカリの神ワザ」!

DIME4月号の特別付録は、仕事や趣味で使えるデジタルスケール! サイズはコンパクトなのに、0.3g〜3000gまで0.1g単位で量れる本格派。付属するトレーで、個数カウント機能や風袋引き機能も使えます。ミニ四駆や模型を作ったり、レジン液の計量、郵便物やフリマアプリの出品物の計量、各種部品やパーツ、宝石の計量など様々な用途に対応。金属製のボディーは高級感があり、コンパクトなので、工具箱に入れたり、デスクの引き出しにも収まる。

【参考】https://dime.jp/genre/1322178/

【オンラインで購入する】

◆セブンネット  https://7net.omni7.jp/detail/1232756620

取材・文/桑元康平

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。