小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

パナソニック「Let's note」の最新モデルはWindows 11 Pro、第11世代インテルCoreプロセッサー、PCIe4.0対応高速SSDを搭載した最強テレワークマシン

2022.01.19

パナソニックは、モバイルパソコン「Let’s note」の2022年春モデルとして個人店頭向け「FV1」「SV2」「QV1」シリーズを1月21日に発売する。いずれも価格はオープン。予想実勢価格は「FV1」シリーズが264,000円前後~、「SV2」シリーズが258,500円前後~、「QV1」シリーズが308,000円前後~。

働き方改革の推進やコロナ禍の影響によりテレワークが普及するなど、人々のワークスタイルが急速に変化し、多様化しつつあるなか、「Let’s note」の2022年春個人店頭向けモデルでは、一人ひとりに最適な働き方に合わせて選べる3シリーズを用意。14型大画面なのにコンパクトでハイブリッドワークに最適な「FV1」シリーズ、モビリティと高性能をバランスよく両立した「SV2」シリーズ、社外で仕事するのに最適なコンパクト2in1「QV1」シリーズをラインナップする。

いずれも、Microsoftの新OS「Windows 11 Pro」をプリインストールし、CPUには第11世代インテルCoreプロセッサーを採用。また、全品番をメモリー16 GB、PCIe 4.0対応の高速SSD 512 GBに統一。さらには、Officeアプリ「Microsoft Office Home & Business 2021」も搭載する(「CF-FV1LDTCR」「CF-SV2LDCCR」を除く)。

2,160×1,440ドットの14.0型液晶を搭載した「FV1」シリーズは、「CF-FV1MDPCR」「CF-FV1MFNCR」「CF-FV1LDMCR」「CF-FV1LDTCR」の4モデルを用意。「CF-FV1MDPCR」はインテル Evoプラットフォーム準拠モデルとなり、約21時間の長時間駆動を実現するほか、タッチパネル、バックライトキーボードを搭載し、USB Power Delivery対応ACアダプターも付属する。

「SV2」シリーズは、ディスプレイに解像度1,920×1,200ドットの12.1型液晶を採用し、Blu-rayおよびDVDドライブを内蔵。「CF-SV2MFNCR」「CF-SV2MDUCR」「CF-SV2LDMCR」「CF-SV2LDCCR」の4モデルで展開し、「CF-SV2MFNCR」「CF-SV2MDUCR」には上位グレードのインテル Core i7-1195G7プロセッサーを搭載する。

「QV1」シリーズは、ディスプレイに解像度2,880×1,920ドットのタッチ対応12.0型液晶を採用。「CF-QV1MFNCR」「CF-QV1LDMCR」の2モデルを用意し、「CF-QV1MFNCR」はeSIMを搭載したデュアルSIM対応モデルとなる。

関連情報
https://panasonic.jp/cns/pc/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。