小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

未来を予見する投資家ジム・ロジャーズの本おすすめ5選

2021.11.21

ジム・ロジャーズと言えば、ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロスと並んで名前が挙がるアメリカの著名投資家の一人。国際情勢や経済を予見する力に秀でており、コロナ禍では彼の本が多数出版されたのも記憶に新しい。世界がコロナの打撃を乗り越えようとしている今、ジム・ロジャーズの予見力を投資や経済活動に活かしたい人は多いはずだ。そこで本記事では、ジム・ロジャーズの「人となり」や彼の投資手法を学べるおすすめ本5冊を紹介する。

【目次】

ジム・ロジャーズとはどんな人物?

ジム・ロジャーズの予見力・投資手法を学べるおすすめ本5選

ジム・ロジャーズとはどんな人物?

ジム・ロジャーズは、1942年アメリカ合衆国アラバマ州生まれ。1973年、31歳のときに同じくのちに有名投資家となるジョージ・ソロスと組んでヘッジファンド「クォンタム・ファンド」の運用を開始。10年間で3365%という驚異的なリターンを出し、莫大な財を築いた。1980年にファンドを引退してからは、2回の世界一周を達成しており、冒険家としても知られている。

国際情勢と各国の政治・経済・歴史をベースにした予見力が強み

ジム・ロジャーズの投資手法は、各国の政治情勢や経済活動・金融政策・社会的なトレンドを徹底的に調査・分析することで、価格の上昇・下降が見込める投資対象を判断し投資するというもの。これらの取引手法は「グローバル・マクロ戦略」と呼ばれ、現在のヘッジファンドの主要な取引手法の一つとなっている。

取り扱う投資商品は、株式、通貨、商品(金、石油、穀物など)と多彩で、現物取引に加え金融派生商品(デリバティブ)取引も行う。世界のお金の流れを丹念に追うロジャースの投資分析は、過去にリーマン・ショックやトランプ当選を予測したこともあり、高い予見力が注目されている。

日本と世界の行方を知るために参考にしたいジム・ロジャーズの考え方

ジム・ロジャーズの予見力は、メディアの情報を鵜呑みにせず、あくまで現場で起きていることを重視する独自の判断基準からきている。他人の意見に左右されず、常識を疑い、人のしていないことをするという彼の信念は、投資はもちろん、先行きの見えない世界経済や国際情勢を把握し、より良い生き方を探るためにも参考になるだろう。

ジム・ロジャーズの予見力・投資手法を学べるおすすめ本5選

ジム・ロジャーズについて書かれた本の多くは、彼にインタビューし、その内容をまとめたもので、ロジャーズ自身による著作はほぼない。出版された時代によって経済的なトピックスや注目すべき投資対象は異なるが、ロジャーズの投資方針そのものに大きな変化はなく、ほとんどのロジャーズ本で彼の投資に対する考え方を知ることができる。ここでは、ロジャーズの投資手法が平易にまとまっているおすすめ本5冊を紹介する。

危機の時代 伝説の投資家が語る経済とマネーの未来

コロナ禍の最中に出版され、発売後1ヶ月間で6万部を突破したジム・ロジャーズのインタビュー。リーマン・ショックや第二次世界大戦、ブラックマンデーといった過去の世界的な危機について、その原因や予兆を解説し、危機の時代に取るべき行動、投資をする際の心得、今後の世界の動向に関するロジャーズ自身の見解を記している。全部で7章構成で、ロジャーズの投資哲学(第4章)や彼の半生(第5章)についても触れられており、ジム・ロジャーズの入門書としておすすめ。2020年5月刊。

危機の時代 伝説の投資家が語る経済とマネーの未来

 

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

お金の流れで読む 日本と世界の未来 世界的投資家は予見する

ジム・ロジャーズが日本と東アジアの可能性について語ったインタビュー。経済の中心は東アジアに移りつつあると説くロジャーズは、自らもアジア経済圏のシンガポールに自宅を持つ。特に韓国、北朝鮮、中国の動向に注目しており、日本については移民の受け入れをクリアすることが必要で、観光・農業・教育産業にチャンスがあると分析している。全5章構成。4章以降はジム・ロジャーズの投資手法についての解説となる。昨今のアジア情勢とジム・ロジャーズの投資哲学について把握できる一冊。2019年1月刊。

お金の流れで読む 日本と世界の未来 世界的投資家は予見する

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

ジム・ロジャーズ お金の新常識 コロナ恐慌を生き抜く

ジム・ロジャーズがコロナ後の世界に焦点を合わせて経済予測と投資手法を語るインタビュー。東京オリンピック終了後の日本経済、米中対立の深刻化、北朝鮮やアフリカなど次に期待できる投資先についてロジャーズ独自の視点で語られている。ロジャーズ流の投資手法や日本への警鐘、子どもの教育や若者へのアドバイスなど他のロジャーズ本と重複する部分もあるが、5章仕立ての本文は構成も読みやすく、2021年11月中旬時点で最新のロジャーズ本でもある。直近の世界情勢を元にロジャーズの投資哲学を知りたい人におすすめ。2020年9月刊。

ジム・ロジャーズ お金の新常識 コロナ恐慌を生き抜く

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

冒険投資家 ジム・ロジャーズ世界大発見

ジム・ロジャーズが1999年から2002年にかけて世界116カ国、約25万キロを旅した際の旅行記。この旅は1990年から1992年にかけて同じくジム・ロジャーズがバイクで6大陸に渡った世界一周の記録とともにギネスブックに登録されている。投資家が現地で見聞きした世界各国の様子が詳しく記され、砂漠やジャングルでのサバイバル、ロシアン・マフィアとの攻防など実録の冒険記としても楽しく読める。ただの投資家や大富豪ではない冒険家としてのジム・ロジャーズの一面を垣間見られる一冊。2003年11月刊。

冒険投資家 ジム・ロジャーズ世界大発見

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

人生と投資で成功するために 娘に贈る13の言葉

ジム・ロジャーズが60歳をすぎて授かった二人の娘に送る人生訓。「自分の力で泳ごう、自分の頭で考えよう」「大好きなことに集中しなさい」「自分の弱さを理解し過ちを認めることで自分自身を知りなさい」「変化をとらえ、受け入れなさい」など、ロジャーズが自身の投資人生で学んだ教訓が愛娘に語りかける読みやすい文体で書かれている。投資回りの助言については、出版が2009年ということもあり、現在の投資に反映しにくい部分もあるが、ロジャーズの生き方と投資哲学が凝縮されており、投資で成功するための参考になる一冊。2009年8月刊。

人生と投資で成功するために 娘に贈る13の言葉

 

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

 

文/oki

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。