小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

どれくらい得なのか?日産の電気自動車「リーフ」の充電時間と電気代をおさらい

2022.02.27

日産自動車は、2021年11月29日に行った長期ビジョン「Nissan Ambition 2030」で、

1.今後5年間で約2兆円を投資し、電動化を加速
2.2030年度までに電気自動車15車種を含む23車種のワクワクする新型電動車を投入し、グローバルの電動車のモデルミックスを50%以上へ拡大
3.全固体電池を2028年度に市場投入

すると発表しました。

【参考】日産自動車、長期ビジョン「Nissan Ambition 2030」を発表

また、トヨタ自動車も2030年にトヨタ・レクサスブランドでBEV(バッテリー式電気自動車)をグローバル販売で350万台にすると、2021年12月14日に発表。日本の自動車メーカーの電気自動車販売台数が、さらに拡大することとなります。

電気自動車、特にバッテリーを主な動力源とするBEVにとって、航続距離を伸ばすこと、充電時間の短縮は大きな課題です。

それではここで、日本を代表する電気自動車、日産「リーフ」により、電気自動車の充電時間を探ってみましょう。

日産「リーフ」の充電時間

日産「リーフ」は、搭載するバッテリーの容量で大きく2種類に分かれます。総電圧350Vのリチウムイオン電池の総電力量はそれぞれ、40kWhと62kWhになります。

自宅などでの充電用には、3kWの普通充電器と、6kW普通充電器が車載用として用意されます。

62kWhバッテリー搭載車には6kW普通充電器を標準装備、40kWhバッテリー搭載車には3kWの普通充電器を標準装備します。また、40kWhバッテリー搭載車には6kWの普通充電器がメーカーオプション設定されます。

さらに、別売の6kW普通充電器(壁掛型)を自宅に導入すると、グレードに関わらず6kW普通充電が可能です。

3kW普通充電器での充電時間は、62kWhバッテリー搭載車で約24時間半、40kWhバッテリー搭載車で約16時間が目安です。
※バッテリー温度が約25℃、バッテリー残量警告灯が点灯した時点から満充電までのおおよその時間(200V 15Aで充電)

また、6kW普通充電器での充電時間は、62kWhバッテリー搭載車で約12時間半、40kWhバッテリー搭載車で約8時間が目安です。
※バッテリー温度が約25℃、バッテリー残量警告灯が点灯した時点から満充電までのおおよその時間(200V 30Aで充電)

【参考】充電方法

日産「リーフ」の急速充電での充電時間

急速充電を利用した場合の充電時間は以下の通りです。

62kWhバッテリー搭載車で約60分、40kWhバッテリー搭載車で約40分が目安です。
※バッテリー温度が約25℃、バッテリー残量警告灯が点灯した時点から充電量80%までのおおよその時間。夏季・冬季には充電時間が長くなる場合があります

日産「リーフ」は一充電での走行距離はどれくらい?

では、一充電で日産「リーフ」はどれくらいの走行が可能でしょうか?

62kWhバッテリー搭載車では、WLTCモードで一充電走行距離458km、40kWhバッテリー搭載車のWLTCモードの一充電走行距離は322kmとなります。

【参考】航続距離・バッテリー

日産「リーフ」を充電したら電気代はいくらぐらいになるの?

日産「リーフ」の一充電の電気代はいくらぐらいになるでしょうか?

一般家庭での1kWhあたりの電気代は30円程度とされています。

30円/kWhで62kWhバッテリー搭載車、40kWhバッテリー搭載車を充電すると、

30円/kWh×62kWh=1860円

30円/kWh×40kWh=1200円

が目安となります。

電気代は契約プランや電力会社、原油価格などで変動しますので、あくまでご参考程度としてください。

日産ゼロ・エミッションサポートプログラム3(ZESP3)はどんな充電サービスなの?

日産ゼロ・エミッションサポートプログラム3(ZESP3)は、加入者専用のZESP3カード1枚で、日本全国のeMP充電スポットを利用できる充電サービスです。

無料充電付きの3つの「プレミアム」と都度課金の「シンプル」

ZESP3には、3種類の「プレミアム」と、利用するごとに課金される「シンプル」が用意されています。

例えば、「プレミア10」なら、急速充電10回が無料(1回あたり10分、トータル100分相当)となり、月額基本料金は4400円。3年定期契約料金も設定されており、その場合は月額2750円となります。

この100分相当の充電は、目安となる走行距離が800km以内となります。

それよりも走行距離が多い人は、月額基本料金6600円(3年契約なら月額4950円)で200分相当の急速充電が無料となる「プレミアム20」や、月額基本料金1万1000円(3年契約なら月額9350円)で400分相当の急速充電が無料となる「プレミアム40」も用意されます。

また、プレミアムプランでは、プラン以上(各100分、200分、400分以上)に充電する場合は、急速充電器使用の場合10分ごとの充電料金(各385円、330円、275円)が派生しますが、普通充電器を利用すれば、どれだけ使っても無料となります。

「シンプル」プランは、月額基本料金550円で、急速充電器の使用が10分あたり550円。普通充電器の使用では、1分あたり1.65円となります。

【参考】ZESP3

※データは2022年2月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/中馬幹弘

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。