小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

各社から続々登場!メタバースを体験できる最新VRデバイス6選

2022.02.14

2/16発売のDIME4月号は話題の「メタバース」を大特集! 本記事では発売に先駆け、VRゴーグルの最新モデルを解説していきます。

【オンラインで購入する】

 ◆Amazon  ※再入荷しました!

www.amazon.co.jp/dp/B09R3BKJH3

◆楽天ブックス  完売しました

◆セブンネット 完売しました

現在、VRゴーグルとして最も売れているMeta『Quest 2』に続くように、様々なデバイスの開発が進んでいる。それぞれの特徴を、VR機器に詳しい久保田瞬さん(Mogura)が解説。各デバイスに関する期待値、先進性、実現度(発売されるまでの早さ)、値頃感(発売時の予想)についても評価してもらった。

体感レベルをアップさせる〝三種の神器〟

メタバースのコアユーザー向けに登場したのが、パナソニックで開発が進められ、同社傘下のShiftall(シフト―ル)が今春発売予定の国産VRヘッドセット&アクセサリーだ。眼鏡型のVRヘッドセット『MeganeX』は両目で5Kの解像度を誇り、HDRにも対応。小型軽量でありながら性能はピカイチだ。ほかにも、メタバース内の温度が伝わる『Pebble Feel』と、周囲への声の漏れを防ぐ『mutalk』も商品化。3つセットで使えば、周囲を気にせずに、没入感がさらに高いメタバースを楽しめそうだ。

Shiftall
『MeganeX(メガーヌエックス)』
販売予定価格10万円未満

ゲームプラットフォーム「SteamVR」に対応し、幅広いメタバースを利用可能。スピーカー内蔵のフレームはコンパクトにたためる。リフレッシュレートは120Hzで、映像はなめらか。USB-Type CまたはDisplayPort+USB 2.0の有線ケーブルでPCにつないで使う。

Shiftall
『Pebble Feel(ぺブル フィール)』
販売予定価格2万円前後

小ぶりな本体には高性能ペルチェ素子を含み、冷却(最低9℃)と加熱(最高42℃)に対応。SteamVR用のアドオンとの連携によって、例えば「VRChat」のようなメタバース空間内における寒さや暑さを感じられるようになる。最長使用時間は、冷却モード「中」の場合で約15時間程度。

Shiftall
『mutalk(ミュートーク)』
販売予定価格2万円前後

音漏れ防止機能付きのBluetoothマイク。口元をすっぽり覆って声をしっかりと遮断するので、メタバース内でのボイスチャットや会話がしやすい。メタバース以外に通常のビデオ会議でも重宝する。ヘッドバンドが付属するため、ハンズフリーでも使用可能だ。連続で最長10時間使える。

ゲームプラットフォーム発の先進ヘッドセット

ゲームプラットフォーム「Steam」を運営しているValveの次世代デバイスとして、登場が噂されているVRヘッドセット。〝Deckard〟というコードネーム名でしかなく、公式に発表もされていないが、ワイヤレスでPCにつなぐ、または一体型になるとの予想だ。どのようなヘッドセットになるのか続報に期待!

Valve〝Deckard〟
価格未定

Valveが展開している現行VRヘッドセット『Valve Index』(6万9080円)(上写真)は、最大130度の視野角と高精細な映像による没入感の高さが圧巻。〝Deckard〟ではどんな進化を遂げるのか。登場するのが待ち遠しい。

表情の動きを高精度にトラッキング!

『Quest 2』が好調なMetaが開発を進める次世代VRヘッドセットの大本命。スタンドアローンで使える一体型だが『Quest 2』の後継機ではなくハイエンドデバイスになるらしい。2021年10月に発表され、発売時期は未定だ。

Meta『Project Cambria』
価格未定

現段階で公開されているのは、視線や顔のトラッキング機能が搭載されること。ユーザーとアバターの表情がよりシンクロするようになるほか、AR機能も強化される模様だ。

ゲームのバーチャル体験がさらに進化!

「CES 2022」にて予告された『PlayStation VR2』は『PlayStation 5』対応の次世代VRヘッドセット。有線ケーブルで『PlayStation 5』と接続する点は変わらず、トラッキング性能が飛躍的に向上する模様だ。発売は2022年以降。

ソニー『PlayStation VR2』
価格未定

両目にはそれぞれ4K/HDRのディスプレイが備わる予定。告知されている対応ゲームの映像を見るに〝PS VR2〟の体験は従来機とは比べものにならないものになりそうだ。

2月16日発売のDIMEは「メタバース超入門」を大特集!

【オンラインで購入する】

 ◆Amazon  ※再入荷しました!

www.amazon.co.jp/dp/B09R3BKJH3

◆楽天ブックス  完売しました

◆セブンネット 完売しました

取材・文/久保田瞬(Mogura)


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。