小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

1歳の息子と行った「消防車見学」が最高の時間になった話

2021.11.21

1歳の息子と2人で行った「消防車見学」が最高だった話

「はたらくくるま」が好きな子供は多いもの。

なかでも真っ赤な消防車は昔から男の子に絶大な人気ですが、そんな消防車が実は誰でも気軽に見学できるってご存知でしたか?(※)

というわけで今回ご紹介するのは、1歳の息子くんとママさんが2人だけで消防車見学に行ったエピソードです。

※業務の都合上、場所や時間によっては見学を受け付けていない場合もあります

消防車の見学に行った話

みや子さん「1歳の息子と消防車見学に行った話」1

みや子さん「1歳の息子と消防車見学に行った話」2

みや子さん「1歳の息子と消防車見学に行った話」3

みや子さん「1歳の息子と消防車見学に行った話」4

みや子さん「1歳の息子と消防車見学に行った話」5

みや子さん「1歳の息子と消防車見学に行った話」6

 

日々の育児に少しだけ疲れを感じてしまったママさんは、ある日気分転換を兼ねて、くるまが好きな1歳の息子くんを連れて消防車見学へ行くことにしました。

本当に見学できるのか不安に思いながら訪ねてみたところ、消防署の方達は皆とても親切で、息子くん憧れのはしご車や救急車に乗せてくれたのです!

楽しそうな息子くんと、そんな彼の様子を見て張りつめていた気持ちがほぐれたというママさん。最後はおみやげまでいただき、消防士さんたちに見送られて見学を終えたのでした。

ワンオペ育児の救世主?

漫画の作者は、SNSで育児絵日記を公開されているイラストレーターのみや子(@miyakokko61)さん。1歳5ヶ月で偏食エリートの息子「なあくん」の子育てに日々奮闘されているママでもあります。

ツイッターで公開された「消防車見学に行った話」には大きな反響があり、「消防署ってこんなこともしてくれるんだ」と、見学できること自体に驚いたという声も寄せられていました。

確かに遠足や校外学習ならともかく、個人でひょっこり行って消防車に乗せてもらえるなんてちょっと意外ですよね…!

もし見学したい場合には、

「今回は急に訪問してしまったのですが、次からは電話を一本かけて伺おうかと思います。場所や状況によって対応してもらえないこともあるので見学する際は事前に確認しておいた方が良いと思います。」

とみや子さんご自身も補足されているように事前にご一報入れてからにするのが良いでしょう。

今回の見学について、改めて消防署の方々へみや子さんからこんなメッセージをいただきました。

「先日お忙しい中ご対応いただきありがとうございました。息子は緊張して終始固まっていましたが、間近に見る消防車や救急車に喜んでいました。また、私も目の前の育児や家事で余裕がなくなっていたので、息子が親切にされて喜ぶ姿に誰の為の育児なのかということを思い出しました。ご迷惑でなければまた見学させてください。」

くるま好きな子供にとってはもちろん、育児に少し疲れてしまったママ・パパにとっても素敵な時間になる「消防車見学」。ぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか?

■イラスト提供 みや子さん

偏食&子鉄のなあくん(1y5m)との生活|育児漫画と育児絵日記のまとめはモーメントへ|子育てするアラサー女|特技は誤字脱字作画ミス|教諭(講師として復帰検討中)→背景アシ→自宅保育しながらイラストレーター|跡部様とカービィとJOJO好きな古のオタク

■ツイッター https://twitter.com/miyakokko61

■インスタグラム https://instagram.com/miyakokko61/

■ウェブサイト https://lit.link/miyakokko61

文/黒岩ヨシコ

編集/inox.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。