小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ニコンのフルサイズミラーレス「Z 7II」を携えた富士山一周ロングトレイルに挑戦!

2021.12.05

■連載/ゴン川野の阿佐ヶ谷レンズ研究所

ユーザーニーズに応えたNikonの主力モデル

Nikonのミラーレスと言えば「Z 9」の発売が待たれるが、その前に主力モデルの「Z 7II」の実力を検証しておきたい。ZからZIIへの主な変更点は、メモリーカードがダブルスロットになってXQDカードだけでなく、SDカードが使えるようになったこと。そして、画像処理エンジンもデュアル化され、連写性能、AF性能などが改善されている。さらにタテ位置にシャッターボタンを搭載したバッテリーグリップ「MB-N11」も登場した。

EVFをさえぎると液晶モニター画面がブラックアウトする問題もセンサーの搭載で解決している。センサーに変更はなかったが、AFまわりが強化され、弱点のないモデルに仕上がっている。今回は写真家、小平尚典氏に依頼して、富士山ロングトレイルに持参して作例を撮影してもらった。レンズは超広角ズーム「NIKKOR Z 14-30mm f/4 S」を使用した。

左側にモードダイヤルを配置、右側の前後にコントロールダイヤルを配したオーソドックスなインターフェイスが使いやすい。撮影情報用の軍艦部にある液晶表示も見やすい

ダブルスロットになり、CFexpress(Type B)/XQDカードとUHS-II規格対応のSDカードが同時に使えるようになった

タッチパネルを採用した液晶モニターはチルト式で、3.2型、約210万ドットと高精細

B1まで引き伸ばせる高解像度とバッテリーの持ちが魅力

「Z 7II」と「Z 6II」の最大の違いはセンサーの画素数で、4575万画素に対して、2450万画素となる。PCのモニターで見るなら、どちらも充分に高解像度だが、大きなサイズにプリントする場合、画素数が効いてくる。プロの目安は約4000万画素である。Z 7IIならB1に引き伸ばしても全然問題ないと小平氏も太鼓判を押す。これだけあればトリミングを考えても安心だが、高画素には底知れぬ魅力が潜むようで、小平氏は先月、5000万画素のFUJIFILM「GFX50S II」を導入したという。画質面以外での「Z 7II」のインプレはどうだったのだろう。

「まず、バッテリーの持ちが良いので安心です。一眼レフに比べるとミラーレスは電池が持たない印象がありますが、それが払拭されました。操作系も従来機と同じなので迷わず使えました。カメラのホールド感もよく、データの書き込みも早いですね」と語ってくれた。

「それから、Zマウントのレンズが非常にいいですね。逆光にも強く、四隅まで解像度が高く歪みも抑えられています。交換レンズのラインナップとしては望遠系が弱いですが、新しい100ー400mmのズームが出れば、その弱点もほぼ解消されると思います。新しいマウントアダプターFTZ IIも使いたかったのですが、今回は間に合わずFTZを使いました。画質やAF性能などを考えると、思い入れのあるレンズを使うにはいいですが、Z 7IIの実力を発揮させるにはZマウントレンズとの組み合わせがベストです」と小平氏。

富士山ロングトレイルを歩く、写真家、小平尚典氏

超広角14mmで太陽を入れた逆光撮影。フレアが出ているがうるさくなく、光芒の形も美しい
Nikon Z 7II NIKKOR Z 14-30mm f/4 S 1/400sec、F16、ISO200

望遠端30mmでの接写。拡大していくと胞子体が花のように見えた
Nikon Z 7II NIKKOR Z 14-30mm f/4 S 1/50sec、F4 +0.33EV、ISO200

スローシャッターで川の流れを表現。日向と日陰、乾いた石と濡れた石の質感の違いが見事だ
Nikon Z 7II NIKKOR Z 14-30mm f/4 S 1/10sec、F10 +0.33EV、ISO200

大きな岩にへばりつくかに生えた木。14mmで近付くと巨岩のスケール感が出た
Nikon Z 7II NIKKOR Z 14-30mm f/4 S 1/320sec、F7.1、ISO200

収穫後のブドウだろうか、陽射しを浴びた枯葉の葉脈のコントラストが鮮やかだ
Nikon Z 7II NIKKOR Z 14-30mm f/4 S 1/80sec、F8 +0.33EV、ISO200

木々のトンネルの中を流れる小川。透過光によって微妙に変化する葉の色合いがいい
Nikon Z 7II NIKKOR Z 14-30mm f/4 S 1/400sec、F4 +0.33EV、ISO200

逆光の富士、光芒を入れながらハイライトが飛ばず、シャドーもつぶれずに描写された
Nikon Z 7II NIKKOR Z 14-30mm f/4 S 1/320sec、F22 -0.33EV、ISO200

NIKKOR Fマウントレンズが使えるマウントアダプター FTZを使用しての撮影もおこなった

小平氏の持参した20mmを使用、周辺光量落ちなどもありオールドレンズの味わいが楽しめた
Nikon Z 7II Ai AF NIKKOR 20mm f/2.8 D 1/125sec、F2.8、ISO200

こちらは50mmF1.4で、絞り開放でEVFを使いながらピントを合わせた。全体的に柔らかい描写だ
Nikon Z 7II Ai NIKKOR 50mm f/1.4 S 1/50sec、F1.4、ISO200

写真・文/ゴン川野

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。