小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

鉄板まで切断できる!DIY好きなら持っておきたいジグソーおすすめ12選

2021.10.30

ジグソーは、刃(ブレード)を上下に動かして木材や鉄板、アルミ板、石膏ボードなどを切断する電動工具だ。ガイドに沿ってジグソーを進めれば簡単に直線切りができ、丸ノコと違って曲線の切断もOK。刃の交換でさまざまな素材を切断できる。この記事では、木材の切断可能な厚さを50mm、65mm、90mm、135mmクラスに分けて、おすすめのジグソーを紹介する。

【目次】

初めての1台に!50mmのおすすめジグソー3選

DIY用ならコレ!65mmジグソーおすすめ4選

ワンランク上のパワーで切断!90mmジグソーおすすめ3選

プロ仕様!高性能の135mmジグソーおすすめ2選

初めての1台に!50mmのおすすめジグソー3選

50mm程度の切断が可能なジグソーは、3000~5000円台と比較的安い価格で購入できる。初心者でも気軽に使いやすいのがうれしい。まずは、切断能力50mmクラスのおすすめジグソーを3つ紹介しよう。

ジグソー入門機にぴったり!「京セラ MJ-50A」

ジグソー入門機にぴったり!「京セラ MJ-50A」

京セラ(旧リョービ)のエントリー用ジグソー。木材50mm、軟鋼材3mmまで切断できる。木工用ブレードが付属していてすぐに作業が始められるので、DIY初心者にも使いやすい。最大45度までの傾斜切断も可能。コードは長めの2mで、取り回しも楽にできる。

出典 公式サイト|ジグソー入門機にぴったり!「京セラ MJ-50A」

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

気軽に始められる「プリメロ JSW-350AZA」

気軽に始められる「プリメロ JSW-350AZA」

プリメロは、高儀がAmazon向けに販売しているブランドだ。価格は3000円台と、とりあえず道具をいろいろそろえたいDIY初心者でも気軽に購入できる。木材は50mmまでの切断が可能で、プラスチックや軟鉄板などもOK。スイッチ固定ボタン搭載で、切断途中で途切れる心配がない。

アマゾンでの購入はこちらから

軽くて扱いやすいオービタルジグソー「カインズ Kumimoku KEC-02」

軽くて扱いやすいオービタルジグソー「カインズ Kumimoku KEC-02」

カインズのDIYツール「Kumimoku」シリーズには、充電式のジグソーもある。本体の重量は約1.3kgと軽量で扱いやすい。最大切断能力は、木工50mm、軟鉄板3mm、アルミ板6mm。ブレードの取り付けは工具のいらないワンタッチタイプで簡単にできる。

出典 公式サイト|軽くて扱いやすいオービタルジグソー「カインズ Kumimoku KEC-02」

DIY用ならコレ!65mmジグソーおすすめ4選

ジグソーの切断能力が60mm以上あれば、丸ノコなしでも大抵の場面に対応できると言われている。そのため、DIYで使うジグソーの切断能力は、65mm程度あると望ましい。ここからは、切断能力65mmクラスのジグソーでおすすめのものを4つ紹介していく。

低振動で快適に切断できる「マキタ 4329」

低振動で快適に切断できる「マキタ 4329」

カウンターバランス機構(低振動設計)の採用により、作業中の振動を抑えられる。グリップは握りやすく押しやすい形状。スピード調整ダイヤル付きで、切断材料に合わせて最適なストローク数を選べる。切断速度を速くするオービタル機構も付いている。木材の最大切断能力は65mm。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

DIY向けオービタルジグソー「高儀 EARTH MAN JSW-100sc」

DIY向けオービタルジグソー「高儀 EARTH MAN JSW-100sc」

高儀の従来品と比べて低振動を実現したジグソー。木材、プラスチック、軟鉄板などの切断に向いている。木材の最大切断能力は63mm。ダイヤルでの変速が可能。高速切断が可能なオービタル機構や、切りくずを吹き飛ばすブロワー機能も付いている。

出典 公式サイト|DIY向けオービタルジグソー「高儀 EARTH MAN JSW-100sc」

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

専用の平行定規付き!「Black+Decker コンパクト・オービタルジグソー」

専用の平行定規付き!「Black+Decker コンパクト・オービタルジグソー」

ブラック・アンド・デッカーは、アメリカの有名な電動工具メーカーだ。カウンターバランス機構の採用により、振動は低め。4段階のオービタル機構も付いている。平行定規、ブレード3種、集じん機アダプターと付属品が豊富だ。木材の最大切断能力は70mm。

出典 公式サイト|専用の平行定規付き!「Black+Decker コンパクト・オービタルジグソー」

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

安定感があり使いやすい「ハイコーキ FCJ65V3」

安定感があり使いやすい「ハイコーキ FCJ65V3」

木材や合成樹脂板、薄物鉄板、非鉄金属などを切断できる製品。最大切断能力は木材65mm、軟鋼材6mmとご家庭のDIYなら十分な性能を持つ。滑りにくく手にフィットするソフトグリップを採用。スイッチは大型で操作がしやすく、回転数は無段階に調整できる。透明カバー付きで、切りくずが飛び散るのも防止してくれる。

出典 公式サイト|安定感があり使いやすい「ハイコーキ FCJ65V3」

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

ワンランク上のパワーで切断!90mmジグソーおすすめ3選

切断能力65mmクラスで物足りないときには、もう少しパワーのある90mm前後のジグソーを検討してみよう。ここでは、90mmクラスのジグソーの中からおすすめを3つ紹介する。

パワフルな充電式ジグソー「マキタ JV103DSH」

パワフルな充電式ジグソー「マキタ JV103DSH」

高性能ブラシレスモーター採用で、従来機より切断スピードが約2倍、1充電当たりの作業量が約2.3倍にアップしている。最大切断能力は木材90mmと、10.8vの充電式でも十分なパワーを持つ。オービタル機構や、切断時のみ高速回転になる「ソフトノーロード」機能付き。

出典 公式サイト|パワフルな充電式ジグソー「マキタ JV103DSH」

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

視認性に優れ作業がはかどる「Tacklife PJS02A」

視認性に優れ作業がはかどる「Tacklife PJS02A」

800Wの高出力モーターで、木材やプラスチック、石膏ボード、軟鉄板などを切断する。木材の最大切断能力は100mm。レーザーガイドとLEDライトが付いているので、切断作業が楽にできる。回転数は6段階に調整可能。集じん機アダプターが切りくずを素早く吸収し、切りくずに邪魔されずに作業がしやすい。

アマゾンでの購入はこちらから

コンパクト&充実機能!「ボッシュ PST 800PEL」

コンパクト&充実機能!「ボッシュ PST 800PEL」

1.9kgとコンパクトながら、低振動で安定した切断作業ができる。最大切断能力は木材80mm、軟鋼板5mm。4段階のオービタル機構、切りくずを吹き飛ばすブロワー機能付き。ブレードの交換はワンタッチで簡単。よく使うブレードを本体に収納できるケースも備えている。

出典 公式サイト|コンパクト&充実機能!「ボッシュ PST 800PEL」

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

プロ仕様!高性能の135mmジグソーおすすめ2選

プロも使用する切断能力135mmのジグソーは、充電式でもハイパワーで作業ができる。最後に、切断能力135mmクラスのおすすめジグソーを2つ紹介しよう。

プロも使える高性能の充電式ジグソー「マキタ JV182DZK」

プロも使える高性能の充電式ジグソー「マキタ JV182DZK」

18V充電式のプロ用ジグソー。木材なら135mmの最大切断能力を持つパワフルなモデルだ。本格的だがコードがないので取り回しは楽。低振動で音も静か。意図しない起動を防ぐ待機スイッチ付きで、安全性も考慮している。本体のみでメーカー公式価格4万6860円(税込)。

出典 公式サイト|プロも使える高性能の充電式ジグソー「マキタ JV182DZK」

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

切断能力が優秀なコードレスジグソー「ハイコーキ CJ36DA」

切断能力が優秀なコードレスジグソー「ハイコーキ CJ36DA」

コードレスながら、高効率ブラシレスモーターと高出力のマルチボルト蓄電池を搭載することで、優れた切断性能を実現している。最大切断能力は木材135mm、軟鋼材10mmステンレス3.2mm。自動的に回転数を切り替えるオートモード機能やオービタル機構、オンロックスイッチなども付いている。

出典 公式サイト|切断能力が優秀なコードレスジグソー「ハイコーキ CJ36DA」

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

 

※当記事に掲載している価格等の商品情報は、記事公開時のものとなります。

文/ねこリセット

キャンプ、登山、クルマの修理、DIY、非常用ライト、いろいろ使えるDIME最新号の付録「4WAYポータブルランタン」

現在発売中の雑誌「DIME」最新号に付いている付録「4WAYポータブルランタン」が便利だと話題だ。このLEDランタン、付録とは思えないほどのクオリティーで、4WAYという名称の通り、様々な使い方ができるのが特徴。しかも、迷彩柄のデザインがお洒落で、アウトドアやレジャーで使いたくなる人も多いはず。

ちょっと明かりが欲しい時、サッと取り出して手元や周囲をしっかりと照らせるのが、この「4WAYポータブルランタン」。手に持って使いやすい形状で、横置きしたり吊るしたりできるフックを備えるほか、背面には金属製のドアや壁などにピタッとくっつけられるマグネット付き。

「4WAYポータブルランタン」は2種類のライトを搭載している。230ルーメンの高輝度LEDライトは、夜間や照明のないスペースなどで明るり欲しい時に重宝する。しかも、持ち運びやすいコンパクトサイズなので、好きな場所で使えるのもポイントだ。

しかも、IPX3相当の防水仕様。アウトドアに活用するもよし。非常用に備えておくのもよし。先日、震度5の地震が東京を襲ったが、防災用ライトとしても役立つ便利アイテム。一家に一台、常備しておくと何かと役立つアイテムであることは間違いなさそうだ。

【詳細】https://dime.jp/genre/1244189/

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。