小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

チキン、牛ばら肉、ごろごろ野菜と豚ひき肉、無印良品の「大盛りカレー」一番おいしいのはどれ?

2022.01.05

味の種類も豊富ならば、大盛りだって選べる無印良品レトルトカレー。コスパよく、食欲旺盛な子供たちにはもちろん、キャンプに持参すれば仲間とのシェアに最適だ。

大容量で賞味期限もたっぷりとローリングストックにぴったりな一品。豚ひき肉、牛ばら肉、チキンと安定の素材選びで大盛りカレーをとことん満喫されたし。

お手頃な350円で約1.7倍増、満足度&満腹度高い一皿

今回の大盛りスペシャルは『素材を生かした ごろごろ野菜と豚ひき肉の大盛りカレー』、『素材を生かした 牛ばら肉の大盛りカレー』、『素材を生かした チキンの大盛りカレー』の3アイテム。すべて350円。

無印商品レトルトカレーの一般的な内容量が1人前180gに対し、大盛りは300gと約1.7倍の内容量。

手に持てばズシリと重く、一袋でふた皿分は十分にいただける。

左から、『素材を生かした チキンの大盛りカレー』、『素材を生かした ごろごろ野菜と豚ひき肉の大盛りカレー』、『素材を生かした 牛ばら肉の大盛りカレー』。

ルーの色味の違いはさほどなく、個性的な強い香りもナシ。素材的に若干パンチある香りといえば牛ばら肉だろうか。

・ホロホロっと崩れる柔らかさ、『素材を生かした チキンの大盛りカレー』

“鶏肉の旨みに、デミグラスソースとフォン・ド・ヴォーを合わせ、コクのある辛さに仕上げました”とのことで、なるほど、辛味のスパイスとコクの深さでバランス良い口当たり。

チキンは噛んだ瞬間にホロホロっと崩れる柔らかさ。スパイスの効き具合も程良く無印良品のチキンにハズレなし。

・ジャガイモ、ほくほく!『素材を生かした ごろごろ野菜と豚ひき肉の大盛りカレー』

お肉も野菜もバランスよく摂取したいなら、この一皿。大きくカットされたジャガイモとニンジンがまさに“ごろごろ”していて食べ応えアリ。

ルーの中で馴染んでいる豚ひき肉と野菜が一体となって、軽すぎない味わいに白メシが進みそう。ジャガイモ、ほくほく!

・牛肉の深いコクと旨味、『素材を生かした 牛ばら肉の大盛りカレー』

数種のスパイスで奥行きのある辛さに仕上げたそうで、3品中もっともスパイスを感じる一皿。

牛ばら肉もたっぷり。ちょっと肉の繊維が気になるかな・・・と感じるもそこは牛肉、豚とも鳥とも違う深いコクと旨味が味わえる。

量が多いだけでなく、味もしっかり、納得の大盛りシリーズ

スパイスが効いた適度な辛味と肉の旨味、そして野菜の食感。大盛りシリーズは、量が多いだけでなく、味もしっかり差別化できている。

ルーだけでなく具材もケチることなくゴロゴロっと。これで350円とはすこぶるありがたい。

大盛り300gはなかなかの量。ということで、夕食で少し余ったら翌日の朝食に回すのもいい。

例えば、手軽にカレー&チーズトースト。パン(中央を凹ませる)にルーを盛ってスライスチーズを乗せたらトースターへ。仕上げに黒こしょうを散らすとよりおいしく味わえます。

<第5回>は、「“辛くない”シリーズでスパイスの底ヂカラを実感!」編(予定)

■関連情報はこちら
無印良品 素材を生かしたカレー

文/堀田成敏(エヌエイチプラス)

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。