小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

未婚男女2400人に聞いた親に恋愛や結婚のことを聞かれて感じること

2021.11.26

多くの子どもにとって親は最大の理解者だ。とはいえ、成人を迎えてから恋愛や結婚の相談を父や母にするかどうかは、人によって意見が分かれるところではないだろうか。

タメニー株式会社はこのほど、20〜49歳の未婚男女2,400人に対して「恋愛や結婚についての相談」に関するアンケート調査を実施した。詳細は以下の通り。

「親に恋愛や結婚の相談をする」20~40代未婚男女の13.9%

まずは普段、親に恋愛や恋活、結婚や婚活について相談をするかどうか調べた。

親に「恋愛・恋活についてのみ相談する」人は2.3%、「結婚・婚活についてのみ相談する」人は3.6%、「恋愛・恋活、結婚・婚活どちらについても相談する」人は8.0%だった。合わせて13.9%の20~40代未婚男女が、親に恋愛や結婚について相談しているという結果になった。

年代別に表したのが以下のグラフだ。「恋愛・恋活、結婚・婚活どちらについても相談する」においては20代と40代で2倍以上の差が出た。

親から恋愛や結婚について聞かれるのは2割程度

続いて、親から恋愛や結婚について聞かれる人は実際にはどのくらいいるのだろうか。「恋愛や結婚について親から聞かれることはありますか?」という問いに対し、「よく聞かれる」(3.9%)、「たまに聞かれる」(16.8%)と答えた人は合わせて20.7%だった。

また、「ほとんど聞かれない」(24.3%)、「全く聞かれない」(32.5%)といった、親に恋愛や結婚について聞かれない人は56.8%だった。

こちらも年代別で見てみたところ、「たまに聞かれる」においては20代と40代で2倍以上の差が出る結果となった。

恋愛や結婚について親から聞かれてどう思う?

先ほどの調査では、「恋愛や結婚について親から聞かれる」人は20.7%だったことがわかった。「よく聞かれる」「たまに聞かれる」と回答した人に、親からどんなことを聞かれるのか、また聞かれてどう感じるかについて具体的に教えてもらった。

中には聞かれて嬉しい、自分からも相談するといった人もいたが、やはり、恋愛や結婚について親から聞かれることを、うっとうしい、面倒くさいと思っている人が全体的に多く見られた。

【男性】

・いつ結婚するか、仲良くやっているか心配してくれているので嬉しい(23歳・男性)
・「最近どうね?」と聞かれ、状況を詳細に話す。嫌な気分は全くしない。むしろ乗り気でよく話す(25歳・男性)
・「好きな人はいるか?」とか「家系を途絶えさせたらダメ」とか言ってくる。そのたびにイライラする(26歳・男性)
・もうすぐ結婚することが決まっているので、あれの準備はどうなってるの?これの準備はどうなってるの?と、時々干渉してきます。自分では全然分からないこともあるので、助かることもあるなと思ってます(28歳・男性)
・早めに結婚しろよ、相手はいないのかなど。正直なところ結婚はどうでもいいので話題を振られると面倒(30歳・男性)
・結婚しないのか、いい相手はいないかと聞かれるが、あまり進展がないので曖昧な返事をしている(31歳・男性)
・今、どんな人とデートをしているのかを聞かれることと、誰が一番いいかを評価されるので正直やめてほしいと思う(31歳・男性)
・まだ結婚しないの?いい人はいないのと聞かれました。話すの面倒くさいなと思いました(31歳・男性)
・何歳までに結婚したいとかあるん?と聞かれる。彼女の有無についても聞かれるが、結婚する相手しか紹介する気はないのでほとんど質問に答えていない(31歳・男性)
・40までに結婚しないと孫の面倒を見れないから早くしなよと言われて焦る(36歳・男性)
・子どもが見たいと言われる。親の面倒も見ないといけないので結婚は難しいと思っている(36歳・男性)
・早く結婚して子ども見せて、心配なのではやく落ち着いてほしい、など言われます。自由に生活してるのであまり干渉してほしくないと思っている(37歳・男性)
・周りの同級生はみんな結婚しているのに、なぜお前は結婚しないんだ?と食事の席でたまに聞かれることがある。「はい、はい」と聞き流すが、しつこいときは「できるならしてるよ!」と返すこともある。その後、あまり気持ちのいい会話にはならないので結婚や子どもの話題には触れないようにしている(38歳・男性)
・結婚したくないのかとたまに言われるが、それについて特にどう思うということはない(39歳・男性)
・いつ結婚するのかと聞かれます。団地の同級生がみんな家から出ているのでプレッシャーを感じます(43歳・男性)
・「結婚する気あるの?」と、ストレートに聞かれる。面倒くさいと思いつつ、結婚していないことを申し訳なくも思う(43歳・男性)
・「良い人がいればいいね」と言われる。いい歳だし、見つかっても見つからなくてもどちらでもいい気分(46歳・男性)
・今の彼女とどうして結婚しないのかを時々聞かれる。どうしてかうまく答えられないので困る(46歳・男性)
・○○さんの息子さんは結婚して子どもが生まれてと、友達の子どもの話をする(46歳・男性)
・早く結婚しろと、できないことをいつまでも要求され、申し訳ない気持ちになる(47歳・男性)
・知り合いの○○さんのところの~は結婚したんだって、というふうに話を振ってくる(47歳・男性)

【女性】

・彼氏はいるのか、マッチングアプリに登録してみたら?と聞かれたりする。迷惑ではないけれど、恥ずかしい(21歳・女性)
・今付き合っている人がどこの人で何の仕事をしているかなどを聞かれる。性格はいい人だが学歴や仕事についてはあまり良くないので、そういったことを聞かれると答えづらくて困る(23歳・女性)
・親元を離れて1人暮らしをしているので、会ったときに今誰とどういうお付き合いをしているのかを聞かれる。私も話すことが好きなので彼のことをよく話す(24歳・女性)
・彼氏はいるか、結婚はどうするか聞かれたことがある。特に嫌だと思わないのでお母さんには聞かれたことは話すけれど、父親には話さない(24歳・女性)
・いつ結婚するのか、準備があるので早めに言ってくれと言われる。気遣ってもらってありがたいと感じる(27歳・女性)
・今の恋人と将来のことは話しているのか、と聞きながらも、今の人とは釣り合わないと言うので腹が立つ(29歳・女性)
・彼氏と同棲3年目なので、結婚はいつするの?と聞かれる。迷惑ではない。親と同棲中の話をするのも楽しい(30歳・女性)
・最近気になる人は?とか、出会いの話、職場の同僚と仲が良いので、進展しないのかなど聞かれる。正直相談に乗ってもらえるので助かるし、誰かを薦められたり、比較されたりはしないので気楽です(31歳・女性)
・結婚を考えている人はいるのか、焦っていないかなど聞かれる。広い心で見ていてくれるので安心している(34歳・女性)
・彼氏とは基本的に週に2回会っているが、どっちが料理をつくっているのか聞かれる。「お客さまではないのだからしっかりと手伝ってもらっているのか」、「2人とも家事が得意なら、どちらかが倒れても安心だからね」と言われる。以前に付き合っていた彼氏のときはかなり嫌味を言われていたのに、これだけ大歓迎されるとちょっと怖い(35歳・女性)
・お母さんが元気なうちに結婚してほしいと言われるが、プレッシャーで嫌になる。誰でもいいから適当に結婚した方がいいのかと悩んでしまう(36歳・女性)
・帰省するたびに、「どこかにあんたをもらってくれる良い人いないかねぇ」と聞かれるのでうんざり(37歳・女性)
・早く結婚しないと孤独死するとよく言われます。少しうっとうしく思ってしまいます(38歳・女性)
・「誰かいい人はいないか」「いい人がいれば紹介してほしい」など、親と話すことがある(40歳・女性)
・知り合いの○○さんのところの息子さんがいるけど会ってみないか、と言われても気が進まないし迷惑(41歳・女性)
・結婚をしてほしいと言われます。はっきりとは言わないけれど、○○さんはどう?といったようなことも言われたりします。人からの紹介や合コンなどが嫌いなので、言われれば言われるほどその人とお付き合いする気はなくなっていきます(41歳・女性)
・離れて暮らす母から「そっちで、いい人いないの?」とたまに聞かれるので、「いたら話してる」と答えています。親として心配なんだろうなぁ、早く安心させたいと思う(41歳・女性)
・「最近、出会いはあるの?」と聞かれる。友達から聞かれるような感じなので、相談や報告も友達にするように話します(43歳・女性)
・今現在、付き合ってる人がいるのか?また付き合って長いならそろそろ結婚して落ち着いたらどうかって言われます。個人的には、自分では決断できかねることもあるので背中を押されて助かってる部分もあります(45歳・女性)

■成婚コンシェルジュ 菅聡子氏のコメント

婚活や恋愛の相談を誰にしますか?

アンケートでは若い世代の方が比較的、両親に相談するという結果が出ました。ここ数年で婚活をする20代30代が増えてきました。若い人ほど婚活に抵抗がなくなってきており、友人に話すような感覚で家族に婚活や恋愛を相談する人が増えているように感じます。逆に40代50代は慎重になり、親には色々と決まってから、また本当に自分が納得してから話しをしたいと思う気持ちもあるでしょう。では親の気持ちとしてはどうでしょう。

当然自分の子どもの幸せを願っていますから話をしてもらえるなら一緒に考えてくれるでしょう。意見の違いがあるかもしれません。

年齢が上がると共に自立心が強くなり両親には見守っていてほしいと感じる方が多いかもしれません。恋愛から結婚を意識したお付き合いになれば真剣に相談に乗ってほしい、誰かに助言してほしい、そんな時に自分のことを理解して一緒に考えてくれる人はとても大切な存在だと思います。

もし今、婚活をがんばっているお子さまがいるならば、見守りながら応援してあげてください。両親の理解は大きな活力になることでしょう。

<調査概要>
調査方法:インターネット調査
調査対象:20~40代の未婚男女2,400人
集計期間:2021年10月27日~11月1日

※各項目の数値は小数第二位を四捨五入しているため、各項目の合計が100%とならない場合がある

出典元:タメニー株式会社
https://tameny.jp/


構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。