小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

東京駅八重洲地下街に人気店のカレーが楽しめる「TOKYO CURRY QUARTET」が2月2日にオープン

2022.01.23

東京駅八重洲地下街に人気4店舗のカレーが楽しめるエリア「TOKYO CURRY QUARTET」オープン

八重洲地下街が運営する「八重洲地下街」(ヤエチカ)は、国家戦略特区に指定された東京駅八重洲地区再開発に伴い、街づくりの一翼を担うリニューアルを順次推進している。

リニューアルの1つとして、ヤエチカ初の編集ゾーン「TOKYO CURRY QUARTET」(トウキョウ カレー カルテット)が2022年2月2日(水) 11:00にオープン。人気4店舗の様々なジャンルのカレーが楽しめるエリアが登場する。

TOKYO CURRY QUARTET 入口イメージ

TOKYO CURRY QUARTET 場所

TOKYO CURRY QUARTET外観イメージ

TOKYO CURRY QUARTET とは?

周辺オフィスワーカーや観光、旅行で東京駅を訪れる人にも利用しやすい、日本人に馴染みの深いカレーの人気店、4店舗が集結した新たな編集ゾーン。

オープン日:2022年2月2日(水) 11:00
営業時間:11:00~22:00(ラストオーダー21:30)
場所:東京都中央区八重洲2丁目1番 八重洲地下街 南1号

出店店舗(五十音順)

(1)奥芝商店 (スープカレー) ※東京23区初出店

北海道を代表するスープカレー店の1つ。毎朝約2,000匹の甘海老の頭で出汁をとった元祖「海老出汁スープ」が特徴。創業者 奥芝洋介氏が幼い頃、母親が作ってくれた甘海老の頭から出汁をとったお吸い物の味がルーツ。公式オンラインショップでは注文から発送まで約2か月待ちの海老出汁スープが、店舗で楽しめる。

<おすすめ商品>
■宗谷黒牛100%おくしバーグカレー 税込1,780円

宗谷黒牛100%おくしバーグカレー

北海道でもトップクラスの品質「宗谷黒牛」を100%使用。濃厚な赤身とたんぱくな脂肪の絶妙なハーモニーで仕上がったふわっふわなハンバーグを海老出汁スープと一緒に。

■小麦のかたまり(全6種類・数量限定) 税込各380円

小麦のかたまり

奥芝商店が本気で作ったカレーパン。カレーパングランプリ キーマカレーパン部門3年連続金賞を受賞した「海老キーマカレーパン」をはじめとして、全国の催事で行列を作りつづけたメニューが持ち帰れる。

(2)銀座スイス (欧風カレー) ※新業態

創業は1947年、2022年には75周年を迎える老舗の洋食店のカレー専門店。銀座スイスは、宮内庁御用達「宝亭」の総料理長だった岡田進之助によって創業。小麦粉を使わないでとろ味を出し、すりおろした野菜を煮込んだカルカッタ風カレーソースで、辛さの奥にやわらかな甘みを感じるカレー。

<おすすめ商品>
■元祖カツカレー 税込1,100円

元祖カツカレー

1948年当時、巨人軍の選手 千葉茂氏が「カレーライスにカツレツをのせてくれ!」と言ったことが始まり。見た目のボリューム感と美しさが特徴。

■カツ・カレーサンド 各種(写真は、「ビーフカツ・カレー・サンド」)

ポークカツ・カレーサンド 税込1,300円
ビーフカツ・カレーサンド 税込1,500円
ポーク&ビーフカツ・カレーサンド 税込1,400円 ※ヤエチカ店限定

揚げたてのカツに、カレーをたっぷりと絡ませたサンドイッチ。

ビーフカツ・カレーサンド

(3)コロンビア8 (スパイスカレー) ※関東初出店

30種類以上のスパイスを使用したキーマカレーの有名店。合言葉は「右手にスプーン、左手にししとう」。鶏のひき肉とブイヨンスープ、そして複数のスパイスで作られたサラサラなルーが特徴的なカレー。

<おすすめ商品>
■キーマカレー 税込1,000円

キーマカレー

関西発!ミシュランガイドに掲載されたコロンビア8を代表する絶品カレー。30種類以上のスパイスを使った、香りと向き合い、頭で食べてもらうカレー。ししとうをかじりながら、苦味とあわせて楽しめる。

■ヌードルライス 税込1,100円

ヌードルライス

キーマカレーと同じルーを使い、米粉の麺のフォーで食べる。スパイスが麺にしっかり染み込んでいる。残ったルーにライスと卵黄を加えてカレーおじやに、2度美味しいメニューだ。

(4)シターラ ダイナー (インドカレー) ※東京駅八重洲エリア初出店

2004年に、青山骨董通りにオープンしたインド料理店が、東京駅八重洲エリア初出店。コンセプトは体にやさしい本物のインド料理。インドのアーユルヴェーダの医食同源の考えを基本としたお店。徹底的に素材にこだわり、丁寧に調理された料理だけを提供。また、インド料理の軸を守りながら、日本の季節の食材や環境に配慮したベジミートなど多様性に富んだ新しい取り組みにも挑戦している。

<おすすめ商品>
■バターチキンカレー 税込890円

バターチキンカレー

トマトベースに生クリームやカシューナッツなどを加えて作られる濃厚なカレー。カレーに入っているチキンはタンドール窯でスモーク焼きをした香ばしさが引き立つ一品で、これこそが本物のバターチキンカレー。

■タンドリーチキン 税込690円

タンドリーチキン

インドを代表するタンドール料理。ヨーグルトベースのマサラでじっくりマリネした骨付きチキンをタンドール窯で宙づりにして遠赤外線で焼き上げる。ふっくらジューシーな旨みは一度食べたらやみつきになること間違いなし。

関連情報: https://www.yaechika.com

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。