小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ギフトに贈ると彼女が喜びそうなファーウェイのリップスティック型完全ワイヤレスイヤホン「FreeBuds Lipstick」

2022.01.27

ファーウェイは、コスパに優れたスマートフォンで日本でも知名度を上げ、近年はスマートウォッチやワイヤレスイヤホン、パソコン周辺機器を多数展開しています。そして、2021年12月17日に、これまでの完全ワイヤレスイヤホンとは一味違う、“リップスティック”のようなデザインを施した「HUAWEI FreeBuds Lipstick」を発売しました。

デザインに注目が集まる製品ではありますが、オープン型の爽快な着け心地に精度の高いノイズキャンセリング機能、パワフルな音質を実現した、完成度の高い製品。実機を試せたので、詳細をレビューしていきましょう。

HUAWEI FreeBuds Lipstickは2万1780円! プレゼントはこれで決まり!?

先述の通り、HUAWEI FreeBuds Lipstickは2021年12月17日発売。公式オンラインショップ「HUAWEI Store」での販売価格は2万1780円となっています。

完全ワイヤレスイヤホンとしては、“ミドルハイ”程度の価格帯になりますが、各性能や装着感を見ると十分満足できる製品になっているでしょう。

性能とはあまり関係ない点ですが、購入時に製品が梱包されている箱には、内側に香水が振りかけられており、開封した瞬間から上品な体験ができます。製品のコンセプト通り、プレゼントにも選びやすい工夫が施されているのも、ちょっとしたポイントでしょう。

重厚感のある“リップスティック型”ケースはおしゃれなワンポイントアイテムに!

名前にもある通り、本製品はリップスティックのようなケースのデザインが大きな特徴の1つです。ケースには金属素材が採用さているため、光沢があり一見本物のコスメアイテム。女性の場合は、化粧ポーチの中に入れて持ち運んでも、違和感がないかもしれません。

高級感を演出するための金属ケースは、その分質量約84.5g(イヤホンなしの場合)と少し重くなっているのですが、これも高級感という観点でいえば一役買っている印象。

完全ワイヤレスイヤホンとしては珍しく、ケースは蓋が完全に分離する仕様になっているのですが、蓋と胴体部分はマグネットで引っ付くようになっているため、カバンの中で蓋がなくなるといった心配はありません。

ケースの蓋を開くと、自動的にペアリングモードに入ります。この状態でiPhone/Androidスマートフォンの設定アプリから、Bluetooth接続の項目にHUAWEI FreeBuds Lipstickが表示されるのですが、ファーウェイ製のスマートフォンやタブレットには、簡単に接続できるポップアップが表示されます。筆者のファーウェイ製ノートパソコンには、下図のように表示が出ました。

片耳約4.1gの軽量ボディは開放的な着け心地がポイント!

本体部分は真っ赤な単色のデザイン。珍しい印象もありますが、ケースの蓋を開けた時に、よりリップスティックを彷彿とさせるためのカラーリングでしょう。

イヤホン本体は片耳約4.1gとかなり軽量なため、快適な装着感が味わえます。バッテリー性能はノイズキャンセリングON時2.5時間、OFF時4時間となっているのですが、バッテリーが切れるまで連続して使用していても、圧迫感が少なく、耳にストレスが溜まりにくいのが特徴です。

本製品は耳の穴を完全に塞がず、被せるように使用する「オープン型」を採用。圧迫感があまりなく、軽量なボディも相まって装着感は良好。本体は人間工学に基づいて設計されていることもあり、多くの人が満足いく装着感になっているでしょう。

イヤホン本体の側面は、タップやスワイプといった動作で曲の再生/一時停止、音量の調節といったコントロールが行えるようになっています。また、イヤホンを耳から外した際に自動的に音楽の再生を停止する「装着検知」機能も搭載されています。

14.3mm大口径ドライバーとオープン型デザインで低音のキレ&音の広がりを実現

音質としては、オープン型イヤホンの特徴である音の広がりや臨場感の演出に優れている印象を受けます。加えて、14.3mmの大型LCPダイナミックドライバーや、低音域を増強するパワーエンジンを搭載することで、キレのある中高音や重厚感のある低音の響きが味わえます。

オープン型の“広がり”と、ダイナミックドライバーの“キレ味”は、ある意味相反する音の鳴らし方なので、基本的には両立することは難しいのですが、本製品では2つの特徴をバランス良く響かせる力に長けており、ライブハウスで音楽を聴いているような臨場感が楽しめました。

オープン型なのにアクティブノイズキャンセリング機能に対応!

本製品の大きな強みが、オープン型の形状ながらアクティブノイズキャンセリング機能に対応している点。周囲のノイズを低減し、音楽により集中することができるのが本機能なのですが、耳を完全に塞がない形のイヤホンに搭載されるのは稀。ファーウェイの技術力の高さがうかがえる仕様です。

電車内や街中などで気になる騒音はしっかりと除去できるレベルのノイズキャンセリングになっているので、カフェなどで読書や仕事に集中するのに最適な印象。電車内で使用していたところ、よほど音量を大きくしない限りは、車内アナウンスがかすかに聞こえるくらいになっているので、実用的ともいえそうです。

ラグジュアリーなケースデザインに使い勝手抜群の高性能を搭載したHAUWEI FreeBuds Lipstick

高級感のあるリップスティック型のケースを採用したHUAWEI FreeBuds Lipstickは、デザインに特徴を持つ製品ですが、軽快な装着感や迫力のある音質、実用的なノイズキャンセリング性能を備えた完全ワイヤレスイヤホンです。

特にオープン型×ノイズキャンセリングという特徴は珍しいため、耳に負荷が少ない高性能イヤホンを探しているという人にはおすすめ。また、冒頭から触れている通り、プレゼントとしてもぜひ検討してほしい製品です。

取材・文/佐藤文彦

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。