小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【DeFi投資入門】預けるだけじゃない!DeFiの基本となる3つの稼ぎ方

2022.01.15

DeFi

今すぐDeFi投資を始めてみたいと思った時に、何から手をつければよいか。まずは前提となる知識を頭に入れておこう。用語が従来の金融とまるで違うので、よくあるDeFi投資の用語や、ネット上にあふれるDeFiサービスとはどのようなものかを、わかりやすくまとめた。

本質は既存の〝金融〟と同じで「仮想通貨の融通」

「イールドファーミング」が稼ぎ方の基本

 資金が余っている人から不足している人へ融通するという、金融の本質はDeFiでも変わらない。しかし従来の金融とは異なりDeFi預金、DeFi証券、DeFiカードローンといった言葉は見かけない。代わりに「イールドファーミング」という言葉をよく目にする。これは、仮想通貨をDeFiサービスに預けることで利息や手数料収入を得るという仕組みで、仮想通貨で行なう預金や投資を一緒くたに表わす。DeFi投資では基本となる手法は以下の3つだ。

まずは基本となる3つの手法を理解しよう

(1)レンディング 仮想通貨を貸し出して稼ぐ
(2)ステーキング 取引承認の投票権で稼ぐ
(3)流動性マイニング 仮想通貨同士の両替手数料で稼ぐ

この3手法の中でステーキングが一番イメージしづらい。仮想通貨取引をブロックチェーン上に記録する時に、データが正しいかネットワーク参加者によって、承認投票が必要になる。この作業をステーキングといい、参加者には報酬がもらえる仕組みだ。

なぜイーサリアム(ETH)やバイナンスコイン(BNB)がDeFiサービスによく出てくるのか?

「スマートコントラクト」がDeFiを形作るすべての礎

 管理者が不在のDeFiで、利息が正しく受け取れるのだろうかという不安を解消するのが「スマートコントラクト」という技術だ。スマートコンラクトは「ブロックチェーンに記録されている取引データと連動して、指定期日になったら利息を支払う」といった契約事をプログラミングでき、期日になったら支払いを自動実行してくれる。

●スマートコントラクトのイメージ

スマートコントラクトのイメージ

金融サービスにとどまらず、物やサービス提供の対価を支払うという契約の基本原則をプログラミングし、自動で履行される。

DeFiで稼ぐために準備するものは?

 DeFi投資を始めるにあたって必要なものは右に記した2つだ。実は、仮想通貨投資や、最近話題となっているNFT投資と共通している。DeFiの取引では、手数料の支払いから投資金の準備まですべて仮想通貨で行なうのだが、手数料に使える仮想通貨はDeFiサービスによって異なってくるため、対応する仮想通貨の準備が必要だ。

仮想通貨やNFT取引と同じものが必要

(1)メタマスクなどの仮想通貨ウォレット
(2)イーサリアムやバイナンスコインなどのDeFi取引で使う仮想通貨

主なDeFiサービスの一覧

 前述した3手法で投資できるDeFiサービスは無数にあると言っても過言ではない。その中では分散型取引所(DEX)というサービスでの投資がメジャーだ。以下に掲載したものは比較的知名度が高く、初心者でも試しやすい。各サービスとも独自の仮想通貨を発行しており、サービスを利用することでもらえる場合もある。利用者が増えるほどその価格が上昇するため、利息収入と合わせて利益の二重取りができるかもしれない。

主なDeFiサービスの一覧

DeFiサービスで活躍する「ステーブルコイン」って何?

投資手法ではないが、円や米ドルなどの法定通貨や、他の仮想通貨と価格連動するように作られた仮想通貨がある。「ステーブルコイン(安定した仮想通貨)」と呼ばれるもので、上の表でいえば「DAI」がこれにあたり、多少の価格のズレはあるものの1枚1米ドルで売買できる。多くの仮想通貨の価格は1日あたり10%以上乱高下することがよくあるため、モノやサービスを購入するための〝通貨〟としては使いづらいが、ステーブルコインは価格の変動が小さいため、既存の金融の仕組みのように安定した取引を実現するには必要不可欠なものだとされている。

2022年は賢く稼ぐ!新時代のマネートレンドを完全網羅した「DIME MONEY 投資の強化書2022」

世界情勢が刻一刻と変化する今、世の中がどう変化しようと自分の力で本質を見抜き、自分に合った方法で資産形成をしていく必要性を感じている人も多いでしょう。本誌ではビジネスパーソンのためのライフハックマガジンとして積み上げてきた知見を生かし、株だけでなく、仮想通貨やNFT、DeFiといった昨今のニュースをにぎわす〝新しい資産〟についても解説していきます。経済誌やマネー誌とも違った視点で、投資を考える一冊です。新時代の資産形成の羅針盤としてお役立てください。

※オンライン書店は完売しております。お近くの書店でお買い求め下さい。

今話題の「NFT」と「DeFi」についてもっと深く知りたい人はこちら

書籍やネットを探しても、「NFT」や「DeFi」をわかりやすく丁寧に解説しているものはほとんどない。むしろ「なにやら儲かるらしい」といった危険な情報が錯綜しており、誤った情報を吸収している人が増えている状況だ。

そこで、ビジネスパーソンに最新のトレンドを届けてきた雑誌「DIME」の編集部が、世の中を変貌させる力を持つ新たなテクノロジーをメリットとデメリットを明確にしながら、読者にわかりやすく解説する。

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

取材・文/編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。