小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

出力も燃費性能もアップ!ヤマハが水冷124ccのBLUE COREエンジンを搭載したスクーター「CYGNUS GRYPHUS」を発売

2021.11.19

「CYGNUS GRYPHUS WGP 60th Anniversary」

ヤマハ発動機は、水冷・124cm3の“BLUE CORE”エンジンを搭載した原付2種スクーターの新製品「CYGNUS GRYPHUS(シグナス グリファス)」を2021年12月23日に発売する。また、ロードレース世界選手権参戦60周年記念カラーを施した「CYGNUS GRYPHUS WGP 60th Anniversary」を1,000台限定で、2月24日に発売する。

「CYGNUS GRYPHUS」は、“Advanced Total Performance Sport”をコンセプトに開発。現行「CYGNUS-X」をフルモデルチェンジした、CYGNUSシリーズ初の水冷エンジン搭載車となる。パワーは従来比で20%以上、燃費は約20%向上(WMTCモード燃費/クラス1)した。

なお、本製品の製造はヤマハモーター台湾で行なう。

「CYGNUS GRYPHUS WGP 60th Anniversary」
「CYGNUS GRYPHUS WGP 60th Anniversary」

【CYGNUS GRYPHUSの新たな特徴】

1)走りの楽しさと燃費・環境性能を両立する水冷“BLUE CORE (ブルーコア)”エンジン

高燃焼効率、ロス低減、冷却性の3点を照準に開発し、走りの楽しさと燃費・環境性能を両立させる“BLUE CORE (ブルーコア)”エンジンを搭載。CYGNUSシリーズ初の水冷エンジンとなる。

燃焼室は、パワーと燃費の両立を図るためコンパクトに設計。高効率燃焼のポイントとなる圧縮比は、従来の10:1から11.2:1へと高め、混合気のタンブル(縦渦)を効果的に生成させ、FIセッティングとの相乗効果で高出力と燃費性を備えている。

出力は20%以上、燃費は約20%向上(WMTCモード燃費 クラス1)を図っている。

2)静粛かつ振動の少ないエンジン始動をもたらす「Smart Motor Generator」
全域でのハイパワーに貢献する「VVA(可変バルブ)」

エンジンには、「始動モーター」と「ジェネレーター」が一体化したSMG(Smart Motor Generator)を採用。始動時は始動モーターとして機能し、走行時はジェネレーターとして働く。従来の始動モーターと減速ギアが不要となり、軽量・コンパクト化・静粛始動を実現している。

また、エンジンにはVVA(Variable valve actuation=可変バルブ)を採用。低速向けと中高速向けのカム(吸気側)のリフト量が 6,000r/min で切り替わる機構で、相互にトルクカーブを補完し全域で優れたトルク特性を発揮する。

3) 新設計フレームと新開発のワイドタイヤなどスポーティな走行性能を支える足回り

新エンジンの搭載・重心位置最適化と、ボディ剛性をバランスさせた新設計のアンダーボーン型フレームを採用。メインパイプは左右非対称で、またテンションバーによるチューニングにより強度剛性としなやかさをバランスさせた。さらに、スペース効率を配慮した設計により十分なシート下トランクスペースを確保している。

また、新ディメンションにより、良好な直進安定性と、スポーティで機敏な操縦性を両立。ホイールベースは現行モデル比で35mmロングの1,340mm、キャスター角は現行27°00′に対し、26°30′とした。新開発のフロント120/70-12、リア130/70-12のワイドタイヤとのバランスにより、直進安定性と機敏な操縦性を兼ね備えている。

ブレーキには、フロント245mm、リアには230mm(従来比30mm大径化)のディスクブレーキを採用。リアブレーキ操作でフロントブレーキもバランスよく効力を発生させるUBS(ユニファイドブレーキシステム)により、制動時の車体挙動に穏やかさをもたらす。

さらに33.0mmインナーチューブの正立式フロントサスペンションと、走行状況に応じてイニシャルを4段階調整できる2本のリアサスペンションを採用。減衰力特性を最適化しており、落ち着いた乗り心地に寄与している。

4)CYGNUSの血統を受け継いだ新スタイル

新エンジンと新フレーム採用にあわせ、スタイリングを刷新した。ポイントは、CYGNUSシリーズを継承・進化させた“安定感のある乗り味”と、さらに進化した“スポーティ性能の表現”によるダイナミックな造形。

LEDヘッドランプは、従来の1灯式からシャープな2灯式に進化。ロービームでは右側が点灯、ハイビームで左右両方が点灯し、デザインコンセプトの“Glaring Predator”の通り、肉食動物が獲物を捕らえる時の表情をイメージさせる。また上質感ある面発光テールランプは、鋭い肉食動物の目線を想起させる。


「CYGNUS GRYPHUS WGP 60th Anniversary」
「CYGNUS GRYPHUS WGP 60th Anniversary」

5) 快適便利な装備

・見やすい大型液晶デジタルメーター
・28L容量シート下トランク
・USBソケットを備えたフロントポケット
・給油のしやすさに配慮したフロント給油口

関連情報:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/cygnus-gryphus/

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。