小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「iPhone SE」の第3世代が発売されるのはいつ?現行モデルとiPhone 13のサイズを比較してみた

2022.01.27

iPhoneシリーズの中でも、現行のハイエンドモデル「iPhone 13」「iPhone 13 Pro」シリーズに対し、廉価モデルとして比較的安価に購入できる「iPhone SE(第2世代)」は、唯一のホームボタン採用モデルということもあり、Touch IDによる指紋認証が行えるなどの理由から、多くの支持を集めているモデルです。

2022年の春ごろには、第3世代のiPhone SEが発売されるのか? という噂もあり、行く末が気になるところですが、今回は、改めてiPhone SE(第2世代)と、「iPhone 13」「iPhone 13 mini」のサイズやスペックを比較してみたいと思います

じっくりとiPhone SE(第2世代)とiPhone 13シリーズを見比べることで、「iPhone SE(第3世代)」がどのような製品になるのか、イメージができてくるかもしれませんよ。

本体サイズは、iPhone 13 mini<iPhone SE(第2世代)<iPhone 13の順

iPhone SE(第2世代)の本体サイズは高さ138.4mm×幅67.3mm×厚さ7.3mm、質量は148gとなっています。

一方、iPhone 13は高さ146.7mm×幅71.5mm×厚さ7.65mmで質量173g、iPhone 13 miniは高さ131.5mm×幅64.2mm×厚さ7.65mmで質量140gとなっています。

厚さを除き、本体サイズや質量はコンパクトな順からiPhone 13 mini、iPhone SE(第2世代)、iPhone 13となっていることがわかります。廉価モデルであるiPhone SE(第2世代)にはコンパクトなイメージこそありますが、実際はiPhone 13 miniのほうが小さくなっているのですね。

ディスプレイの大きさ/性能に大きな違いが見られるiPhone SE(第2世代)とiPhone 13/13 mini

続いてディスプレイサイズや性能について見ていきましょう。iPhone SE(第2世代)のディスプレイサイズは4.7インチで、IPSテクノロジー搭載ワイドスクリーンLCDディスプレイを採用。解像度は1334×750ピクセルで、コントラスト比は1400:1となっています。

iPhone 13はディスプレイサイズが6.1インチ、解像度2532×1170、iPhone 13 miniはディスプレイサイズが5.4インチで解像度2340×1080。2モデルともにオールスクリーンOLED(有機EL)ディスプレイで、コントラスト比が200万:1となっています。

現行のハイエンドモデルであるiPhone 13/13 miniのほうが高解像度になっているのはもちろん、本体サイズはiPhone SE(第2世代)よりもiPhone 13 miniのほうが小さいにも関わらず、ディスプレイサイズでは逆転しています。

これは、iPhone SE(第2世代)は上部に厚いベゼル、下部にホームボタンを採用しているのに対し、iPhone 13 miniはノッチを除き、極薄ベゼルのディスプレイを採用しているためです。

噂となっている、新型iPhone SE(第3世代)が順当な進化を遂げるのであれば、ホームボタンを廃止したデザインになっても不思議ではありません。

ただし、現在Apple Storeで販売されているiPhoneシリーズとしては唯一、コロナ禍で需要が高まるTouch IDに対応しているのがiPhone SE(第2世代)であることを踏まえると、ホームボタンを残した形で性能のアップグレードをする可能性も十分考えられるでしょう。

iPhone SE(第2世代)は当時の最新チップセットを搭載!

搭載チップセットは、iPhone SE(第2世代)が「A13 Bionic」、iPhone 13/13 miniが「A15 Bionic」となっています。

いずれのチップセットも、「2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した新しい6コアCPU」「4コアGPU」を搭載していることが明記されていますが、各コアの性能比については不明。ただし、2世代分の差があることは十分考えられます。

また、機械学習(AI)性能に関わる「Neural Engine」は、A13 Bionicが8コアなのに対し、A15 Bionicが16コア。純粋に2倍のコア数となっているので、性能差がはっきり表れる部分かもしれません。

頭に入れておきたいのは、iPhone SE(第2世代)は2020年4月15日に発表されており、「A13 Bionic」は当時の最新チップセットだった点。このことから、もし2022年春ごろにiPhone SE(第3世代)が登場するのであれば、iPhone 13シリーズと同じく「A15 Bionic」が搭載されると考えられます。

また、気になるのはiPhone SE(第3世代)で5G通信に対応するのか否かでしょう。こちらも確実な情報は出ていませんが、アップルとしては2020年発売の「iPhone 12」シリーズ以降すべてのiPhoneで5G通信に対応しているので、新しい廉価モデルでも5G通信に対応する可能性は十分にあるでしょう。

iPhone SE(第2世代)はシングル、iPhone 13/13 miniはデュアルカメラシステムを採用

背面カメラは、iPhone SE(第2世代)が12MP 広角 f/1.8絞り値のシングルカメラなのに対し、iPhone 13/13 miniは12MP 広角 f/1.6、12MP 超広角 f/2.4のデュアルカメラシステムを採用。2倍の光学ズームアウト撮影が可能です。

そのほか、ナイトモードの有無やAIによる処理の違いなど、レンズの大きさや数からもわかるように、背面カメラの仕上がりには大きく違いがあるようです。

iPhone SE(第3世代)が、もしホームボタンを採用するのであれば、iPhone 8以前のデザインがベースになると考えられるため、継続してシングルレンズになる可能性は十分あるでしょう。

※データは2021年12月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。