PETomorrow ペットゥモロー

ログイン
小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録

【わんこと行くクルマ旅】マリアお薦めの房総グルメ編 「浜茶屋網元」

2016.12.21

青山尚暉のわんこと行くクルマ旅

マリアお薦めの房総グルメ編 「浜茶屋網元」

千葉、九十九里と言えば、焼きはまぐりが有名ですが、ペットと店内に入れるお店はそうそうありません。貝好きのわが家としては、これまでそうしたお店に行ったことがありませんでした。まぁ、マリアやララの口には入らない食べ物なんですが。

3723
浜茶屋網元のわんこ席

しかし、見つけました!! 愛犬と店内まで入れ、焼きはまぐりなど新鮮な魚介類が食べられる、ドッグフレンドリーな1軒を。それは房総、九十九里浜にある、海が見える立地の海鮮網焼き・磯料理・生いけす料理「浜茶屋網元」。千葉、八街にある一大ドッグリゾート、マリア御用達の「ドギーズアイランド」に勤務する、マリアのお友達Mさんの紹介です。ここの社長はとてもいい人で愛犬家でもあります。マリアたちをいっぱいかわいがってくれたよ。

3777
今回は御宿海岸にある「しぶごえ御宿海岸」へ“わんこと行くクルマ旅”をしたときのランチスポットとしてちょうどいい距離にあることもあって(東京からの中間地点)、おじゃましたというわけです。

5628aoyama
ランチタイムに訪問

3673
わんこ同伴席

1年中、温暖気候の房総、九十九里浜。東京を起点にした場合、地図で見るとけっこう遠そうですが、東関道→京葉道路→千葉東金道路→東金九十九里有料道路→九十九里ICと、ほぼ高速走行、約1時間で九十九里までアクセス可能。実はすっごく近いのです。だから焼きはまぐりを食べに行く!という目的の“わんこと行くクルマ旅”にもお薦めです。

2353
九十九里の海岸を疾走(マリアが)

九十九里ICを降りてからのアクセスも抜群。突き当たった通称やきはま街道を左折し、3分ほど走った右側に「浜茶屋網元」はありました。大きな看板と広い駐車場があるから分かりやすいわん。

階段を上り、いけすのある風情ある店内に入ると、なんと手前の広々としたお座敷すべてが、わんこOKスペース。人間専用のお座敷は奥の海側にあります。わんこ用のお水、お皿の用意もあり、マリアたちは、夏はテラス席になるデッキ越しの窓際のテーブルへ。

5601aoyama
手前のわんこ同伴お座敷

3676
奥の人間用お座敷

5603aoyama
窓際席でランチ

5609aoyama
デッキのテラス席(冬は閉鎖)

メニューは国産天然はまぐり(大)が名物で、ホタテ、サザエ、アワビはもちろん、最初の注文にぴったりの焼き貝セット(特大はまぐり2、小はまぐり2、サザエ2、ホタテ2/2名用)、そしてイワシの丸干し、極上ブタ焼きといった焼き物、お刺し身のほか、海鮮丼などの食事類も豊富。いけすにおみやげ用の貝類もありました。

3692
焼き貝セット

3708
新鮮なほたて

3695
イカ焼きもぜひ

暖かい季節は九十九里の海一望のテラス席も気持ちよさそうですが(テラス席では焼けません)、冬は店内の畳敷きのほかほか暖かいテーブル席でやきはまをいただけるのがわんこ連れには魅力。どうやらワンコ席の人気が高いというから、休前日や連休など混雑期は予約したほうがいいわんね。

マリアたちも焼き物をちょっぴりいただきましたが、どれも新鮮で、特製タレも絶品。「これぞ九十九里の美味!!」とパパもママも大感動。ただし、貝は焼いていると殻が飛び散ることもあるので、テーブルに犬が顔を出すと危険です。

5618aoyama
自分で焼きます

3732
サザエの壺焼き

3745
たまりません、快感

3748
絶品やきはまぐり

3734
タレにつけたイカも忘れずに

ララはおいしいにおいにつられ、下品にもテーブルに顔を乗せていたら、殻がバチッとハネてびっくり(もうしません、反省、とのこと)。
3771
椀ものも絶品!!

5621aoyama
これはしてはいけない例

3684
「いい子でいましょう」byマリア「はい」byララ

やきはまや新鮮な魚介類を店内で愛犬といっしょに食べられ配慮にパパもママも感謝です。もちろん、マリアたちも!!

◆「浜茶屋網元」
http://www.amimoto99.com/

P1070606-SLNYH@1
文/青山尚暉(あおやま・なおき)

ジャーナリスト。1956年東京生まれ。雑誌編集者を経験した後、フリーのモーター&トラベルジャーナリストに。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員も務める。愛犬家でもあり、ドッグライフプロデューサーとしても活動中。コンパニオンアニマルとしてのペットとのドライブ、ペットと泊まれる宿に関しても詳しく、Web、専門誌、一般誌などで「愛犬との快適安心な旅スタイル」を提言中。現在、ラブラドールレトリーバーのマリアと、ジャックラッセルのララと暮らしている。PETomorrowのほか、小学館ブックピープル、ONE BRAND、レスポンス、カートップなどでも愛犬とクルマ関連の記事を連載中。2016年4月には愛犬とのドライブ旅行の集大成となるムック本『愛犬と乗るクルマ』が発売されている。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。