小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【未来テック図解】宇宙太陽光発電、惑星旅行を実現する「宇宙エレベーター」構想

2021.12.15

Amazon創業者のジェフ・ベゾス氏やZOZO創業者前澤友作氏が宇宙に旅立った2021年。彼らはロケットで飛んだが、まったく違うアプローチで宇宙への旅を実現させるのが「宇宙エレベーター」だ。

長年、夢物語とされてきたが、軽くて強いカーボンナノチューブが発見されると、現実味を帯びるように。大林組は2012年に宇宙エレベーター構想を発表している。宇宙開発が脚光を浴びる今、技術本部未来技術創造部の石川洋二氏に、ビジョンと現状の課題を聞いた。

宇宙エレベーター全体の構造は上図のとおり。地上の基地「アース・ポート」から先端の「カウンターウエイト」までの総延長は約10万km。地球の円周の2.5倍という壮大なスケールだ。

地球の自転をエネルギーに遠心力が働くので、カーボンナノチューブのケーブルは地上に対して常に直立する。ハンマー投げと同じ原理だ。

ワイヤーにつかまって上るので、推進力で空気中を進むロケットより、少ないエネルギーで宇宙空間に到達できるし、事故のリスクも少ない。

ただし、ふつうのエレベーターのようにケーブルが引っ張ってくれるわけではなく、「クライマー」と呼ばれる昇降機が自らの動力で進む。クライマーには、地上から無線送電でエネルギーを送る。

宇宙エレベーター建設のメリットは、低コストで大量輸送が可能になること。「ロケットと比べ輸送コストが2桁下がる、という試算もある」と石川氏。例えば、人類長年の夢である「宇宙太陽光発電」が実現する。

宇宙太陽光発電は巨大なパネルを静止軌道上に打ち上げ、地球に届かない太陽光エネルギーをとらえ、無線で地上に送る仕組みだ。構想は50年以上前からあるが、ロケットの輸送コストが大きすぎて実現してこなかった。

また、地球から離れるほど遠心力は強くなるので、少ないエネルギーで地球の重力圏を脱出できる。先端から放り投げるように宇宙船を放出すれば、地球からよりもはるかに簡単に、他の惑星にたどり着ける。

地上10万kmのカウンターウエイトは、木星や小惑星を目指す「太陽系資源採掘ゲート」を兼ねる。5万6000kmには「火星連絡ゲート」が設置。他の惑星への移住や宇宙コロニーの建設、さらに宇宙への観光旅行などSFのような世界がぐっと近づく。

また、「宇宙から地球へ物を持ち帰るのにも役立つ(石川氏)」というように、JAXAの「はやぶさ」が行ったような小惑星からの資源採取も進むだろう。

さて、ここまで期待が高まって知りたくなるのは、「本当に実現するか? するならいつか?」ということ。大林組の試算では総工費10兆円で工期は25年。2025年着工、2050年完成というタイムスケジュールが組まれており、「現在も予定を断念したわけではない」と石川氏はいう。

とはいえ、実現へ向けた課題は山積みだ。10万kmにもおよぶカーボンナノチューブは存在していないし、クライマーを動かす無線送電も十分ではない。また、アース・ポートをどこに誰がつくり、管理するか、という国際的な課題もある。

宇宙開発は止まらないし、宇宙エレベーターのメリットは大きいように思える。近いうちに人類は技術的、社会的な課題をクリアして、実現へ向けて動き出すのではないだろうか。

●OBAYASHI IDEA
宇宙エレベーター建設構想

取材・文/ソルバ!
人や企業の課題解決ストーリーを図解、インフォグラフィックで、わかりやすく伝えるプロジェクト。ビジネスの大小に関わらず、仕事脳を刺激するビジネスアイデアをお届けします。 
https://solver-story.com/

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。