小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

女性に人気のリモート勤務中のおやつTOP3、3位スナック菓子、2位クッキー・ビスケット、1位は?

2021.11.26

長時間の在宅ワークでは、ちょっと小腹を満たしたい時がある。では、リモートワークに従事する働く女性たちは、どんな間食を求めているのだろうか?

そんな「リモート勤務中の間食」に関する実態調査がこのほど、株式会社ファーマインドにより、週に3日以上リモート勤務に従事する全国の女性500名を対象にして実施された。

1.リモート勤務中の間食ランキング

リモート勤務が定番化しつつある昨今。リモート勤務中によく食べるおやつ・間食を質問したところ、最も多かったのは8割近くが回答した「チョコレート(79.8%)」。オフィスで食べるには咀嚼音の気になる「クッキー・ビスケット(58.4%)」や「スナック菓子(49.8%)」、煎餅などの「米菓子(37.4%)」も上位に入った。

また、オフィスで食べるイメージがあまりない「アイスクリーム(43.6%)」も4割以上が回答。リモート勤務中の間食ならではのランキングと言えそうだ。

【リモート勤務中のおやつ・間食ランキング】※複数回答
1位:チョコレート(79.8%)
2位:クッキー・ビスケット(58.4%)
3位:スナック菓子(49.8%)
4位:アイスクリーム(43.6%)
5位:米菓子(煎餅など)(37.4%)

■仕事中の間食、カロリー過多だと感じている割合は7割以上。1日の間食代平均「299円」!20代は「376円」

仕事中のおやつ・間食について、カロリー過多だと感じている人の割合は、「感じる(32.8%)」「どちらかというと感じる(41.4%)」を合わせると7割以上だった。

比較的多くの働く女性が自身の間食について、問題意識を持っていることが明らかに。間食を止めるという選択肢もあるが、今食べているものから低カロリーなものに置き換えることを検討してみるといいかもしれない。

また、昼食を別とした、1日のおやつ・間食代についての回答では、調査対象である20~50代女性の平均は「299円」。20代だけで見てみると「376円」と、年代が下がるにつれて、間食代は高くなる傾向にあった。

リモート勤務中のおやつとして、人気だったチョコレートやクッキー・ビスケット、スナック菓子を1つ分300キロカロリー前後とすると、300円ほどあれば、なかなかのハイカロリーを摂取している可能性があり、カロリー過多だと感じている女性が多いというのも頷ける。

2.リモート勤務時の方がおやつ・間食量が多い人は8割以上

オフィス勤務よりもリモート勤務時の方が、おやつ・間食量が多いかという質問では、8割以上が「多い(42.8%)」または、「どちらかというと多い(37.8%)」と回答した。

リモート勤務の方がおやつ・間食量が多い理由として、「周りの目を気にせずに、好きなタイミングで好きなものを食べられるから(東京都・32歳女性)」「家では手作りのおやつやストックなど、種類も量も豊富だから(大阪府・54歳女性)」などの意見が目立った。

さらに、おやつ・間食の内容について、どのような変化があったのか質問。「在宅勤務になってから体重が右肩上がりということもあり、低カロリーでヘルシーなものを選ぶようになった(東京都・51歳女性)」「オフィス勤務時は手軽につまめるもの、在宅時間時は、皮を剥く手間がかかるフルーツや、作る手間のかかるホットケーキなどを食べるようになった(新潟県・42歳女性)」といった意見のほか、「オフィスの方がストレスで食べてしまう(東京都・23歳女性)」と回答した人がいた。

■約7割はリモート勤務時に、おやつ・間食を食べ過ぎて後悔した経験あり

リモート勤務時の方がおやつ・間食を摂ってしまう人が多いことが明らかになった。自宅だとついつい食べ過ぎてしまう女性が多くいるようで、リモート勤務時におやつ・間食を食べ過ぎて後悔した経験がある人の割合は全体の約7割。間食は楽しみの一つかもしれないが、適量を心がけることが重要だ。

3.おやつ・間食に求める理想の要素TOP3「手軽さ」「気分転換できる」「カロリーが低い」

リモート勤務中のおやつ・間食に対して、食べ過ぎて後悔した経験があったり、カロリー過多だと感じていたりする女性が多くいた。そこで、おやつに求める理想の要素を質問。「手軽に食べられる(63.8%)」「気分転換できる(59.8%)」「カロリーが低い(56.2%)」と約6割が回答し、これらの要素を満たすおやつを、間食として取り入れたいと考えている女性が多くいることが明らかになった。

■好きなフルーツランキング1位「いちご」、2位「梨」、3位「桃」

リモート勤務によって、おやつとしてフルーツを食べるようになったという人が。好きなフルーツは何なのか質問したところ、1位は「いちご(15.0%)」、2位は「梨(14.6%)」、3位は「桃(14.4%)」だった。年代別で見ると、20代の1位は「梨」、「ぶどう」や「パイナップル」も全体と比べて上位にランクインした。

またフルーツを食べる頻度を調査すると、「毎日(21.0%)」と回答した人は全体の約2割。1週間に1回以上食べる人は全体の71.6%だった。

【好きなフルーツランキング】※単一回答
1位:いちご(15.0%)
2位:梨(14.6%)
3位:桃(14.4%)
4位:ぶどう・りんご(6.4%)※同率
6位:メロン(5.8%)
7位:スイカ(5.4%)
8位:みかん(5.2%)
9位:パイナップル(4.8%)
10位:キウイ(4.0%)

■好きなカットフルーツランキング1位「パイナップル」2位「りんご」3位「メロン」

コンビニやスーパー等で購入でき、手間いらずで手軽に食べられるカットフルーツ。ビタミンや食物繊維が豊富で、おやつに求める理想の要素も多く満たしており、健康的なおやつ・間食としても取り入れやすいと考えられる。

好きなカットフルーツを調査すると、1位だったのは「パイナップル(37.2%)」、全体の4割近くの人が回答。2位は「りんご(11.6%)」、3位は「メロン(10.4%)」という結果に。

【好きなカットフルーツランキング】※単一回答
1位:パイナップル(37.2%)
2位:りんご(11.6%)
3位:メロン(10.4%)
4位:スイカ(10.0%)
5位:ぶどう(8.0%)

最後に、カットフルーツランキングで1位になった「パイナップル」について質問した。完熟した甘いパイナップルに対して、「非常に好き(41.4%)」と回答した人は約4割。「好き(34.0%)」「どちらかというと好き(16.6%)」を合わせると、約9割の人が“パイナップル好き”ということが明らかになった。

好きな理由を質問すると、「甘いのでチョコなどの代わりになり、満足感がある(東京都・37歳女性)」「酵素などの栄養価もあり低カロリー、爽やかな味だから(東京都・38歳女性)」「パイナップル自体が好きだが特に甘いものがおいしい(大阪府・29歳女性)」といった意見が見受けられた。

<調査概要>
・調査方法:WEBアンケート調査
・調査テーマ:リモート勤務中の間食に関する調査
・調査対象者:全国の20代~50代働く女性500名
・調査対象者条件:週3日以上在宅勤務に従事し、仕事中に間食する人
・調査実施日:2021年10月5日~8日
・調査主体:株式会社ファーマインド

出典元:株式会社ファーマインド
https://www.farmind.co.jp/

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。