小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スキーやスノーボードをしない理由TOP3、3位子どもが小さくて一緒に行けない、2位ゲレンデまで行くのが大変、1位は?

2022.03.02

冬のスポーツの代表的なものと言えばスキーやスノーボードがあげられる。冬季オリンピックでの日本選手の活躍も記憶に新しい。今回は、アソビューが全国で実施した「スキー・スノーボード」に関する調査(n=4,451)結果を紹介しようた。

雪が身近な地域では9割弱の人がスキー・スノーボードをしていた

大きく地域差が出る結果に

雪が降る地方か降らない地方かによって、ウィンタースポーツに対する親和性の結果に大きく差が出た。

関東では、「する」が12.90%、「以前していたが今はしていない」が55.89%、「ほとんどしたことがない」が31.29%となり、子どもの頃や学生時代、若い時にスキー・スノーボードを楽しんでいたものの、今はしていないという人が半数を超えている。

一方、雪が多く降る北陸・甲信では、「する」が89.80%と9割近くに上った。九州・沖縄では、生涯でスキー・スノーボードを「ほとんどしたことがない」と回答した人が61.40%と6割を超えている。

日本のスキー場数ランキングは、1位 長野県、2位 北海道、3位 群馬県となっているが、「北陸・甲信」が圧倒的にスキー・スノーボード人口が多く、「北海道・東北」「関東」と大きく差が開いている。

さらに、「する」と回答した人の中でスキーとスノーボードの割合は、「スキー」「スノーボード → スキー」と回答した人が52.0%、「スノーボード」「スキー → スノーボード」と回答した人が34.7%、「スキーもスノーボードもする」と回答した人が13.3%となり、スノーボード人口よりもスキー人口の方が多い結果となった。

スキー・スノーボードを始めたタイミングは、「大人になってから」が最も多く31.0%、続いて「子どもの時から」が30.4%、「学生の頃から」が29.9%となり、スキー・スノーボードを始めるタイミングはほぼ均等にばらける結果に。「親になってから」という回答も8.7%集まり、子どもと一緒に始める親も多くいることが分かる。

スキー・スノーボードをするシーン

・冬を感じられる遊びとして  27.00%
・趣味として  23.78%
・スポーツとして  19.30%
・冬の旅行先のメインコンテンツとして  10.41%
・子どもにさせておきたい経験として  9.52%
・アクティブなお出かけ先として  5.15%
・週末のお出かけ先として  3.12%

という結果となった。

「季節を感じられる」「冬の旅行先のメインコンテンツ」という季節のポイントのほか、冬だけ楽しめる「趣味」や「スポーツ」として楽しむ人も多いようだ。子を持つ親からは「子どもにさせておきたい経験として」という意見も多く見られた。

スキー・スノーボードを誰としますか?

・家族(小学生の子供を含む)  24.35%
・普段の友達、同僚  20.14%
・一人  16.81%
・家族(中学生以上の子供を含む)  13.58%
・彼氏、彼女、パートナー、夫婦  10.25%
・スキー・スノーボード仲間  8.53%
・家族(子供を含まない)  5.57%

小学生以下の小さな子供を連れた家族が一番多く、続いて普段の友達や同僚と行く人が多い結果となった。一人で行く人も16.81%と3番目に多くなっている。

ゲレンデを選ぶとき、どのようなところを気にしますか?

・ゲレンデの広さ・コースの充実度 (59.00%)
・子供向け、初心者向け施設の充実度 (14.78%)
・宿、温泉、食べ物など周辺施設の充実度 (11.13%)
・価格 (9.78%)
・上級者向け施設の充実度 (3.85%)

6割弱の人が「ゲレンデの広さ・コースの充実度」を重要視している。前の問いで「家族(小学生以下の子供を含む)」と一緒にスキー・スノーボードを楽しむという回答が一番多かったように、「子供向け・初心者向け施設」を求める声も多くなっている。

一方で、「以前していたが今はしていない」「ほとんどしたことがない」と回答した人の理由としては、

・機会がないから  31.36%
・ゲレンデまで行くのが大変だから  19.77%
・子どもが小さくて一緒に行けないから  9.69%
・体力的にきついから  9.25%
・苦手でうまくできないから   9.25%
・費用がかかるから  8.46%

という結果になった。

今後スキー・スノーボードをしてみたいと思いますか?

「以前していたが今はしていない」「ほとんどしたことがない」と回答した人のうち、6割以上の人が今後スキー・スノーボードをしたいと思っていることが分かった。

意欲はあるものの、「機会がない」「ゲレンデまで行くのが大変」と思っている人を、ゲレンデに呼ぶ機会と手軽さを提供できるかどうかが、今後ゲレンデに人を呼び戻す、あるいは新たな層の獲得のために必要だと言えそうだ。

■調査概要
調査期間:2022年2月17日〜2月21日
調査対象:アソビュー!会員
調査人数:4,451名
調査方法:インターネット調査

関連情報:https://www.asoview.com/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。