PETomorrow ペットゥモロー

ログイン
小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録

異常に腫れた猫の肉球…これって形質細胞皮膚炎?

2021.07.08

猫の「形質細胞皮膚炎」について

ぷにぷにとした猫の肉球は、多くの猫好きさんを魅了するもの。しかし、そんな肉球が乾燥していたり、腫れたりしているときは「形質細胞皮膚炎」という病気にかかっているサインかもしれません。



「形質細胞皮膚炎」は気づきにくい!

形質細胞皮膚炎は肉球が腫れる、表面がうろこ状にカサつくといった初期症状が見られます。しかし、この段階では痛みや痒みなどがなく、猫の行動にも変化が見られないため、飼い主さんは病気を見逃してしまうことも多いのです。

考えられる原因は?



形質細胞皮膚炎には、免疫系の異常が関係しているのではないかと考えられています。例えば、猫白血病ウイルス感染症(FelV)や猫免疫不全ウイルス(FIV)が深く関係している可能性があり、ワクチン未接種の猫に発生しやすいのではないかといわれていますが、明確な原因はまだ解明されていません。

自然治癒することもある

この病気はまだ明らかになっていないことが多く、はっきりとした原因や有効な予防策も分かっていません。病気の進行状況は個体ごとに差があり、しばらくすると腫れていた肉球が自然にしぼんでいくこともありますが、中には肉球に腫瘍ができてしまうケースもあるとされています。



腫瘍ができると痛みや出血があるので、猫は歩けなくなったり足を引きずったりします。そのため、この状態になって初めて飼い猫の異変に気づく飼い主さんも少なくありません。

治療法は?

治療法としては抗生剤や副腎皮質ホルモン剤を投与し、炎症を抑えながら経過を見ていきましょう。金イオンや金コロイドの投与を行う「金治療」が病気の治療に有効な場合があるともいわれています。ただし、腫瘍ができている場合は外科手術を行わなければなりません。

この病気は発症率が非常に低く、なおかつ発症後に自然治癒することもあるため、なかなか治療法の研究が進んでいないのが現状です。

形質細胞皮膚炎を早期発見するには、日頃から愛猫の肉球を気にかけていくことが大切になります。肉球の異常は他のパーツに比べ、見逃してしまいやすいので、形や色などをチェックする習慣をつけていきましょう。

文/古川諭香

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。