小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

無印良品のレトルトカレー「青唐辛子」と「3種の唐辛子」、どっちが旨い?

2022.01.03

定番チキンカレーにアジアンなココナッツ系と味わってまいりました無印良品レトルトカレー。

我が家のパントリーにはありがたいとことにストック多数ありまして、ようやっとローリングストック在庫一掃計画の折り返しです。

今回は、みなさんもお好きでしょう、シビれる旨さが特徴の『素材を生かしたカレー グリーン』と『素材を生かしたカレー 3種の唐辛子とチキン』です。ともに350円。

辛いからこそ旨い、タイと北インドの絶品カレー

『素材を生かしたカレー グリーン』はココナッツミルクのコクが特長のタイカレー。対する『素材を生かしたカレー 3種の唐辛子とチキン』は北インドの辛いカレーをベースに考案されたもの。

どちらもパッケージには唐辛子マックスの激辛表示。辛いものが苦手な方は、まずは一口お試しを。

さすが激辛カレー、色からして強烈。パウチの封を切った瞬間に、圧倒的スパイスが押し寄せてくるのはどちらも同レベル。

見た目と香りでいえば、『素材を生かしたカレー 3種の唐辛子とチキン』が優勢!

・懐かしくて新しい、『素材を生かしたカレー グリーン』

無印良品のグリーンカレーは2002年の発売で、現在はリニューアルを重ね5代目となる。無印良品のカレーの中でも古参でありながら、やはり根強い人気なのである。

味の決め手は、青唐辛子の辛さとレモングラスなど6種類のハーブの風味。そしてタイカレーに欠かせないココナッツミルクのコク。

具材は、鶏肉とタケノコ、ふくろたけ。この組み合わせ、実に食感が素晴らしく、コリッとしたタケノコとホロッと崩れる鶏肉がいい塩梅なのだ。

もちろん、ルーを一口飲めば、瞬時に押し寄せてくる辛さにシビれるわけだが・・・。

決して嫌いじゃないこの辛さ。レモングラスやスイートバジルなどのハーブ類が味を引き立て、辛いんだけどサッパリして後を引く旨さだ。

・辛み・香り・風味の見事なバランス、『素材を生かしたカレー 3種の唐辛子とチキン』

表面を覆うオイルにたじろぎつつも、“3種の唐辛子”に心が惹かれます。この場合の3種とは、辛味が強い唐辛子、赤い色味と風味を出す唐辛子、辛味を助長する粗挽きの唐辛子のこと。

そして仕上がったのが、辛み・香り・風味のバランスを整えて奥行きのある辛さだという。

スパイスの香りは『素材を生かしたカレー グリーン』とは異なるもの。より深く、複雑な組み合わせ。

スパイスはクミン、コリアンダー、カルダモンなどが含まれ、さらに焼きなすとカシューペースト、ピーナッツペーストでコクを出しているそうだ。

柔らかなチキンを一口頬張れば、ガツンとパンチのある辛味。『素材を生かしたカレー グリーン』の辛味がサッと引いていくのとは対照的に、ジリジリと辛さが舌に残る。恐るべし、“3種の唐辛子”。

“青唐辛子”と“3種の唐辛子”、辛さの持続度が違う

今回はとことんカレーを味わいたくナンでいただきます。市販のナンもレンジで少々チンしてからトースターで焼くとふっくらして香ばしくなります。

安定の『素材を生かしたカレー グリーン』。サラッとしたルーで後味スッキリ、これなら白メシにも合いますね。

辛さ長続き、スパイスの香りも個性的な『素材を生かしたカレー 3種の唐辛子とチキン』も、食べ進めるほどに癖になります。

どちらも無印良品のカレーの中では激辛に属するものの、“青唐辛子”と“3種の唐辛子”では辛さの持続度が違うようだ。

辛さが一瞬で引いていく“青唐辛子”、コクと辛味がしばらく続く“3種の唐辛子”。シビれる旨さでは、『素材を生かしたカレー 3種の唐辛子とチキン』が一枚上手だ。

残しておいたナンにカレーを合いがけして作ったチーズナン。想像していた味にはほど遠かったですが、ま、これはこれで一つのアレンジということで・・・ご参考までに。

<第4回>は、「お手頃価格が嬉しい大盛りはいかが?」編(予定)

■関連情報はこちら
無印良品 素材を生かしたカレー

文/堀田成敏(エヌエイチプラス)

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。