小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「要領がいい」とはどんな意味?てきぱきと仕事をこなして高評価につなげる方法

2021.12.07

職場で要領の悪さを指摘されると、気分が落ち込んでやる気も出なくなるでしょう。要領よくなりたいなら、ポイントを押さえて仕事に取り組むことが重要です。要領がいい人の具体的な特徴や、仕事で要領よくなるためのコツを紹介します。

要領がいいとは?具体的な特徴

『要領がいい』とは、物事のポイントやコツを的確に捉えていることです。要領がいい人とはどのような人なのか、具体的な特徴を紹介します。

目的から逆算して優先順位を付ける

要領がいい人は、自分がやるべきことに優先順位を付けています。目的を達成するためには何から手を付ければよいのか、常に逆算して段取りを立てているのが特徴です。

優先度の高いものから取り組んでいけば、ほとんどの作業を期限までに終わらせられるでしょう。多くの仕事を抱えていても、自分で作業を遅らせてしまうことが少なくなるため、周囲からの評価も高まります。

一方、要領が悪い人は、基本的に指示された順番でしか物事を進められません。時間がかかる作業から取り組んでしまうと、業務が滞り周囲に迷惑をかけてしまいます。

結果に直結することだけに力を注ぐ

無駄な作業を排除して一直線にゴールを目指すことも、要領がいい人の大きな特徴です。結果に直結することのみに尽力し、短時間で効率的に目標を達成します。

求められている仕上がり以上にクオリティーを高める作業は、無駄な作業になりがちです。要領がいい人は、全ての物事において、最低限クリアすればよい目標のレベルを見抜いています。

要領がいい人が結果に付加価値をプラスするのは、目標達成後に時間があるときだけです。結果は常に最低ラインを超えているため、周囲の期待にも応え続けていけます。

仕事で要領よくなるために

(出典) pexels.com

自分は要領が悪いと感じている人でも、コツをつかめば要領がいい人になれる可能性があります。仕事で要領よくなるためのポイントを押さえておきましょう。

マルチタスクにしない

複数の仕事を抱えている場合、マルチタスクで作業に取り組む人もいるでしょう。「仕事を早く済ませられる」「仕事ができる人と周囲から思われる」といった考えが、マルチタスクになる人の主な思考です。

しかし、異なる仕事を並行して進めると、脳を切り替える時間が無駄になります。切り替えのたびに脳へ負荷がかかるため、集中力の低下も招きかねません。

マルチタスクは、結果として生産性の低下につながりやすい作業方法です。複数の業務が控えている場合は、一つずつ集中して済ませていきましょう。

PDCAで優先順位を知る

仕事に優先順位を付けられれば、要領よく業務を進められます。優先順位を判断し無駄を省く訓練としては、業務改善方法の一つである『PDCA』の活用が有効です。

PDCAとは、Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)のサイクルを回し、成果を定期的に検証・改善する手法です。効率的な仕事の進め方を身に付けられるため、優先順位の判断や無駄の排除もできるようになります。

仕事で要領よくなるためには、優先順位についての判断力を鍛えるだけでなく、不要な作業をきっぱりと切り捨てられる能力も不可欠です。

完璧を目指さず、結果を出すことを目標にする

要領が悪い人は完璧を目指す傾向があります。求められている結果が80%で構わない状況でも、常に100%の達成率を目指してしまうと、20%は無駄な作業になりかねません。

要領がいい人になりたいなら、不完全だと思ってしまうケースでも、とにかく結果を出すことに力を注ぎましょう。仕上げのレベルが分からない場合は、しっかりと確認する必要があります。

自分一人で仕事が終わらない場合や、独断で結論を出せない場合は、周囲の力を借りることも大切です。要領がいい人は無駄なプライドを持たず、人を頼りながら最低限の結果を出し続けます。

努力しても上手くいかないときには

(出典) pexels.com

仕事で要領よくなるために頑張っても上手くいかないなら、まずは自分の努力を認めてあげましょう。

自分の頑張りを認めてあげる

要領がいい人を目指しても周囲の評価が高くならない場合は、自信を失ってしまいがちです。モチベーションが下がると、何もかも上手くいかなくなる恐れがあります。

自信を回復するためには、自分の頑張りを自分で認めることが大切です。周囲からの評価を得られなくても、自分を褒めれば自己肯定感を高めやすくなります。

自分への厳しさを和らげて期待値を下げれば、褒めるポイントも増やせるでしょう。自ら設定した目標をクリアするごとに、自分へのご褒美を用意するのもおすすめです。

過去の自分と比べると成長が分かる

努力しても上手くいかない場合、自分と他人を比べてしまいがちです。要領のよさを評価されている人を見ると、自分を過小評価してしまいやすくなります。

他人との比較で気分が落ち込んだときには、過去の自分と今の自分を比べてみましょう。努力の結果による成長を少しでも実感できれば、やる気が生まれてきます。

自分の現状を見つめる際は、よりポジティブな方向に意識を向けることが重要です。成長していない部分を嘆くのではなく、成長した部分を自分で評価しましょう。

構成/編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。