小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

説明できる?NFTとセキュリティートークンの違い

2022.01.08

 仮想通貨とNFTはよく一度に語られるが、これらと似ているものに「セキュリティートークン」というものがある。やはり、ブロックチェーン技術を使って価値を表わしたもので、仮想通貨やNFTと同じくネット上で取引できる。違いはまず、セキュリティーには「証券」という意味があり、セキュリティートークンとは、企業が発行している「株式」をデジタル化したものといえる。株式も同じ企業が発行しているものであれば、通貨の1万円札のように、基本的に同じものとしてどれも扱える。NFTでは、シリアルナンバーを付与した〝1点モノ〟、つまり代替不可能という特徴があった。またセキュリティートークンの場合、日本では金融商品取引法という法律でその取引に規制がかかっている。具体的には、セキュリティートークンの売買の仲介を行なえるのは、証券会社でなければならないという規制である。

 つまり、NFTはデジタルコンテンツの権利を表わしているが、金融商品ではない。一方、セキュリティートークンは会社などの権利を表わして、金融商品として扱われているという違いがある。

技術仕様によって用途を使い分けている!

 NFTもセキュリティートークンもイーサリアムという仮想通貨のブロックチェーンを基盤に使って発行している。厳密には、その内部規格が異なる。右表にまとめたとおり、それぞれ「ERC721」「ERC1400」という規格で発行されている。その規格にはトークンを分割できるかなどの違いがある。NFTかセキュリティートークンか区別できない場合には、この規格番号がどちらかを調べれば判定できる。

■ NFTとセキュリティートークンの仕様

NFTとセキュリティートークンの仕様

2022年は賢く稼ぐ!新時代のマネートレンドを完全網羅した「DIME MONEY 投資の強化書2022」

世界情勢が刻一刻と変化する今、世の中がどう変化しようと自分の力で本質を見抜き、自分に合った方法で資産形成をしていく必要性を感じている人も多いでしょう。本誌ではビジネスパーソンのためのライフハックマガジンとして積み上げてきた知見を生かし、株だけでなく、仮想通貨やNFT、DeFiといった昨今のニュースをにぎわす〝新しい資産〟についても解説していきます。経済誌やマネー誌とも違った視点で、投資を考える一冊です。新時代の資産形成の羅針盤としてお役立てください。

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

今話題の「NFT」と「DeFi」についてもっと深く知りたい人はこちら

書籍やネットを探しても、「NFT」や「DeFi」をわかりやすく丁寧に解説しているものはほとんどない。むしろ「なにやら儲かるらしい」といった危険な情報が錯綜しており、誤った情報を吸収している人が増えている状況だ。

そこで、ビジネスパーソンに最新のトレンドを届けてきた雑誌「DIME」の編集部が、世の中を変貌させる力を持つ新たなテクノロジーをメリットとデメリットを明確にしながら、読者にわかりやすく解説する。

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

取材・文/編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。