小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

話し方の講師に聞いた「聞く力」を養う3つのポイント

2022.01.23

近年、話題の「聞く力」。ビジネスパーソンの間で、ぜひ身につけたいと考える人は多いのではないだろうか。その「聞く力」について、改めて、どのようなスキルなのか、また、どうすれば身につけられるのかを確認しておこう。「聞く力」を得意とするコミュニケーションの講師に話を聞いた。

近年注目を集める「聞く力」

「聞く力」とは、コミュニケーションスキルでも重要といわれているスキルだ。

「聞く力」に関連する著書も近年、話題になっている。特に『LISTEN――知性豊かで創造力がある人になれる』(日経BP刊)は有名だ。ニューヨーク・タイムズなどを手がけるジャーナリスト ケイト・マーフィ氏による書籍で、優れた聞き手になる方法が述べられている。「本当に優秀な人は聞く能力が異様に高い」という。

また、株式会社人財育成JAPAN代表取締役の永松茂久氏による大ベストセラー『人は話し方が9割』の続編『人は聞き方が9割』も2021年12月に発売され話題になっている。

今、特に社会で活躍するビジネスパーソンにとって「聞く力」を持つことは必須スキルといえるのかもしれない。

本来、「聞く力」とは?

そんな「聞く力」だが、本当の意味を理解しているだろうか。もちろん、人によって様々な解釈があるが、ここで今一度、自分なりの定義を確認してみてはいかがだろうか。

伝わる話し方がマスターできるコミュニケーションセミナーを全国で開催するモチベーション&コミュニケーションスクールの講師の一人であり、「聞く力」についてのセミナーも行う平山幸聖氏に、「聞く力」とはどんな力なのかを聞いた。

【取材協力】

平山 幸聖(ひらやま・こうせい)氏
全国展開するスクールの事業部長として、論理的な話し方、傾聴、人前での緊張改善などセミナー、企業研修を多数実施。近著に『鉄オタでコミュ障でも話し方の講師になれた 誰でもできる会話術』。
https://www.motivation-communication.com/d_listen/0524-3/

「一般的には『聞く=相手の言うことを聞く、主張に従う』という受け身の側面で理解されているように感じます。私たちは、子どものころから『親や先生の言うことを(最後まで)よく聞きなさい』と言われ、刷り込まれてきました。これはこれで大事です。

ただ、コミュニケーションは相手との会話のキャッチボールです。この前提に立つと、本来の『聞く力』は、相手の話の意図を探りつつ、最後まで注意深く聴く『傾聴力』、相手に適切な質問を投げかけて会話を円滑に進める『質問力』の合わせ技だと私は思います。

『傾聴』一辺倒で、いくら『相手のことを察しましょう』と言われても、妄想に終わってしまいかねません。相手の話を意図を知りたければ、『質問』することも必要です」

聞く力は、「傾聴力+質問力」の合わせ技。自分の中の聞く力を固めるヒントになりそうだ。

「聞く力」を持っているビジネスパーソンのメリット

ところで、聞く力を持っている人は、ビジネスシーンにおいてどうメリットが得られるだろうか。ビジネスにおいては他者も重要。自分のメリットと他人のメリットそれぞれを平山氏に聞いた。

1.自分のメリット

(1)他人に好かれる(2)営業成績がアップする(3)情報が集まってくる

「これまでは、プレゼンや発表など『話す力』についてのウエイトが高く、『聞く力』についてはそこまで重要視されてきませんでした。コミュニケーションは、『話す』と『聞く』の両輪です。例えば、タモリさんや所ジョージさんなどが今でも第一線で活躍している理由のひとつは、『聞く力』を持っており、それが希少価値の高い証だからではないかと思います。つまり、“ひとかどの人物”、優れた人物になれるということです」

2.他人のメリット

(1)問題解決が図れ、仕事が前に進む (2)話を聴いてもらえることで気持ちや思考の整理がつく (3)自己肯定感がアップする。

「話を聞いてもらえる側としては、自分の問題解決に結びつきやすくなり、仕事が前に進みやすくなるでしょう。さらに、自分の話をしっかりと聴いてもらえることで、自分の気持ちや思考の整理がつきやすくなり、自己肯定感が上がると考えられます」

「聞く力」を養うポイント3つ

メリットが大きいことを知ると、ますます身につけたくなる「聞く力」。効率的に養うにはどんなことを意識すればいいだろうか。そのポイントは3つあると平山氏は言う。

1.「2つのWを押さえる」

「2つのWとは、Who(=誰が)、Wants(=何をしてほしいのか)です。この2つのWを押さえることで、相手の意図をつかみやすくなります。あなたが人の話を聞いているときに、『誰が何をしてほしいのか』をしっかりと意識しましょう」

2.「共感」

「人間は感情を持った生き物です。気持ちや繰り返し強調するワードが話中に出てきたら、それを拾ってなぞってあげましょう。例えば、相手が『つらいんです』とたびたび言っていたら『つらいんですね』『お気持ちお察しします』など共感を持って言葉を返しましょう」

3.「掘り下げ」

「相手の話を深く知りたい、聞きたいときもあるでしょう。そのようなときは『よろしければ、もう少し詳しくお伺いしてもよろしいでしょうか?』と言うのが有効です。

また、理由を聞きたいときに『なぜ?』と言う言葉は要注意です。相手によっては詰問されたと感じるので、『なぜ?』ではなく『◯◯と思われた背景(目的)について教えていただけますか』として、相手に先生になっていただくこと。これによって、相手は格段に、答えやすくなります」

「聞く力」と一口に言っても、奥が深い。誰もが意識しているコミュニケーションスキルだからこそ、ぜひ自分なりに知識や技術を深め、高めていこう。

取材・文/石原亜香利


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。