小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

みんなが使っているヘルスケアアプリTOP3、3位FiNC、2位dヘルスケア、1位は?

2021.10.30

今は何でもアプリで管理できる時代。健康もその一つ。様々なヘルスケアアプリがリリースされており、ダイエットや美容、フィットネスに役立てているという人も多いことだろう。

MMD研究所ではこのほど、予備調査で18歳~69歳のスマートフォンを所有する男女5,984人、本調査で医療・ヘルスケアアプリの利用経験者541人を対象にして、2021年10月1日~10月12日の期間、「ヘルスケアアプリと医療DXに関する調査」を実施した。詳細は以下の通り。

医療・ヘルスケアアプリの認知は75.2%、現在利用は24.2%

18歳~69歳のスマートフォンを所有する男女5,984人を対象に、健康管理やダイエットなどのヘルスケアサービスやオンライン診療などの医療サービスを利用できるスマートフォンアプリがあることを知っているか聞いた。

その結果、「現在利用している」が24.2%、「利用したことはあるが、現在は利用していない」が7.5%、「利用を検討している(利用したことはない)」が3.6%、「だいたいどんなものか分かるが、利用したことはない(利用を検討するまでに至っていない)」が13.1%、「いくつかのサービス名称は分かるが、内容は知らない」が3.7%、「ヘルスケアアプリがあることは聞いたことがあるが、サービス名称・内容はよく知らない」が23.1%、以上を合わせて認知は75.2%となり、「全く知らない」は24.8%となった。

年代別でみると、「現在利用している」は20代(n=957)が最も多く32.1%、次に10代(n=186)が29.6%、30代(n=1,082)が26.3%となった。「全く知らない」は30代(n=1,082)が最も多く28.2%、次に40代(n=1,352)が26.7%、60代(n=1,174)が24.6%となった。

医療・ヘルスケアアプリ未利用者が利用してみたいアプリ機能、1位は「健康管理(バイタルサイン)」

医療・ヘルスケアアプリを認知かつ未利用者の2,603人を対象に、医療・ヘルスケアアプリを利用しない理由を複数回答で聞いたところ、「利用するきっかけがなかったから」が最も多く29.2%、次に「健康データを記録するのが面倒だから」が28.8%、「利用するメリットがないと思ったから」が18.0%となった。

次に、医療・ヘルスケアアプリを認知かつ未利用者の2,603人(「答えたくない」と回答した50人を除く)を対象に、ヘルスケアアプリで利用してみたい機能があるか聞いたところ、69.4%が「利用したい機能がある」と回答した。

ヘルスケアアプリで利用したい機能がある1,772人に、どのような機能を利用したいか複数回答で聞いたところ、「健康管理(バイタルサイン)」が最も多く47.6%、次に「ダイエット・美容」が30.3%、「メンタル(ストレス)ケア」が24.7%となった。

医療・ヘルスケアアプリ利用経験者のうち約4割が新型コロナウイルス流行期にアプリを利用開始したと回答

医療・ヘルスケアアプリ利用経験者の541人を対象に、利用を開始した時期を聞いたところ、「2017年以前」が最も多く16.5%、次に「2020年1月~6月」が11.3%、「2020年7月~12月」が10.9%となった。新型コロナウイルス流行期を含む「2020年1月~6月」以降に利用開始した人を合わせると約4割であることがわかった。

次に、医療・ヘルスケアアプリを利用する目的・理由を複数回答で聞いたところ、「データを使って健康管理したいため」が最も多く39.4%、次に「健康管理のモチベーションを高めるため」が34.4%、「ダイエットのため」が29.2%となった。

最も利用するヘルスケアアプリの上位は「iPhoneのヘルスケアアプリ」「dヘルスケア」「FiNC」

医療・ヘルスケアアプリ利用経験者の541人を対象に、最も利用するヘルスケアアプリについて聞いたところ、「多機能のヘルスケアアプリを利用している」と回答した人は84.1%、「単一機能のアプリのみ利用している」と回答した人は15.9%となった。

続いて、多機能のヘルスケアアプリを利用していると回答した455人に最も利用するヘルスケアアプリを聞いたところ、「iPhoneのヘルスケアアプリ」が最も多く25.7%、次に「dヘルスケア」が18.7%、「FiNC」が11.2%となった。

次に、「dヘルスケア」、「auウェルネス」、「HELPO」、「LINEヘルスケア、LINEドクター」を最も利用すると回答した115人を対象に、オンライン診療を受けたり、オンライン健康医療相談をしたことはあるか複数回答で聞いたところ、「オンライン診療を受けたことがある」が26.1%、「オンライン健康医療相談をしたことがある」が17.4%、「受診したり相談したことはない」が60.0%となった。

医療のデジタル化で利用してみたいサービスは?

18歳~69歳のスマートフォンを所有する男女5,984人(「答えたくない」と回答した279人を除く)を対象に、医療のデジタル化で求める機能や利用してみたいサービスがあるか聞いたところ、「求める機能や利用してみたいサービス・機能がある」と58.9%が回答した。

求める機能や利用してみたいサービスがある3,361人に、どのようなサービス・機能を利用したいか複数回答で聞いたところ、「普段貯めた健康データを受診時に活用」が最も多く50.7%、次に「受診・健診結果をデータ化し、比較・分析」が50.5%、「オンラインまたはAI問診・診療」が48.6%となった。

※本調査で聴取したヘルスケアアプリとは、単一機能や性別限定のアプリは除き、健康管理に関して多機能なアプリに限定している。

※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合がある。

<調査概要>
「ヘルスケアアプリと医療DXに関する調査」
調査期間:2021年10月1日~10月12日
有効回答:予備調査5,984人、本調査541人
調査方法:インターネット調査
調査対象:<予備調査>18歳~69歳のスマートフォンを所有する男女
<本調査>医療・ヘルスケアアプリ利用経験者
設問数 :予備調査4問、本調査4問

出典元:MMDLabo株式会社
http://mmdlabo.jp/


構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。