小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【未来予想図解】世の中からなくなる!?専門家が予測するスマホの未来

2021.11.18

固定電話から携帯電話、そしてスマートフォンと、情報通信端末は目覚ましい進化を遂げている。友人との連絡や音楽・映画の視聴、買い物の支払いなど、生活をスマホに頼り切っている人は多いだろう。
次世代のスマホはどのように進化するのか? 情報通信総合研究所(ICR)の主任研究員である中村邦明氏に聞くと、驚きの答えが返ってきた。

スマホの機能は進化してきたが、板状の長方形というスタイルはほぼ変わっていない。現在、折りたたみ型/巻物型などフレキシブルディスプレイや、グラス型をはじめウェアラブル端末の開発が進んでいる。そのうえで、さらに先の可能性のひとつとして「スマホを持たない時代が来る」と中村氏はいう。

ポイントは機能の分散化。電話、メール、写真や動画の撮影、音楽や動画の視聴、ゲーム、キャッシュレス決済と、あらゆる機能を集約して、スマホは進化してきた。「何でも1台でできる」からこそ便利であり、そこにスマホの価値がある。

しかし、将来的には機能を集中させる必要がなくなり、さまざまな機器に分散していくと予測するのだ。

そう考える根拠は、ネットワークの革新だ。「5Gが実装されたばかりなのに、すでに6Gの構想が進んでいる。通信の進化が速まってきている」と中村氏。

複雑な処理をスマホではなくクラウド上のコンピューターが担当し、強靭でスピーディなネットワークでスマホと通信できるようになる。

スマホは高度なコンピューターではなくなるので、多くのハードウェアを手放せる。長方形の板であったり、一台ですべてをこなす必要もない。例えば電話の場合、相手との通信や音声データの処理はクラウド側で行うので、手元にはヘッドセットだけあればよい。

特に、スマホの体積の多くを占めるバッテリーが必要なくなるのは大きい。端末のスタイルは自由になり、ウェアラブル端末の進化も期待できる。

さらに、中村氏は街全体がスマホ化する可能性を指摘する。

あちこちにクラウドと通信可能なディスプレイがあれば、スマホを持たなくても、自分のアプリを利用できるようになる。道に目的地へのナビが表示されたり、カフェのテーブルでリモート会議したり。プロジェクターやセンサーで、壁や空間にタッチパネルを作り出す技術がうまれれば、さらに可能性は広がる。

未来のヒントは、アマゾンが米国を中心に運営するレジなしコンビニ「Amazon Go」にみえるという。顧客が棚から商品をとると、店舗のカメラやセンサーが動きを感知する。顧客はそのまま商品を持って店を出るだけ。会計をしなくても、何を買ったかが判別され、自動的に決済も行われる。現在のところ、入店時にスマホでQRコードを示す仕組みだが、顔認証や虹彩認証で個人を特定できれば端末は必要ない。

今の私たちにとって、スマホなしの生活は考えられない。しかし、新しい生活はすぐそこまで迫っている。

取材・文/ソルバ!
人や企業の課題解決ストーリーを図解、インフォグラフィックで、わかりやすく伝えるプロジェクト。ビジネスの大小に関わらず、仕事脳を刺激するビジネスアイデアをお届けします。 
https://solver-story.com/

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。