小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

春になる前に行きたい!雪見露天風呂を堪能できる宿おすすめ4選

2022.02.26

雪見露天風呂を堪能できるおすすめの宿泊施設4選

ブッキング・ドットコムが行なった調査では、日本の旅行者の70%は「普段とは異なる景色の場所に滞在することは心の充電に役立つ」と回答していることから、人々は新鮮な場所で非日常的な景色を眺め、リフレッシュが出来る旅を望んでいることが伺える。

日本では季節ごとにそれぞれの美しい景色を楽しむことができるが、寒い季節には、お湯に浸かりながら真っ白な雪景色を眺め、期間限定の雪見風呂を満喫する贅沢な旅に出かけてみてはいかがだろうか。

そこで、ブッキング・ドットコムは、雪見露天風呂を堪能できるおすすめの宿泊施設を最新のクチコミスコアとともに紹介する。

■蔵王国際ホテル(山形県、蔵王温泉)

https://www.booking.com/hotel/jp/zao-kokusai.ja.html

山形県蔵王温泉にある温泉リゾート蔵王国際ホテルは標高900mに位置し、蔵王の雄大な自然に囲まれているため、四季折々の絶景を楽しみながら滞在することができる。

冬季は蔵王の山並みが雪化粧をした姿を眺めながら100%源泉かけ流しの露天風呂を満喫することができ、雪見温泉を堪能したい旅行者にはぴったりの宿泊施設。

硫黄が多く含まれている乳白色の蔵王温泉は、美肌の湯として知られており、柔らかでなめらかな肌に導くと言われている。

また、7人同時に入れるサイズのお風呂やバリアフリーの貸切風呂も併設されているため、家族や恋人などとプライベートな空間で至極の時間を過ごすことができる。

(クチコミスコア10点満点中、8.7点を獲得)

■緑の風リゾート きたゆざわ(北海道, 伊達市)

https://www.booking.com/hotel/jp/midorinokaze-kitayuzawa.ja.html

北海道の雄大な自然に囲まれた緑の風リゾート きたゆざわは、150坪もある日本最大級の露天風呂や、森の中を歩きながら楽しめる20個の香り湯など様々なコンセプトの温泉を満喫できる宿泊施設。

冬には、どの露天風呂からも一面に雪がかかった木々の壮大な景色を楽しむことができる。開放感溢れる露天風呂に浸かりながら絶景を眺め、贅沢なリラックスタイムを過ごしてみてはいかが。

(クチコミスコア10点満点中、8.6点を獲得)

■赤倉観光ホテル(新潟県, 妙高市)

https://www.booking.com/hotel/jp/akakura-kanko.ja.html

標高1000mからの景色を眺めることができる露天風呂付き温泉大浴場が魅力の高原リゾート赤倉観光ホテルでは、赤倉温泉の源泉かけ流し温泉を堪能できる。

妙高山の中腹より自然噴出している天然温泉は、硫酸塩泉・炭酸水素塩泉の2つの成分を合わせ持った体にやさしい温泉。

また大浴場にはサウナとサウナデッキが併設されており、サウナデッキからは真っ白な冬景色を見渡しながら外気浴をすることができる。施設には露天風呂付き客室もあるため、プライベートな時間を楽しみたい旅行者にもおすすめだ。

(クチコミスコア10点満点中、9.4点を獲得)

■里山十帖(新潟県, 南魚沼市)

https://www.booking.com/hotel/jp/satoyamajujo.ja.html?activeTab=main

従来の旅館やホテルとは異なる「提案型施設」や「体感するメディア」としてグッドデザイン賞を受賞している里山十帖は、新しい体験と発見を求めている旅行者におすすめの宿泊施設。

施設内の露天風呂では、上信越国境の山々と冠雪した日本百名山のひとつ、巻機山を一望しながら湯処「天の川」でゆっくりとした時間を過ごすことができる。

雪見風呂の他にも、夜は満天の星空を見ながら贅沢な時間を堪能でき、美しい景色に魅了されること間違いなし。

(クチコミスコア10点満点中、8.8点を獲得)

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各自治体が発信している最新情報を確認の上、利用すること。

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。