小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「iPhone 13 Pro/Pro Max」に搭載されているLiDARスキャナって何?

2021.11.29

執筆時点で最新の「iPhone 13」シリーズは、iPhone 13/iPhone 13 mini/iPhone 13 Pro/iPhone 13 Pro Maxの4モデルで展開されています。それぞれサイズや性能に違いがあることは多くの人がご存じの通りでしょう。

“Pro”の名を冠する2モデルは、随所により高性能な機能が搭載されています。iPhone 13シリーズでいえば、ディスプレイの画面が書き換わる回数を示す「リフレッシュレート」が120Hzに対応しました。

今回は、そんな“Pro”モデルの一部にのみ搭載されている「LiDARスキャナ」の役割や使用用途を紹介していきます。

「LiDARスキャナ」はiPhone 12 Pro/Pro Max、iPhone 13 Pro/Pro Maxに搭載! その役割は?

「LiDARスキャナ」は、iPhone 12 Pro/Pro Maxにて初めて搭載された機能で、最新モデルであるiPhone 13 Pro/Pro Maxにも踏襲された形になっています。“Pro”モデルに搭載されていると紹介しましたが、iPhone 11 Pro以前のiPhoneシリーズでは利用できないので注意しましょう。

「LiDARスキャナ」とは、光を対象物に照射し、跳ね返ってくるまでの時間から対象物までの距離を計測するためのセンサーです。イルカやコウモリが超音波で物体との距離を測る特性の“光バージョン”のようなイメージでしょう。

「LiDARスキャナ」を活用することで、非搭載モデルとはまた一段階違う写真/動画の撮影体験や、ARアプリの活用が可能となります。では、具体的な使用用途を、最新の「iPhone 13 Pro」を使いながら確認していきましょう。

【参照】iPhone、iPad、iPod touchで計測Appを使う

iPhone 13 Pro/Pro Maxにも搭載されている「LiDARスキャナ」でできること【ナイトモードのポートレート】

「LiDARスキャナ」を活用するシーンとして最も身近なのが、ポートレート撮影でしょう。“Pro”ではないiPhone 13/13 miniといったモデルでも、ポートレート撮影自体は対応していますが、「LiDARスキャナ」の“光を飛ばす”という性質から、iPhone 13 Pro/Pro Maxではナイトモードでのポートレート撮影も可能となっています。

iPhone 13 Pro/Pro Maxは、広角レンズのみならず、超広角レンズや望遠レンズでもナイトモードでのポートレート撮影に対応。より豊富な撮影パターンが楽しめるようになっています。

また、iPhone 13シリーズから搭載された新機能に、「シネマティックモード」という動画撮影モードがあります。これは、動画撮影時にフォーカスを合わせる被写体をiPhoneが自動的に切り替えてくれることで、映画のような動画が簡単に撮影できるという機能。

本機能はiPhone 13/13 miniでも利用できますが、iPhone 13 Pro/Pro Maxであれば「LiDARスキャナ」を活用することでより正確かつシームレスなポートレート効果に期待ができるでしょう。

iPhone 13 Pro/Pro Maxにも搭載されている「LiDARスキャナ」でできること【サイズの計測】

「LiDARスキャナ」と、iPhoneシリーズにプリインストールされている「計測」アプリをかけ合わせれば、対象物のサイズを正確に測ることができます。

具体的な使用用途としては、引っ越し前に家具のサイズを計測しておき、新居のどこに置くかを事前に考える、といったケースが考えられます。

上図のように本棚の縦/横幅を計測しておくことで、どれくらいのスペースを確保しておくべきかあらかじめ考えやすい、ということですね。本棚のように動かすのが大変な家具は、本機能を使うことで、模様替えの際などにも失敗が少なくなるかもしれません。

iPhone 13 Pro/Pro Maxにも搭載されている「LiDARスキャナ」でできること【ARアプリの活用】

対象物との距離を正確に測れるという特性を活かし、近年徐々に増えている「AR(拡張現実)コンテンツ」を最大限楽しむためにも「LiDARスキャナ」は有用です。

Niantic,inc.
【参照】App Store Pokemon GO

ARを活用したコンテンツとして最も有名なのはアプリゲーム「ポケモンGO」でしょうか。ゲーム内では、見つけたポケモンをAR表示し、自分が今いる空間にポケモンが現れたかのように表示することができるのですが、「LiDARスキャナ」を活用することで、より早く正確に空間を把握することができます。

Inter IKEA Systems B.V.
【参照】App Store IKEA Place

他にも、「IKEA Place」といったアプリは、ARを使い、購入前に家具を疑似的に自宅に配置するといった使い方ができます。ARコンテンツは今後も拡充されていくと考えられるので、「LiDARスキャナ」は“未来に適応した機能”ともいえるかもしれません。

※データは2021年11月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。