小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

知ってる?「海狸」「鴨嘴」「海獺」「水豚」の読み方と正しい意味

2022.02.11

難読漢字はさまざまあり、テレビのクイズ番組にも多数登場します。「漢字は得意!」という人は『海狸』と書いてどのように読むかご存じでしょうか。この不思議な漢字の読み方や意味、さらには難読レベルの高い動物の和名を紹介します。

海狸の読み方と意味

海狸は、とある動物を漢字で表した言葉です。『水辺に関係がある』『狸っぽい動物らしい』というヒントから、思い当たる動物をイメージしてみましょう。海狸の読み方や意味を紹介します。

海狸とはビーバーのこと

海に狸と書く和名を持つのは、ビーバーです。「海の狸?」と意外に思う人もいるかもしれませんが、動植物の和名には不思議なものが多々あります。深く考えず、『海狸=ビーバー』と覚えましょう。

日本における動植物はもともと特定の名称が決まっておらず、明治維新後に『標準和名』として整えられたといわれます。標準和名とは、『教科書に統一名称を掲載するため』『世界共通の学名に合わせ、種の呼び名を統一するため』に作られた日本式の名称です。

とはいえ、急ごしらえで作られた標準和名には、明確な命名基準を持たないものが多く見られます。海と狸という字を当てるビーバーも、そのような名称の一種かもしれません。

「かいり」「うみだぬき」と読まれる

『海狸』はビーバーのことですが、そのままビーバーとは読みません。読むときは「かいり」「うみだぬき」と読みます。文字からは想像もつかない読み方をさせる標準和名もあるなか、『海狸』の読み方はひねりがありません。比較的読みやすい部類の言葉といえるでしょう。

『海狸』すなわちビーバーは、茶色っぽい毛皮が狸に似ています。どちらも哺乳類ではありますが、分類が異なる点に要注意です。狸は、『食肉目裂脚亜目(しょくにくもくれっきゃくあもく)イヌ科』に属します。一方ビーバーは『げっ歯目ビーバー科』です。

ビーバーを海狸と書く由来は?

(出典) photo-ac.com

ビーバーについて『海の狸』と書くのはなぜなのでしょうか。ビーバーの特徴をチェックしつつ、漢字の由来について探ってみましょう。

ビーバーはダム作りで知られる哺乳類

ダム作りでおなじみのビーバーは、主にアメリカやヨーロッパに住む哺乳類です。体長は60~100cm(しっぽを除く)と大きめで、体重30kg近くになる個体もいます。陸上より水中での暮らしに適していて、撥水・保温性に優れた毛皮や、水かき付きの後ろ足を持つのが特徴です。

一方狸は、木登りが得意な哺乳類です。丸々した様子はビーバーに通じるものがありますが、ビーバーほど大きくはありません。体重もビーバーの方が重く、4~5倍もの差があるといわれます。

両者をそのまま並べた場合「そっくり」と感じる人はまれでしょう。ビーバーと狸は、見た目・特徴とも、異なります。ビーバーに『狸』という字が当てられたのは、ただ「それっぽいから」なのかもしれません。

川に生息するのに海がつく理由は不明

川の側で暮らすビーバーは、海とは無縁です。それにもかかわらず、なぜ和名では『海』という文字が使われているのでしょうか。

実際のところ、この理由についても、はっきりしたことが分かっていません。ただ、その昔の日本では、『水がたくさんあるところ』『湖』などを『海』と呼ぶことがあったそうです。

『海狸』の海も外海とつながる大きな海ではなく、『水辺のエリア』といった意味と考えられます。

他にもいる難読和名を持つ動物を紹介

(出典) photo-ac.com

『海狸と書いてビーバー』のように、難読な和名を持つ動物は他にもたくさんいます。和名の面白さに興味を持った人は、他の動物についてもチェックしてみてはいかがでしょうか。

海狸と同様に、読み方の難しい動物の和名を紹介します。

くちばしが特徴的な「鴨嘴」

『鴨(かも)』に似ていて『嘴(くちばし)』に特徴がある、と考えると分かりやすいかもしれません。正解は、『カモノハシ』です。

カモノハシはオーストラリア・タスマニアにのみ生息する哺乳類で、哺乳綱カモノハシ目カモノハシ科に属します。足とくちばしは鴨やアヒル、しっぽはビーバー、胴体と毛皮はカワウソに似ていて、『自然界で最も奇妙な生物』といわれることもあります。

またカモノハシは、『ワシントン条約』の規制対象種です。日本では動物園でさえ飼育しているところはなく、実物を見たい人は、オーストラリアに行くしかないでしょう。

水族館の人気者「海獺」

『海』と『獺(カワウソ)』を組み合わせた言葉です。海に住んでいて、カワウソに似ている動物を想像すると分かりやすいでしょう。

海獺は、『ラッコ』と読みます。食肉目イタチ科カワウソ亜科ラッコ属で、カワウソと同じ『イタチ科』の動物です。どちらも元は同じ『イタチ』で、川に適応したのが『カワウソ』、海洋に適応したのが『ラッコ』といわれます。『海のカワウソ』と書くのは、あながち間違ってはいないでしょう。

ラッコは、日本ではアニメの主人公になるなど、非常にポピュラーな動物です。しかし現実には個体数が減少しており、絶滅危惧種に指定されています。現在日本の水族館でもラッコの飼育数は減っており、実物を見るのは難しいかもしれません。

げっ歯類最大の動物「水豚」

『水辺の豚』と書きますが、実際にはネズミの一種です。ただし体が大きいため、ネズミよりは「豚っぽい」といわれることが多いかもしれません。

『水豚』とは『オニテンジクネズミ』、すなわちカピバラです。ネズミ目(げっ歯目)カピバラ科に属し、体長は約100〜130cm、体重は最大で50~60kgにもなります。のんびりしていてかわいい印象がありますが、口内に大きく鋭い歯を持っているのが特徴です。

カピバラは草食で水辺の草を好みますが、水中で暮らすわけではありません。ただし、泳ぎに適した身体的特徴を持っているため、和名に『水』という文字が付くのは道理にかなっているといえるでしょう。

構成/編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。