小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「iPhone 11」以前のユーザーは買い替えたほうがいい「iPhone 13」シリーズの選び方

2021.11.07

最新『iPhone』シリーズは『13』『13 mini』『13 Pro』『13 Pro Max』という4種類のラインアップ。併売される『iPhone 11』(2019年発売)および『iPhone 12』(2020年発売)と比較しながら、4モデルに共通する進化点とともに、最安で手に入る購入先を紹介しよう。

こんな人は買い!〝11〟以前の『iPhone』ユーザーや頻繁に写真を撮る人におすすめ

 今年の『iPhone 13』シリーズは昨年の『iPhone 12』シリーズに比べてマイナーアップデート感が否めない。過去を振り返ってみると『iPhone』は2年に1回のメジャーアップデートを繰り返してきた。5Gへの対応や大幅なデザイン変更を昨年に行なったのに対し、今年はあくまで〝中身のアップデート〟が中心。ただし、新たなチップセット「A15 Bionic」の採用で処理能力は向上したほか、バッテリー寿命も延びるなど、魅力的な部分も少なくない。

 昨年『iPhone 12』シリーズを購入した人は、正直言って『iPhone 13』はスルーでいい。一方『iPhone 11』以前の機種からの買い替えはおすすめしたい。『iPhone 13』シリーズは完成度が高く『iPhone 11』以前のユーザーにとっては〝今回が買い替え時〟だ。

『iPhone 13』シリーズが対応している国内の5Gは、各キャリアともエリアが急速に広がりつつある。4Gでも5Gでも通信料金は変わらないこともあり、今回の『iPhone 13』への機種変更を機に、5Gを使い始めてみるのもいいだろう。

 最新シリーズの4機種は、それぞれの旧モデルに比べてセンサーサイズが大型化。これまでは一部機種しか搭載していなかった「センサーシフト式の手ブレ補正」機能も全機種で採用するなど、カメラの画質や使い勝手は向上している印象だ。ノーマルな『iPhone 13』でも十分満足できる。

 また『iPhone 13 Pro』と『iPhone 13 Pro Max』は名前どおりのプロ仕様で、値段が高い。SNSへ積極的に画像や映像をアップする人は『13 Pro』と『13 Pro Max』を選択肢に入れてほしい。

 接写に強いのも『13 Pro』と『13 Pro Max』の大きな魅力だ。『13』や『13 mini』では使いものにならない写真になってしまう、被写体に数cmまで近寄った撮影でも、ピントがバッチリと合う。『iPhone 12』シリーズを使っている人でも接写したいなら、買い替えてもいいだろう。

 今後、発表会などの取材で使うカメラは『iPhone 13 Pro』で十分という気持ちになるくらい〝使えるカメラ〟に仕上がっている。

 これらのことをふまえ、買い替えを検討してもらいたい。

石川 温さん

ケータイジャーナリスト
石川 温さん
国内のスマホキャリアやメーカーはもとより、アップルやグーグルなども積極的に取材。近著は『未来IT図解 これからの5Gビジネス』(エムディエヌコーポレーション)。

耐水仕様なので気兼ねなく使える

アップル『iPhone 11』

アップル『iPhone 11』
64GB:6万1800円 128GB:6万7800円

スタンダードモデルの『iPhone』としては初めて広角+超広角のデュアルカメラを採用。4K60fpsビデオやスローモーションの撮影にも対応するなどカメラ機能が充実している。IP68の耐水仕様なので濡れても安心だ。

ディスプレイ
●サイズ:6.1インチ(1792×828ピクセル解像度/326ppi) ●種類:Liquid Retina HDディスプレイ ●コントラスト比:1400対1 ●最大輝度:625ニト(標準) ●前面:ガラス ●ProMotionテクノロジー(最大120Hz):×

カメラ
●手ブレ補正:光学式 ●フォトグラフスタイル:× ●シネマティックモード:×

●通信:4G ●CPU:A13 Bionicチップ(6コア) ●GPU:4コア/8コア Neural Engine ●耐久性能:IP68 ※水深2mで最大30分の耐水性能 ●MagSafe:× ●バッテリー:最大17時間のビデオ再生 ●カラー:6色 ●サイズ:W75.7×H150.9×D8.3mm ●重さ:194g

5G対応で通信が快適に

アップル『iPhone 12』

アップル『iPhone 12』
64GB:6万9800円 128GB:7万5800円 256GB:8万7800円

『iPhone』シリーズ初の5G対応機。新たにHDR対応の高精細なディスプレイを採用したほか、充電器などの対応機器を磁力でピタッと貼れる「MagSafe」にも対応するなど『iPhone 11』から進化したトピックスが多い。

ディスプレイ
●サイズ:6.1インチ(2532×1170ピクセル解像度/460ppi) ●種類:Super Retina XDRディスプレイ(HDR対応) ●コントラスト比:200万対1 ●最大輝度:625ニト(標準)/1200ニト(HDR) ●前面:Ceramic Shield ●ProMotionテクノロジー(最大120Hz):×

カメラ
●手ブレ補正:光学式 ●フォトグラフスタイル:× ●シネマティックモード:×

●通信:4G/5G ●CPU:A14 Bionicチップ(6コア) ●GPU:4コア/16コア Neural Engine ●耐久性能:IP68 ※水深6mで最大30分の耐水性能 ●MagSafe:〇 ●バッテリー:最大17時間のビデオ再生 ●カラー:6色 ●サイズ:W71.5×H146.7×D7.4mm ●重さ:162g

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。