小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

最近よく聞くネット上のもうひとつの世界「メタバース」とは何か?

2021.12.23

メタバース

 映画『レディ・プレイヤー1』のような仮想空間で生活する世界が実現するかもしれない。

 宇宙(universe)と超越(meta)を組み合わせた造語のメタバースは、一般的にインターネットでアクセス可能な共有のバーチャル空間を指す言葉だ。社名を「Meta」に変更すると発表したFacebookは今後2年で5000万ドル(約55億円)を、日本でもGREEが100億円規模の関連事業への投資を計画しており、世界中のデジタル企業が注目している。

 2021年2月に事業へ参入したShiftall代表取締役の岩佐琢磨さんによると、実現は目前だという。

「少し前は『Fortnite』などのゲームもメタバースのひとつといわれていましたが、近年開発中のものではゲームと違いあらゆる表現が自由なうえ、VR技術も駆使することで仕事や恋愛など社会性のあるコミュニケーションが高度に実現可能な段階まで到達しています」

 今後の課題として、現実で使用するデバイスの軽量簡素化や、リアリティーの追求という面があると岩佐さんは語る。

「現在は視覚と聴覚でしかバーチャルを体験できませんが、触覚を表現する技術が生まれたらさらに発展すると思います」

 身体的・地理的な障壁を取り払う〝もうひとつの世界〟は、アバターや広告など新たな価値を生み出すプラットフォームになる可能性を秘めているだろう。

Facebookが作るもうひとつの世界「Facebook Horizon」

Facebookは今後5年でメタバース企業への移行を表明。

モーションキャプチャーで「五感共有」の時代が来る!?

『HaritoraX』

画面上に自分の動きを映し出すデバイス『HaritoraX』は20代以下を中心に数千個売れている。

取材・文/桑元康平/すいのこ


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。