PETomorrow ペットゥモロー

ログイン
小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録

猫にも同性愛はある?オス同士での交尾行動の意味とは

2021.01.18

猫にも同性愛はあるの?

近年、日本では「同性パートナーシップ条例」などが設けられ、同性愛が受け入れられやすくなってきました。

そんな同性愛は人間だけではなく、ネコ科動物の世界でも垣間見ることができます。



例えば、猫の場合は同性を愛すというよりも、交尾ができないストレスをぶつけるために同性と交尾をすることがあります。

猫の世界では力が強いオスがモテる傾向があるので、メスに近づく権利は喧嘩に勝つことで手に入れなければなりません。

そのため、力の弱いオスはメスに近づくことすらできず、発情期に性欲を持て余してしまうことがあります。

猫の性欲は人間よりもはるかに強く、心身に大きなストレスを与えることも。

だからこそ、オスはストレスを解消するために近くにいる若いオスを身代わりにし、交尾行動をすることがあるのです。

このときに狙うのは、自分よりも力の弱いオスである場合がほとんど。

こうした同性による交尾行動はメス同士ではなく、オス同士に見られやすく、同性愛とはまた違った意味を持っているのです。



しかし、同じネコ科であるライオンには同性愛が存在するのではないかという説もあります。

ライオンは他のオスを排除しようとすることも多いものですが、中にはオスのみで群れを作るオスライオンもいるのだそう。

こうした場合は、オスがオスの体にまたがって交尾行動をすることも報告されていますが、なぜこのような行動をとるライオンがいるのかは、いまだに明らかになっていません。

もしかしたら、動物界の同性愛は人間界よりも、さらに奥深いものなのかもしれませんね。

文/古川 諭香

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。