小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

復縁するのに効果的な冷却期間はどれくらい?

2022.02.12

冷却期間を持つことで、復縁できる可能性が高まります。その理由と併せて、復縁に必要な期間や過ごし方を紹介します。冷却期間後のアプローチ法やデメリットも把握し、自分が望む結果になるように最善を尽くしましょう。

復縁に冷却期間が効果的な理由

別れた後も相手のことが忘れられず、よりを戻したいと考える人は少なくありません。復縁するには、冷却期間を持つことが効果的といわれています。なぜ効果的なのかについて紹介します。

頭を冷やして考える時間が持てる

どのような経緯があったとしても、誰でも別れた直後は気が動転して、物事を冷静に見ることができないものです。相手と距離を置くことで、頭を冷やして考える時間を持てるのが大きなメリットになります。

すぐに復縁したいと考える人もいるかもしれませんが、大切なのは心が離れてしまった原因や自分の気持ちを整理することです。冷静さに欠けた状態では、「これからどうしたいのか」「本当に相手との関係を修復したいのか」など、自分を見つめ直すこともできません。

そのような状態では、たとえ元の関係に戻れたとしても、また同じことを繰り返してしまうでしょう。冷静になって自分と向き合うことは、復縁するための大切なステップなのです。

悪いイメージをリセットできる

ネガティブなイメージをリセットできるというメリットもあります。別れるということは、多くの人にとって大きな決断です。振られた側にしてみれば唐突な別れに思えても、別れを切り出した側にとっては、悩みに悩んで決断に至ったというケースも少なくありません。

傷ついたりつらい思いをしたりしていることも多く、別れにはネガティブなイメージが付きまとうものです。そのため、すぐによりを戻そうと行動を起こしても、思うような結果に結びつかないことが珍しくありません。

時間を空けることで悪いイメージが薄れ、リセットされやすくなるでしょう。

別れの原因を冷静に考えられる

別れの原因を冷静、かつ客観的に考えられるのも大きなメリットです。復縁を望むのであれば、再び同じことを繰り返さないためにも大切なプロセスになります。

「根本的な原因はなんだったのか」「どうすれば別れを回避できたのか」「問題は解決できるのか」など、じっくり1人で考える時間が持てます。

また、別れには悲しみが伴いますが、果たして自分にとってマイナスなことなのか考えることも大切です。「本当に必要な存在なのか」「関係の修復でお互いによい影響があるのか」など、別れた原因から2人の関係を俯瞰的に見つめ直し、ベストな決断ができるようになるでしょう。

冷却期間はどれくらい必要?

(出典) photo-ac.com

復縁するためには、どのくらいの冷却期間を置けばよいのでしょうか?一般的な期間や、気を付けたい点も紹介します。

一般的には3カ月程度

3カ月程度、時間を空けるのが一般的とされています。これは人がショックや悲しみから立ち直り、冷静さを取り戻して適切な判断ができるようになるまでの目安といわれている期間です。

ただしあくまでも目安で、実際には状況や性格などによってケースバイケースでしょう。

例えば、ささいな口論がエスカレートして、つい勢いで別れを切り出してしまったという状況もあり得ます。このような場合は、お互いに本気で別れたいと思っているわけではないため、それほど時間を置く必要はないでしょう。素直な気持ちを話せば元の関係に戻れる可能性が高いといえます。

焦りは禁物ですが、状況を見極めて臨機応変に対応しましょう。

自分が振られた場合は気長に待とう

振られた場合は、相手の気持ちがすでに自分に向かっていないため、ある程度時間が掛かります。状況によりますが、3~6カ月が目安です。

相手に好きな人ができたことが別れの原因というケースもあるでしょう。別れた後、すぐに新しい恋人ができることもあります。相手が別の人に夢中になっている状態で再び振り向いてもらうのは難しいため、気長に待つ姿勢が大切です。

取り戻したという焦りから「連絡を取りたい」と考える人もいるかもしれませんが、「面倒くさい」「うざい」と思われるリスクもあるため気を付けましょう。チャンスが訪れるのを待つことが大切です。

1年以上の冷却期間は逆効果も

期間を空ければ空けるほど、より効果的というわけではありません。状況にもよりますが、1年以上だと復縁できるチャンスが少なくなるため注意しましょう。

1年もの間、何の連絡も取らずにいると「過去の思い出」のような状態になり、忘れられてしまうことが珍しくないためです。それだけ期間が空けば、相手に好きな人がいたり恋人ができたりしていることも考えられ、関係を修復するのも困難になります。

また、期間が空けば空くほど、連絡を取ったり行動を起こしたりするタイミングがつかみにくくチャンスを逃しやすいというデメリットもあります。適度な距離感を保ちつつ、期間を空け過ぎないように心掛けましょう。

復縁を叶える冷却期間中の過ごし方

(出典) photo-ac.com

冷却期間は、ただ時間を空ければよいというわけではありません。復縁するための期間なので、どのように過ごすかが大切です。意識したいポイントを紹介します。

自分の内面・外面を磨く

良い意味で「変わった」と思ってもらうために、内面や外見を磨くように心掛けましょう。相手にアプローチするときに、「以前と何も変わってないな」「成長していない」と思われてしまうと、また付き合いたいと思ってもらえる可能性が低くなります。

自分磨きのために、空いた時間を新しいことや趣味に費やすのもおすすめです。例えば、読書をしたり芸術作品に触れたりすると感性が磨かれます。

料理の腕を磨いたり、語学の勉強をしたりするのもよいでしょう。運動や美容を意識すれば外見的にも変化し、今までと違う自分に出会えるかもしれません。

別れた原因を改善する

どのような別れ方だったとしても、一方だけに非があるわけでなく、お互いに至らなかった点があるはずです。例えば、口論が絶えなかったことが理由の場合は、お互いに相手を思いやる気持ちに欠け、わがままだったことが原因かもしれません。

復縁したときに同じことを繰り返さないためにも、過去を振り返りじっくり自分を見つめ直す時間を持つことが大切です。至らなかった点が明確になれば、改善するためにはどうすればよいのかが分かります。

あなたがマイナス面を改善し成長したということが相手に伝われば、「もう一度やり直したい」と思ってもらえる可能性が高まるでしょう。

相手に連絡するのはNG

冷却期間中に相手と連絡を取らないようにすることが大切です。

特に振られた場合は、「考え直してほしい」「関係を早く修復したい」という気持ちが強くなり、すぐに連絡を取ってしまう人も少なくないでしょう。

しかし、過去を振り返る時間もない状態で復縁を迫っても、よい結果に結びつく可能性は高くありません。

相手の立場からすれば、もう関係を続けたくないという思いから別れを告げたのです。自分の気持ちを押し付けても、「別れたのにしつこい」「全く分かってないな」と、逆にネガティブなイメージを植え付けてしまうこともあるため注意しましょう。

冷却期間後のアプローチのポイントは?

(出典) photo-ac.com

頃合いを見てアプローチをするときは、どうすればよいのでしょうか?復縁を成功させるために意識したいポイントをまとめました。

まずは軽いノリで連絡してみる

久しぶりに元恋人から連絡が来ると身構えてしまうことが多いため、まずはカジュアルに軽いノリで連絡するのがおすすめです。感情的になってしまうと、重いと思われ避けられる可能性もあります。

相手の心情が分からない状態なので、電話よりもLINEやメールでサラッと連絡するほうがよいでしょう。例えば、「久しぶり!元気?」「最近どうしてる?」という感じです。「仕事はどう?」など日常生活のことを聞くと、相手も気兼ねなく返信しやすいかもしれません。

文章が長すぎると、相手が引いてしまったり、返信が面倒だと思われてしまったりすることもあるため、内容だけでなく長さにも注意しましょう。

しつこくせず余裕を持った対応をする

連絡したのに音沙汰がないと不安になるものですが、焦らず余裕を持った対応を心掛けることが大切です。

すぐに返信がないのは、迷っているか脈がないかのどちらかの可能性が高いです。いずれの場合も、しつこくすると相手に引かれてしまうリスクがあるでしょう。

特に返信するか迷っているときに何度も連絡をすると、ガツガツした印象を与えてしまい逆効果になることがあります。

相手から返信が来たときは、脈がある可能性が高いといえるでしょう。軽いノリで食事などに誘えば、会えるチャンスがあるかもしれません。

冷却期間のデメリットも知っておこう

(出典) photo-ac.com

冷却期間にはデメリットもあります。「こんなはずではなかった」と後悔することのないように、実践する前にデメリットについても把握しておきましょう。

相手に恋人ができる可能性

連絡を取り合わない期間中に、相手に恋人ができたり好きな人ができたりする可能性があります。必ずしもフリーでいるとは限らない点がデメリットです。

過去をスパッと断ち切り前に進む人もいますし、積極的に新しい恋人を探す人もいます。モテる人の中には、フリーになった途端にアプローチされる人もいるでしょう。

復縁のチャンスを逃してしまわないように、連絡をする頃合いを見極めることが大切といえそうです。

相手への気持ちが冷めてしまうことも

時間とともに相手への気持ちが冷めてしまうことも珍しくありません。別れた直後は相手に未練があっても、冷静になってみると気持ちが変わることがあります。

また、復縁したいという気持ちが、単なる相手への依存であると気付くこともあるでしょう。

積極的に自分磨きに励むことで気付いたら元恋人のことを思い出さない日があったり、習い事を始めたら話の合う気になる人ができたりすることもあるものです。

人は日々、成長し変わるものなので、気持ちが冷めることは決して悪いことではありません。自分の気持ちに素直に向き合うようにしましょう。

構成/編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。