小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【カブガールが行く】「HondaGO RIDE」アプリで好きなバイクを借りる方法

2022.02.20

憧れの一台をレンタル!ホンダ公式アプリ『HondaGO RIDE【カブガールが行く】

いつかは乗ってみたい!と思いつつ、発売から2年近くが経過してしまったハンターカブ。

なんと、ホンダ公式アプリ『HondaGO RIDE』を使えば超簡単にレンタルすることができました!こんなに簡単なら、もっと早く使ってみればよかった~!

スマホで簡単に予約できちゃうんです

これまで、「レンタルバイクは面倒くさい」というイメージを持っていました。というのも料金やシステム、バイクの状態などがお店によってバラバラだったから。評判をチェックしたり、料金を比較したりと確認すべきことがたくさんあったのです。
しかし、それはもう過去の話。

今回私が使用したのは、ホンダの公式アプリ、『HondaGO RIDE』。
何に驚いたかって、HondaGO RIDEの機能を使えば、ホンダドリームを中心とした全国250以上の店舗にて、簡単・リーズナブルにバイクを借りることができるのです。そしてなんと、レンタル対象となっているバイクは現行車種のほぼすべて!(店舗によって車種に限りがあります)

レンタル料金の一例はこんな感じ。

試乗程度の短時間プランからガッツリ泊まりがけのプランまで、用途に合わせて時間を選択することができるのもかなり便利。気になる車両を気軽に試せちゃいます。

実際にハンターカブを借りてみる

さて、さっそくハンターカブをレンタルしてみましょう!

まずは準備として、App StoreまたはGoogle PlayよりHondaGO RIDEアプリをダウンロードします。そして名前や住所といった基本情報を入力すれば……5分ほどで会員登録が完了!

ハンターカブをレンタルできる場所を探してみましょう。検索方法は「車両から探す」「店舗から探す」の2通りがあります。

ハンターカブを「車両から探す」場合は排気量に51125㏄、車種名にCT125・ハンターカブを指定して検索ボタンをタップ。なんと169店舗が貸し出しをしていました。さすが人気車種、全店舗の7割近くのお店が取り扱っているようです。

店舗を順番に見ていくと、以前よりお世話になっているバイクショップ、ナナカンパニーさんでも取り扱いをされているのを見つけました。よし、ここで借りよう!

予約ボタンをタップすると、日程、時間、保険の有無などの設定画面に移行します。

保険の種類は「車両保険」と「車両保険+安心保障GO」の2種類。後者の安心保障GOに加入すれば、立ちゴケでの修理にも自己負担金ナシで対応できます。普段バイクに乗る機会が少ない方や、足つきなどで不安がある方は安心保障GOへの加入がオススメ。

私は万が一の事故に備え、車両保険をつけました。金額は1454円。安心が買えると思えば安いもんです!(保険の金額は車両によって異なります)

ちなみに任意保険とロードサービスは基本のレンタル料に含まれているというのも、HondaGO RIDEの安心ポイントです。

最後に免許証情報を入力すれば、予約は完了!初めてでも10分ほどで予約ができました。

料金の支払いはクレジットカードのみ。予約時に仮決済を行い、レンタル当日、店舗にて本決済を行う流れです。

アプリの操作はかなり簡単な印象で、普段からスマホを使っている方であれば特に問題なくサクサク使えると思います。

なによりレンタル・保険の金額が明瞭なのが嬉しい!レンタルバイクを利用する上での不安がほとんど解消されている印象を持ちました。

欲を言えば、車種と住所、両方を組み合わせて探すことができればもっと使いやすいかな

レンタル当日の流れをご紹介

レンタル当日。やってきました、ナナカンパニー!相変わらずカブや小型バイクがたくさん、見ているだけで楽しい店内です。

予約内容や注意事項などの確認があるため、特に初めてのレンタルの場合は、予約時間の30分前ぐらいに到着するのがオススメ。ひとつひとつ丁寧に確認してチェックの印を記入します。

一通り確認が終わったら注意事項説明書と貸渡契約書にサイン。そしてスマホを使い、オンライン決済で利用料金を支払います。

契約・保険の書類やマニュアルが入ったファイルを受け取れば、以上で手続きは完了です!

ハンターカブって思っていたより大きい!

ついに実車とのご対面です。まずは操作方法について説明を受けたり、車両の外装を確認したりします。

詳しくは次回の記事でご紹介しますが、クロスカブとは似ているようで全然違うバイク。給油方法やサイドスタンドのセンサーなど、注意点をいくつか教えていただきました。

それにしても……近くで見るハンターカブ、思っていたよりも大きい!

ドキドキは最高潮。いよいよツーリングに出発します!

次回の【カブガールが行く】では、ハンターカブで丸一日ツーリングに出かけてみた感想をお伝えします。普段乗っているクロスカブとの違いも含めてレビューしますので、どうぞお楽しみに!!

【関連記事】
【カブガールが行く】HondaGO RIDEでレンタルした「ハンターカブCT125」を林道インプレッション

HondaGO RIDEについての詳しい情報はこちら(https://hondago-bikerental.jp/
取材協力:ナナカンパニー

文/高木はるか

アウトドア系ライター。つよく、しぶとく、たくましくをモットーにバイクとキャンプしてます。 愛車はversys650、クロスカブ110、スーパーカブ90。

高木はるかの記事は下記のサイトから
https://riding-camping-haruka.com

編集/inox.


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。