小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【DeFi投資入門】DeFiを理解する上でおさえておきたい4つのキーワード

2022.01.18

 DeFiに関連する用語は、独特でわかりづらいものが多い。そのせいで投資判断を誤ってしまってはもったいない。そこで、本編では紹介しきれなかったキーワードを4つ、ここでわかりやすくまとめておこう。どれも、様々なDeFiサービスの情報収集を進めていくと必ず出合うであろう重要なキーワードだ。DeFiサービスの利用前までに理解しておいてほしい。

【1】APYとAPR  Annual Percentage Yield & Annual Percentage Rate

DeFiサービスでの投資を行なう際に必ず確認しなければならない「利回り」のこと。APYは、複利計算つまり、DeFi投資で得た利息を再投資した場合にどのくらいの年利回りになるという数字。再投資を行なう期間の間隔によって利回りが代わり、間隔が短いほど高い利回りになる。APRは単純に1年保有した場合どのくらいの利回りになるかという数字だ。DeFiサービスによってAPRとAPYを混在表示しているため、利回りを見積もり時に見間違いがないようにしたい。

【2】コンポーサビリティー(マネーレゴ)

日本語では「構成可能性」といい、DeFiが持つメリットのひとつ。従来の金融では、証券と銀行が連携するのは金融庁の確認を得たりする必要があり、費用や時間が多くかかってしまう。一方、DeFiでは、当局への許認可などが現状では必要ないため、既存のDeFiや仮想通貨で使っているブロックチェーンやプログラムを組み合わせて、新たなサービスが容易に生み出せるメリットがある。レゴブロックを組み合わせて造形物を作るシーンになぞらえて「マネーレゴ」ということも。

【3】予測市場

DeFiでいう予測市場とは、「ゲーム大会やスポーツイベントなどの結果を予測して仮想通貨を賭け、的中したら報酬を受け取ることができるサービス」のこと。ギャンブル性が高いが、ブロックチェーンにはデータが改ざんされにくい特徴があるため、報酬支払いなどに不正が起きにくいメリットがある。予測市場には「Augur(オーガー)」や「Gnosis(ノーシス)」といったサービスが立ち上がっているが、2021年10月末時点では、日本人にとってはなじみのない取引対象ばかりだ。

【4】AMM  Automated Market Maker

日本語で「自動マーケットメイカー」と呼ばれる、DeFiの根幹技術。既存の金融業界では、為替取引の際に逐一投資家同士をマッチングしているが、多くのDeFi取引所ではこのシステムを排除。代わりに、「流動性(LP)プール」という大量の仮想通貨ストックを間にはさみ、投資家はそこと売買する。売り手と買い手をマッチングする手間を省くことでコストを削減しているのだ。LPプールに資金を供給する代わりに報酬を得るのが、「流動性マイニング」である。

2022年は賢く稼ぐ!新時代のマネートレンドを完全網羅した「DIME MONEY 投資の強化書2022」

世界情勢が刻一刻と変化する今、世の中がどう変化しようと自分の力で本質を見抜き、自分に合った方法で資産形成をしていく必要性を感じている人も多いでしょう。本誌ではビジネスパーソンのためのライフハックマガジンとして積み上げてきた知見を生かし、株だけでなく、仮想通貨やNFT、DeFiといった昨今のニュースをにぎわす〝新しい資産〟についても解説していきます。経済誌やマネー誌とも違った視点で、投資を考える一冊です。新時代の資産形成の羅針盤としてお役立てください。

※オンライン書店は完売しております。お近くの書店でお買い求め下さい。

今話題の「NFT」と「DeFi」についてもっと深く知りたい人はこちら

書籍やネットを探しても、「NFT」や「DeFi」をわかりやすく丁寧に解説しているものはほとんどない。むしろ「なにやら儲かるらしい」といった危険な情報が錯綜しており、誤った情報を吸収している人が増えている状況だ。

そこで、ビジネスパーソンに最新のトレンドを届けてきた雑誌「DIME」の編集部が、世の中を変貌させる力を持つ新たなテクノロジーをメリットとデメリットを明確にしながら、読者にわかりやすく解説する。

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。