PETomorrow ペットゥモロー

ログイン
小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録

【いぬのはてな】聖徳太子の愛犬「雪丸」は人間と会話ができた?

2017.02.23

親バカか、本当か、あなたはどちらだと思いますか?

何人もの話を同時に聞くことができたという逸話が残る歴史上の人物「聖徳太子」。実は彼には「雪丸」という愛犬がいたようです。そんな雪丸には、人間と話をしたり、お経を唱えたりすることができたという話が残っています。そのエピソードとして、雪丸は自分の死期を悟ったとき、奈良県の達磨寺という寺が建てられることになった場所に葬ってほしいと自ら語り、それを聞いた飼い主・聖徳太子がその願いを叶え、石像を作り埋葬したというものも残っています。

そんな伝説的な雪丸ですが、1月1日にその雪丸像が吠えれば、その年は豊作になるという言い伝えが今でも残っています。

現在でも、人間のような発音をして、人間の言葉を話すような犬はいますが、果たして聖徳太子が親バカだったのでしょうか、それとも本当に雪丸は存在し話すことができたのでしょうか。全ては、謎に包まれています。

ちなみに「雪丸」は奈良県の王寺町の公式マスコットキャラクターとして活躍しています。

 


◆王寺町観光協会「雪丸」ページ
http://www.oji-kanko.jp/yukimaru/

文/大原絵理香

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。