PETomorrow ペットゥモロー

ログイン
小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録

単頭飼いの室内猫は、飼い主を“兄弟”だと思っている?

2019.10.31

単頭飼いの室内猫は、飼い主を“兄弟”だと思っている?




機嫌よく甘えていると思ったら、急に手にかみついてくる。怒ると興奮して、ますますかみつく…。こんな猫の「かみつきクセ」に悩んでいる飼い主が最近、増えています。人間から見れば「怒らせるようなことは何もしていないのに、なんで攻撃してくるのだろう?」と理解に苦しむ行為ですよね。

でも、じつはこのかみつきクセは、室内で単頭飼いされている猫によくみられる特徴なのです。自然状態の猫は子猫時代、兄弟猫とのケンカごっこから社会性を学び、群れから離れて独立します。でも現代の飼い猫は、一生、子猫の気持ちのままで過ごします。ですから同居猫がいなければ、飼い主を兄弟だと思って、退屈すると「ケンカごっこをして遊ぼうよ」と誘ってきます。かみつくのはこの「遊ぼうよ」のサインなのです。

この時、子猫同士では「何するんだよ」と反撃するのが、遊びのルール。だから飼い主が嫌がるほど、「ケンカごっと参加OK」のサインだと勘違いして、もっとかみついてくるのです。

強く叱り過ぎると、飼い主を“仲間”だと思わなくなる 

つまり猫は、飼い主に兄弟と同じように親愛の気持ちを持っているから、遊びに誘っているというわけ。猫にしてみれば親愛の気持ちをストレートにぶつけているのですが、飼い主はついびっくりして強く叱ってしまいがち。



飼い主が怒鳴ったり、何度も叩いたりすれば、猫はやがてかむのをやめるようになります。でもそれは、猫が「しつけられた」のではなく、飼い主を仲間だと思わなくなったということ。猫がせっかく求めてきた絆を、飼い主が自分から断ち切ってしまったということになります。

兄弟猫になったつもりで、真剣に“ケンカごっこ”をしよう

猫がかみついて「ケンカ遊び」を仕掛けてきたら、「そうか、今、楽しく遊びたい気分なんだな」と理解し、兄弟猫になったつもりで「何するんだよ!」と、ちょっぴり抵抗してみてください。兄弟猫同士ではそれは「OK、つきあうよ」というサインなので、「よし、本格的に始めよう」と、さらにかみついてきます。



かまれずに遊ばせる方法のひとつが、手を広げて猫の顔の前に出汁、そのまま顔をつかんでしまうこと。猫は怒っているように見えますが、遊びで怒っているのだから心配はいりません。かみつかれる寸前にサッと手を引くと、猫はじらされてさらに盛り上がります。ただ、タイミングがずれるとかまれてしまう危険もありますので、ほどほどに。



反対に手を引かず、げんこつを口もとに出して、ぐいぐい押すのもいい方法。猫はとまどいますが、そういう駆け引きが「ケンカごっこ」の楽しさなのです。

大事なのは、飼い主もこの駆け引きを楽しむこと。心から楽しんでやれば、猫もその楽しさに同調し、満足してくれます。最後は「もうおしまい」と立ち上がり、背を向けてまったく別のことをしましょう。遊びに満足した猫は、「終了」のサインをきちんと読み取り、遊びタイムを終了させてくれるでしょう。



文/桑原恵美子

参考資料/「猫好きが気になる50の疑問」(加藤由子著・サイエンス・アイ編集部編・ソフトバンク クリエイティブ刊)

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。