小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

iPhoneで撮った写真を同期してバックアップをとる方法

2022.01.31

おいしそうな料理の写真や、家族の写真などを、iPhoneで手軽に撮影しているという人は、「同期」の機能を使えば、簡単にバックアップできることをご存じでしょうか。

今回は、iPhoneを使ってのバックアップ方法や、複数のアップル製品を同期して写真のデータを保存しておく方法を紹介していきます。

突然iPhoneの電源が入らなくなってしまった……といった事態が起きても、この作業を行っておけば安心なので、ぜひ参考にしてみてください。

1台のiPhoneで写真のバックアップを取るなら「iCloud」がおすすめ

iPhone以外のアップル製品を持っていない場合は、iCloudを使ってバックアップするのがおすすめです。設定方法は下記の通り。なお、画像はiOS 15をインストールしたiPhone 13 Proのものになります。

・設定アプリを開き、一番上の「Apple ID」をタップ(ログイン済みの場合は、Apple IDのアカウント名が表示されています)。続いて「iCloud」に進む。

・「写真」に進み、「iCloud写真」にチェックマークを付ける。

以上の操作で、iPhoneで撮影した写真/動画は自動的にiCloudにアップロードされます。新しいiPhoneに機種変更した場合も、同一のApple IDでログインすることで、写真/動画データは同期されます。

iPhoneの写真をiCloudで同期する場合は“保存容量”に注意

iCloudで写真/動画を同期する方法を紹介しましたが、1つのApple IDに保存できるデータ容量は、無料プランの場合5GBまでと制限があります。

5GB以上のデータを同期/バックアップしたい場合には、有料サービスの「iCloud+」に加入するのがおすすめ。利用できる保存容量によって料金は変わりますが、最小容量の50GBプランは月額130円と比較的安価なため、手軽に利用できるのがポイントです。

【参考】iCloud+のプランと料金

iPhoneの写真をパソコンと同期する時には「iTunes」を使うと簡単!

iPhoneで撮影した写真/動画をパソコンと同期する場合には、iCloudを使用するほかに、iTunesでの利用も可能です。実はiTunesは、Windows OSを搭載したパソコンでも、「Microsoft Store」からアプリをインストールすることで利用が可能となっています。

今回は、Macシリーズのパソコンを使って、iPhoneに保存している写真/動画を同期していきます。

・USBケーブル、USB-Cケーブル、またはWi-Fiを使用してiPhoneとMac製品を接続する。

・パソコン上でiTunesを開き、左上付近にある「デバイスボタン(スマートフォンのアイコン)」をクリックする。

・「写真を同期」を選択し、アルバムまたはポップアップメニューを選ぶ。

・「すべてのフォルダまたはアルバム」を同期するか、「選択したフォルダまたはアルバムのみ」を同期するかを選択する。

・「適用」をクリックする。

以上の動作で、iPhoneで撮影した写真/動画を、Macシリーズと同期できます。なお、WindowsパソコンでiPhoneのデータをバックアップする方法は、別の記事で紹介しているので、下記URLを参考にしてみてください。

【参照】iPhoneの大切なデータをWindowsパソコンやiCloudでバックアップする方法

MacシリーズからiPhoneに写真を手動で同期するなら「Finder」が便利

今回紹介する内容とは逆に、Macシリーズに保存している写真ファイルを、iPhoneやiPadに同期したい場合には、Finderを使うのがおすすめです。

・Mac製品でFinderウィンドウを開き、iPhoneやiPadとUSBケーブルで接続する。

・iPhone/iPadのロックを解除する。

・Finderウィンドウのサイドバーに接続したデバイスが表示されるので、クリックする。

・「デバイスを信頼する」をクリックする。

・デバイス情報の下にある「写真」タブをクリックする。

・「デバイスとの写真の共有元」の横にあるチェックボックスを選択し、「写真」または Mac 上のフォルダを選択する。

・写真とアルバムをすべて同期するか、選択したアルバムのみを同期するかを選択する。

・ウィンドウの右下隅の「適用」ボタンをクリック。同期が始まらない場合には「同期」をクリックする。

iPhoneに保存している特定の写真/動画を同期するなら「AirDrop」を使ってもOK

iPhoneに保存している写真や動画の内、特定のデータを別のアップル製品と同期したいのであれば、AirDropという機能を使うこともできます。

AirDropを使う場合は、写真/動画を保存しているiPhoneと、同期したいデバイスがどちらもBluetoothやWi-Fiの通信範囲内と考えられる、近距離に置いておきましょう。また、「インターネット共有」機能はオフにしておきましょう。

・iPhoneで写真アプリを開き、右上の「選択」をタップする。

・同期したい写真/動画のすべてにチェックマークをつけ、左下の「共有ボタン」をタップ。

・「AirDrop」をタップする。AirDropを使って共有できるデバイスの一覧が表示されるので、任意のデバイスをタップする。

以上の動作で、AirDropを使って写真や動画ファイルの同期が行えます。

※データは2022年1月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。