小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

意外な弱点を発見!?「iPhone 13 Pro Max」は買いか?見送るべきか?

2021.10.31

米アップルが9月から販売を開始した、iPhone 13シリーズ。その中でも最も本体サイズが大きい「iPhone 13 Pro Max」を1週間ほど利用してみたところ、特にカメラ性能の進化に驚かされた。ここでは、以前のiPhoneからの進化を含めたレビューをお届けしたい。

小さなノッチとスムーズなディスプレイ

iPhone 13シリーズのデザインは、iPhone 12シリーズからほぼ変わらない。本体外周は光沢のあるステンレススチール素材で覆われており、高い完成度と高級感を漂わせている。またiPhone 13 Pro/Pro Maxにて導入された新色「シエラブルー」では、ナノメートルレベルのメタリックセラミックスを複数レイヤー重ねることで、この美しいカラーを実現しているという。

iPhone 13シリーズではカメラのレンズやセンサーが一新されている。それに伴い、iPhone 13 Pro Maxではカメラパーツが大型化。その飛び出しも大きくなっており、前モデル「iPhone 12 Pro Max」のケースは基本的に流用できない点に注意したい。

外観上の大きな変更点としては、画面上部の切り欠きこと「ノッチ」の小型化がある。顔認証機能「Face ID」にも利用されるノッチが20%小型化したことで、より広々と画面を利用すことが可能になった。

iPhone 13 Pro Maxを使いはじめてすぐに気づくのが、スクロールなどの画面操作が非常になめらかなことだ。これには新たに採用された「Super Retina XDR」ディスプレイの「ProMotion」機能が関わっており、画面表示の切り替え頻度を10〜120Hzまでダイナミックに変化させている。これまでのiPhoneでは60Hzでしか表示できなかったので、大きな性能のジャンプアップとなった。

6.7インチディスプレイを搭載するiPhone 13 Pro Maxは、重たい本体重量の影響もあり片手での操作は難しい。

実はiPhone 13 Pro Maxと6.1インチディスプレイを搭載したiPhone 13 Proでは、画面サイズとバッテリー容量をのぞいた性能に差はない。それではなぜiPhone 13 Pro Maxを選択したかというと、スマートフォンの画面サイズの大型化が影響している。

近年では1万円〜2万円で購入できる廉価スマートフォンでもiPhone 13 Pro Maxと同等の大画面ディスプレイを搭載しており、それと6.1インチのiPhone 13 Proを比べるとかなり見劣りしてしまう。もちろん最新のiPhoneと廉価スマートフォンの性能は比べるべくもないのだが、正直いって「見栄を張る」ためにはiPhone 13 Pro Max以外の選択肢はなかった。

驚きのシネマティックモード

iPhone 13 Pro Maxで最も強烈な印象を受けたのが、新たな動画撮影機能「シネマティックモード」だ。これはAI(人工知能)が被写体と背景を分析し、背景をぼかすことでまるで映画やドキュメンタリーのような「ボケ」効果を作り出すというもの。上の動画のように、背景をぼかすことでより被写体を引き立たせることができる。

従来このような被写界深度の効果を活かした撮影は、大きなイメージセンサーを搭載た高額で大型な専用カメラと、それにあわせたレンズを選択する必要があった。しかしiPhone 13シリーズなら、手のひらサイズのスマートフォンでそれと同等の撮影効果が得られるのだ。

シネマティックモードではiPhoneの写真アプリから、撮影後にピント位置を変更することもできる。これにより、映画のようなピント位置の切り替えによる演出も可能だ。一方で撮影シーンによっては、被写体を背景と誤認識してぼかしてしまうケースも見受けられた。

カメラづくしだったiPhone 13 Pro Maxの刷新

iPhone 13 Pro Maxでは、背面の超広角/広角/望遠カメラの基本性能も向上している。望遠カメラでは77mm(35mm換算)のズームレンズを搭載したことで、広角カメラ比で3倍、超広角カメラ比で6倍の光学ズームを実現。iPhone 12 Pro Maxの2.5倍光学ズームと比較し、さらに被写体に近寄ることが可能になった。

暗い場所でも昼間のように明るい撮影を可能にする「ナイトモード」も進化。超広角/広角/望遠カメラの全てで同機能が利用できるだけでなく、背景をぼかした撮影を可能になる「ポートレートモード」とナイトモードを組み合わせての撮影も可能になった。

このように、特にカメラ性能の刷新が印象的だったiPhone 13 Pro Max。特にシネマティックモードは、家族での写真撮影からYouTubeなどでの商品レビューまで、幅広く活用できそうな印象だ。このようなカメラ性能の向上に魅力を感じる人なら、iPhone 13 Pro Maxは「買い」なスマートフォンといえるだろう。

文/塚本直樹

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。