小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

4つの水流が選べるReFaのシャワーヘッド「リファファインバブル S」人気の秘密

2022.02.17

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

超微細な2つの泡で汚れを取り除くシャワーヘッド「リファファインバブル S」

ここ数年、テレビCMなどでも見かけるようになった高機能シャワーヘッド。新型コロナの影響で“おうち美容”がクローズアップされる中、シャワーヘッド市場は急速に拡大している。

超微細な泡、塩素の除去、強力水圧など、高機能シャワーヘッドにはさまざまなタイプがあるが、2013年に発売されたコスメトリートメントシャワー「Obleu」の技術を継承し、開発を継続してきたのがReFa。

2020年に発売されたウルトラファインバブル、マイクロバブルの2つの超微細泡を作り出す「リファファインバブル S」は、昨年、美容関連の各賞を受賞し注目を集めている製品だ。

シャワーによる強い水圧、洗い残し、長時間に渡る入浴は、水の刺激が積み重なることにより、肌のバリア機能の低下、たるみ、毛穴の開き、くすみ、しみ、頭皮のふけ・かゆみなどの原因になりがち。毎日のバスタイムで水が肌に与える影響に着目し、毎日浴びる水を、美しさを磨くものに変えられないかという想いから開発をスタートした。

同社では水を刺激に変えない「ファインバブル」に着目。ファインバブルとはウルトラファインバブル、マイクロバブルの2つの泡の総称で、ウルトラファインバブルは約1µm(マイクロメートル)以下、マイクロバブルは約1~100µm以下と、ファインバブルは毛穴や髪の毛よりも小さい超微細な泡だ。下記は泡の大きさの比較で、左からウルトラファインバブル、マイクロバブル、通常の泡(※画像はイメージ)。

汚れは水をはじく疎水性という性質があり、バブルにも水をはじく疎水性があるため、バブルの持つ疎水性相互作用を利用して汚れを取るという仕組み。酸化した汚れにバブルがつくことで、水流だけで汚れを落とすことができる。

より小さなウルトラファインバブルが毛穴の奥の汚れまで取り除き、マイクロバブルが毛穴に詰まった頑固な汚れを取り除く。汚れ落としに着目して、すべてのモードで2つの泡が出るのは他社にはないReFaの強みといえる。

下記画像は「リファファインバブル S」(ミストモード)と通常のシャワーを同じ100秒あててファンデーションの汚れ落ちを比較したもの。ファインバブルで洗浄すると、肌のきめに入り込んだファンデーションがしっかりと落ちていることがわかる。

男性の悩みとして多いのが頭皮の皮脂汚れ。下記画像は30秒間ファインバブルと通常のシャワーをあてた結果。赤丸で囲っている箇所が皮脂汚れで、通常のシャワーでは毛穴の奥の汚れは残ったままだが、ファインバブルを使った場合は、30秒間でもしっかりと汚れが落ちていることがわかる。

頭皮のニオイ改善の検証でも、8名の男女がファインバブルを1回使用し、ニオイの評価をした結果、ほぼすべての人に頭皮のニオイの改善を感じることができた。

シャワーをした後は肌が乾燥しがちだが、ファインバブルを使った場合、使用直後の肌の角質成分の水分量が約36%アップしている。

角質水分量測定、皮膚粘弾性測定による4週間使った時の乾燥改善の検証でも、肌のきめが整ってきて乾燥の改善が見られ、2週間、4週間と使い続けることにより、古い角質汚れをケアして肌の明るさがアップすることがわかった。

ファインバブルと水道水を、同じ量の洗顔剤と水を使って攪拌したものを比較すると、ファインバブル水の方が圧倒的に泡立ちが良く、約3分間行ったところ、約3倍の泡立ちになった。シャンプーでも同じ効果を確認。「リファファインバブル S 」を使用することで少ない洗浄剤で泡立ちが良くなるため、環境にもお財布にもやさしいという結果に。

「リファファインバブル S」では4つの水流が選べるが、おすすめはミストとジェット。ミストは流径の小ささにこだわり、心地よさが感じられるモード。ふんわりと包み込むようなミストの水流で、顔や敏感肌の人、赤ちゃんにも安心。

男性は顔にシャワーをあてて流す人が多いが、強い水圧を顔に当てると毛穴のたるみの原因につながるので、ふんわりとやわらかい水流のミストモードなら、肌のケア、毛穴ケアや肌の水分量アップが期待できる。全身にくまなく浴びる、仕上げに浴びるという人も多い。

ジェットモードのおすすめは頭皮。頭皮のニオイに悩む男性も多いが、原因は頭皮の皮脂が落とし切れていないこと。ジェットモードの強い水圧で洗った後はすっきりとした感じがあり、「爽快感が気持ちいい」というユーザーも多く、肩やふくらはぎにマッサージのように使うこともできる。

パワーストレート(下記左)は強めの水流で、広範囲の肌を一気に洗い流せるので使いやすい。ストレート(同右)は全身に使えるモードで、一番マイクロバブルを出すので、後述するシルキーバスを素早く作ることができる。

肌表面温度アップで湯冷めしにくい「シルキーバス」

体を長く温めることができるバスタブでの入浴は心身ともにリラックスできるが、寒い時期におすすめの入浴法が「リファファインバブル S」のファインバブルを使った「シルキーバス」。通常通りの量でお湯を張ったバスタブに、ストレートモードの「リファファインバブル S」を約1分入れる。(※動画は「リファファインバブル ワン」使用のもの)

給湯器や温度環境で白くなりにくい場合もあるが、ファインバブルはしっかりと出ているのでご安心を。マイクロバブルは1分ほどで消えてしまうが、ウルトラファインバブルは2日~2週間と長い間水中に保たれるので、入浴中はゆっくりファインバブルを楽しめる。入浴剤との併用も可能。

シルキーバスに入ると、温泉のようなつるんとした肌触り。バブルが肌表面で動いていることで、より水が角質の中に入りやすくなり、肌の中にうるおいがしっかり残る。

温浴効果を検証した実験では、シルキーバス入浴前と比べて入浴後は肌表面温度が16%アップ。シルキーバスでは大量のファインバブルが肌につくことで、肌表面でバブルが動き続け、バブルが肌に付着して微細な刺激を与え続けることで、通常の入浴よりも体を長く温め続けると感じる人も多い。ユーザーから「入浴後も身体のあたたかさが続く」「湯冷めしにくい」といった声が寄せられている。

【AJの読み】ファインバブルは老若男女を問わず、ペットまで気持ちよくさせる!?

「リファファインバブル S」は現状のシャワーヘッドを付け替えるだけのワンステップ。工事が要らないので手軽に導入できる。美容系のメディアでもこぞって話題になっていたが、理由はやはり効果が実感できる人が多いということのようだ。

「洗ったあとすっきりした感じがある」と感じるユーザーが多く、ファインバブルによってしっかりと頑固な汚れを落とせることで、肌のツヤ・ハリにつながっていくと考えられる。

また、口コミで多いのが「夫の頭皮のニオイが気にならなくなった」。先にもデータを紹介したが、頭皮の皮脂汚れをしっかりと落とすことで、ニオイの悩みも改善しているようだ。

洗浄力で臭いやかゆみが改善されたと口コミで広がり、ペットを洗うときにも「リファファインバブル S」を使う人も増えている。実際に獣医師が1か月間試したところ、汚れ落ちの効果によって、体臭や毛質、かゆみの改善が見られたとのこと。犬アトピー皮膚炎の原因になる菌の抑制も確認され、洗浄剤を使いたくないという飼い主さんにも好評だとか。

文/阿部純子

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。