小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

カフェ選びで重視するポイントTOP3、3位居心地の良さ、2位価格、1位は?

2022.01.08

世界規模での消費量の増加や原産地の天候不順などの理由から、コーヒーの価格高騰が続いている。

では、実際にコーヒーの値上がりを実感している人はどれくらいいるのだろうか?

株式会社New Innovationsはこのほど、「コーヒーに関するアンケート」を実施し、260名から回答を得た。

(1)家におけるコーヒー習慣について

■9割以上が家でコーヒーを飲む習慣がある

「家でコーヒーを飲む習慣はありますか」と尋ねたところ、9割以上が家でコーヒーを飲む習慣があり、「インスタントコーヒーを飲む」が52.3%で最も多いことがわかった。(n=260)

インスタントコーヒーを飲む:52.3%
缶コーヒーやペットボトルコーヒーを飲む:41.2%
一杯抽出用のインスタントドリップコーヒーを飲む:38.1%
コーヒー店などでコーヒー豆を調達し、家でハンドドリップして飲む:32.7%
コンビニコーヒーを飲む:30.0%
カフェでテイクアウトして飲む:25.8%
家でコーヒーは飲まない:7.7%
その他:2.7%

■コロナ禍のおうち時間増で、半数近くが家でのコーヒー事情に変化あり

「コロナ禍でおうち時間が増えたことで、家でのコーヒー事情に変化はありますか」と尋ねたところ、「コーヒーを飲む頻度が増えた」が27.9%、「いろんな種類のコーヒーを試すようになった」が23.8%、「いつもより高いコーヒーを買うようになった」が17.1%と続き、「変化はない」は52.9%という結果になった。(n=240)

コーヒーを飲む頻度が増えた:27.9%
いろんな種類のコーヒーを試すようになった:23.8%
いつもより高いコーヒーを買うようになった:17.1%
淹れ方にこだわるようになった:6.7%
変化はない:52.9%

■家で飲むコーヒーを選ぶのに重視するポイントは1位「価格」、2位「味(豆の種類)」

「家で飲むコーヒーを選ぶのに重視するポイントを教えてください」と尋ねたところ、「価格」が57.5%で最も多く、「味(豆の種類)」が53.3%、「手軽に購入できる」が41.2%と続いた。(n=240)

価格:57.5%
味(豆の種類):53.3%
手軽に購入できる:41.2%
メーカー・ブランド:37.1%
口コミが良い:9.2%
パッケージが良い:8.8%
こだわりはない:7.1%
自分でコーヒーは選ばない:3.8%
その他:1.2%

■約9割が気に入った味のコーヒーはリピート購入したい

「気に入った味のコーヒーと出会ったら、リピート購入したいと思いますか」と尋ねたところ、「とても思う」が48.1%、「やや思う」が41.2%と、約9割が気に入った味のコーヒーはリピート購入したいと思うことがわかった。(n=260)

■半数近くがコーヒーの価格の高騰を実感している

「日常でコーヒーの価格の高騰を実感していますか」と尋ねたところ、「とても実感している」が10.4%、「やや実感している」が36.9%と、半数近くがコーヒーの価格の高騰を実感していることがわかった。(n=260)

■8割以上がコーヒーの価格高騰に困る

「コーヒーの価格が高騰することについてどう思いますか」と尋ねたところ、「とても困る」が32.7%、「やや困る」が48.5%と、8割以上がコーヒーの価格高騰に困ると思っていることがわかった。(n=260)

■コーヒーの価格高騰が続いた場合、約4割がより安いものに切り替える

「コーヒーの価格高騰が続いた場合、あなたのコーヒー習慣はどのように変化すると思いますか」と尋ねたところ、「より安いものを購入する」が40.4%、「飲む頻度が下がる」が21.5%という結果になった。(n=260)

(2)カフェにおけるコーヒー習慣について

■カフェを選ぶのに重視するポイントは「コーヒーの味が自分の好みに合っていること」が1位

「カフェを選ぶのに重視するポイントを教えてください」と尋ねたところ、「コーヒーの味が自分の好みに合っていること」が46.5%と、「価格」や「居心地の良い空間であること」を抑えて最も多い回答を得た。(n=260)

コーヒーの味が自分の好みに合っていること:46.5%
価格:41.9%
居心地の良い空間であること:39.2%
すぐに入店できること:30.0%
コーヒー以外に飲みたいメニューがあること:24.6%
知名度の高いお店であること:11.9%
カフェに行かない:11.5%
作業、打ち合わせがしやすいこと:6.9%
写真映えすること:4.2%
カフェを自分で選ばない:3.5%
その他:1.2%

■8割以上がカフェでブラックコーヒーの種類も選べた方がいい

「カフェでブラックコーヒーも種類を選べた方がいいと思いますか」と尋ねたところ、「とてもそう思う」と「どちらかといえばそう思う」が合わせて82.2%と、8割以上がブラックコーヒーの種類も選べた方がいいと思っていることがわかった。(n=230)

■8割以上がカフェのコーヒーは場所代が含まれている価格だと感じている

「カフェのコーヒーは場所代が含まれている価格だと感じますか」と尋ねたところ、83.0%が「はい」と回答した。(n=230)

■約7割がテイクアウトならその分コーヒー代が安くなってほしいと回答

「カフェでテイクアウトでコーヒーを購入する際に、店内を使わない分コーヒー代が安くなってほしいと思いますか」と尋ねたところ、68.8%が「はい」と回答した。(n=260)

「カフェでテイクアウトでコーヒーを購入する際に、店内を使わない分、高い豆を使うなど同じ価格なら上質なコーヒーを提供してほしいと思いますか」と尋ねたところ、77.7%が「はい」と回答した。(n=206)

■4割以上が待ち時間が理由でテイクアウトのコーヒーを買うのをやめたことがある

「テイクアウトのコーヒーを買う際に、待ち時間が長いために買うのをやめたことはありますか」と尋ねたところ、42.7%が「ある」と回答した。(n=260)

■6割以上がカフェのコーヒーの味の好みが合わないと感じた経験あり

「カフェでコーヒーを飲んだときに、味が自分の好みに合わないと感じたことはありますか」と尋ねたところ、64.8%が「ある」と回答した。(n=230)

〈カフェでコーヒーを飲んだときに不満に思ったエピソード/一部抜粋〉
・店内に入って高いコーヒーであることがわかった
・味が薄いと感じた
・クーラーが効きすぎて、リラックスしてコーヒーを味わえなかった
・酸っぱいコーヒーが苦手なので、口に合わない場合がある
・日替わりにある本日のコーヒーを頼んだが味が好みではなかった
・思った味と違っていた

加えて、「大手カフェチェーンで提供されているコーヒーの味は、自分の好みに完全に合っていると思いますか」と尋ねたところ、69.1%が「完全ではないが許容範囲の味である」と回答した。(n=230)

(3)コーヒーに対する考え方について

■約4割が自分の好みに合うコーヒー豆の種類を知らない

「自分自身のコーヒーの好みを把握していますか」と尋ねたところ、「とても把握している」が18.1%、「やや把握している」が53.5%、「あまり把握していない」が21.9%、「全く把握していない」が6.5%という結果になった。(n=260)

加えて、「自分の好みに合うコーヒー豆の種類を知っていますか」と尋ねたところ、「よく知っている」が19.6%、「なんとなく知っている」が41.9%、「知らない」が38.5%という結果になった。(n=260)

〈コーヒーに関するこだわりやエピソード/一部抜粋〉
・朝飲むコーヒーが美味しく淹れられた日は気分が良い
・自家焙煎の店を巡って楽しむ小旅行をした事がある
・会社に豆を引いた粉を持って行って昼食後に給茶器からお湯を汲んでコーヒーを淹れてた
・コーヒーメーカーよりおいしく淹れたい
・淹れ方を極めてみたい
・例えばブラジルでも店によって違うので、その違いがわかるようになってきたこと

■7割以上がコーヒーについて詳しくなりたいと思っている

「コーヒーについて詳しくなりたいと思いますか」と尋ねたところ、「自分自身の好みを楽しめる程度に詳しくなりたい」が40.0%で最も多い回答を得た。(n=260)

自分自身の好みを楽しめる程度に詳しくなりたい:40.0%
詳しくなりたいとは思わない:27.3%
詳しくなりたいが難しそうなイメージがある:22.3%
人に話せる程度に詳しくなりたい:10.4%

「コーヒーを飲む毎に質問に2~3問回答すると、次回自分にあったコーヒーをオススメして注文までできるアプリがあったら使いたいと思いますか」と尋ねたところ、「とても使ってみたい」「やや使ってみたい」が合わせて66.1%という結果になった。(n=260)

※New Innovations調べ

<調査概要>
調査名称:コーヒーに関するアンケート
調査対象:20〜50代の男女
調査方法: インターネット調査
調査期間: 2021年12月14日〜12月21日
有効回答数:260件

出典元:株式会社New Innovations

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。